昔の人は皆、多かれ少なかれ勝手なものだった。〔パブロフの犬〕3月   

2012年 04月 06日

昔の人は皆、多かれ少なかれ勝手なものだった。

自分の都合が一番で、子どもも家族も二の次。
でも、その姿勢を今の日本人は見習ってもいいかもしれないね。
近頃の家族は、親子がべったりしすぎ。
いくら家族でも、果たすべき責任を果たしら、後は個人として身勝手な部分を持ってもいいと思います。

書いたのは私です
浅田次郎
週刊現代1/7号

【平蔵の独り言】
戦後は皆貧しいかったけれど、生き生きと暮らしていた。
衣食住、全て今とは比べものにならなかったが

------------------------------

「常識」「現状維持」「普通」「中立公正」から逸脱する!

「普通から逸脱することをよしとすること」
「自分がやりたいことではなく、求められていること」
「新しいものではなく、歴史文化思想伝統からものを考える」
「日本の常識ではなく、世界の常識に目を向けること」
「中立公正、偏ってないということは自律していない、
自分の意見を持たない(偏差値教育)、みんなと同じなら安心、
少数派の集まりのはずが、泥臭い生き方でいい。鈍くさくていい。」

「過去の良き時代(高度成長・バブル)には戻ることはない、
失われた20年からどう変化していくか」

日本が欧米の真似から高度成長、そして今日本の真似から韓国中国が高度成長
今、また日本は欧米の後を追っている?(衰退、破綻……)

わからない!
確実に言えるのは、新しい時代に踏み出し歩いている。
何を大切にして生きるのか!

政治家、官僚が国民の血税を無駄に使い、
高い給料をもらってそれに見合う仕事をしない限り、
日本経済の浮上はない。

「太古の恐竜の時代(1億8200万年)が環境に適応できずに絶滅したように、
人類の時代(20万年)時代・環境の変化に応じて変化できなければ生き残れない」

人間の一生(80歳)
短い、そして一度限りの人生

「人を笑顔にする。心豊か、愛しい人を思い」

週刊**?

-------------------------------

芥川賞「ばかみたい」?

「作家として全然刺激にならない。もう、やめます」
第146回芥川賞選考会を最後に、
東京都知事の石原慎太郎(79)が20日、
16年にわたって務めた選考委員を辞任した。

いわく「ばかみたいな作品ばかり」。
その発言の当否や、いかに?

選考会を前にした6日の知事会見。
候補作について問われた石原氏は
「自分の人生を反映したリアリティーがない。
今も苦労しながら読んでいるが…」と「ばかみたい」発言を繰り出した。

これに対し、芥川賞に決まった【田中慎弥氏(39)】は
「都知事閣下のためにもらっといてやる」などと発言。

「いいじゃない、皮肉っぽくて」と軽く受け流した石原氏は、
一方で「いつか若い連中が出てきて足をすくわれる戦慄を期待したが、緊張感を覚える作品がない」
と言い捨てた。

エンターテイメント対象の直木賞に対し、
人間の内面や本質を描く純文学の新進作家に贈られる芥川賞。

閉塞した社会の中で生まれる近年の候補作については、石原氏だけでなく
「半径5メートルの身辺しか描いていない」と批判的な声が聞かれる。
だが、新しい感性に賛否つきもの。

新陳代謝が必要
しかし、文学史はベテランが新人を発掘してきた歴史でもある。
今回、石原氏と同年生まれで選考委員を25年務めた黒井千次氏も辞任する。
その最後の言はこうだ。
「選考委員は書き手より立場としては古い。
古い人たちが新しいものにどう接するか…。そう思いながら続けているうちに25年たった」

今日の北国新聞(2012/1/12)
――――――――
【平蔵の独り言】
何故、石原慎太郎に対し言ったかわかったが、
リアリティーがない、
ノンフィクションでないと人の心を掴まない。

と思うので、枠からはみ出した人間が多く搬出されないと益々つまらない世の中なると思う。

芥川賞作家【田中慎弥氏(39)】も
「都知事閣下のためにもらっといてやる」も
はみ出しもの!

はみ出しものが

文化(音楽(ジャズ・ロック)、作家)芸術(画家、陶芸)


95歳の画家(生まれて初めて一人旅でベネチアへ)
個展を開いている。洋モク”ぷかぷか”(100歳を目指している)
------------------------------
日本のマスコミはあまり変わっていません。

最近も、ずっとオセロ中島ばかり追っかけていましたよね。
でも、あの人がどれだけひどい犯罪を起こしたというの?
昔も今も、影響力の強い人が何かを言うと、
皆が一斉に同じことを言い始める。このメンタリティは恐ろしいですね。

週刊現代(2012/3/31号)
インタビュー書いたのは私です〔高樹のぶ子〕

昨日も同じことを「たかじんのそこまで言って委員会」で言っていた。
テレビ関係者が、この話題は役者が揃っていて視聴率がとれるから
だそうである。

【平蔵の独り言】
”ほっとけ”・・・・・・マスメディアの衰退!

-------------------------------
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-04-06 15:40 | 今 今日この頃 | Comments(0)