<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

たまたま現在は、人類が地球の主人公ヅラしているけれど、   

2012年 08月 28日

たまたま現在は、人類が地球の主人公ヅラしているけれど、太古は植物や恐竜が主人公だった。


サルの時代だってあったわけだから、われわれは大きなカオはできないのである。

水をグビグビ飲んでいるけれど、
水が液体でいられるのは、1気圧のもとで摂氏0度から100度までの、わずかの間だけ。

もしも地球と太陽との距離が、現在の85パーセント以下に縮まると、
計算上、海の水はすべて蒸発してしまう。

逆に、現在の1.2倍以上に広がると、海は凍りついてしまう。

〔水が液体のままでいられる、地球と太陽の、この絶妙な距離の、何という幸運!〕

太陽は誕生してからほぼ46億年たっているそうだ。
あと50億年ほどは水素を燃やしながら輝きつづけたあと、膨張して太陽の表層が地球スレスレになる。
地球は蒸発して、消える。

ただし人類は、とっくに死に絶えている。
あと10億年もしないうちに地球の表面温度が100度にまで上がる可能性があるからだ。
「地球にとって私たち人類のかわりはいくらでもいるのです」

人類が主人公でいてくれてよかったなあ!
と地球がシミジミつぶやいてくれるような生きかたを選ぶのか?


週刊現代2012/8/18・25号
人生のことば〔第76回〕轡田隆史

【平蔵の独り言】
〔恐竜の時代は何億年?一億年前が恐竜の全盛時代〕
・6550万年前 - 生物の大量絶滅(白亜紀末)。この頃、恐竜が絶滅
c0219232_11551859.jpg

〔人類が主人公は何年?20万年〕
・約20万〜19万年前 - ホモ・サピエンス(現在のヒト)の出現。
c0219232_11572048.jpg

〔明治維新から140年〕

1人の一生は(日本人、男の健康年齢) 70才

地球が見たら
何をチマチマと今の主人公はやっているのやら?

だから、今を今日を明日を大切にしなよ!

精一杯生きなきゃ!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「太古の恐竜の時代(1億8200万年)が環境に適応できずに絶滅したように、
人類の時代(20万年)時代・環境の変化に応じて変化できなければ生き残れない」

国家観を持たないで自滅の道を歩む国
「普通の営み」をする人々に銃口を向ける世界中の紛争

人類は「エゴ」で絶滅?
10億年後にはどちらにしても主人公は変わっているのですね。
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-28 11:49 | 今 今日この頃 | Comments(0)

【シリアで戦場ジャーナリスト山本美香さん銃撃死】戦争ジャーナリストではなくヒューマンジャーナリスト   

2012年 08月 24日

【シリアで戦場ジャーナリスト山本美香さん銃撃死】

「戦争ジャーナリストではなくヒューマンジャーナリスト」
 紛争地の女性、子供ら伝える
 

内戦状態のシリアを取材中に銃撃戦に巻き込まれて亡くなったジャーナリスト山本美香さん。
彼女は何を思って紛争地を取材し、何を伝えたかったのか-。

【▼ヒューマンジャーナリスト】

 戦地に赴く娘を心配し、毎日祈っていた父の思いは届かなかった。
シリア北部アレッポで死亡したジャーナリスト山本美香件さん(45)の父孝治さん(77)が21日、山梨県都留市の自宅で取材に応じ、「早く会いたい」「娘を誇りに思う」と言葉を振り絞った。

 悲報が届いたのは、21日午前9時ごろ。
美香さんと行動を共にしていた 佐藤和孝さんから、「取材中に乱射された」と電話で伝えられた。
首への銃撃が致命傷になったという。

 「安全を祈る」と題した孝治さんのメールに、シリア国境に近いトルコ国内から15日、返事が届いた。
「紛争とは縁のないとても平和な田舎町です」との返信が美香さんとの最後のやりとりとなった。
 美香さんは3人姉妹の次女。
「紛争地の女性や子どもの現実を、私が生きて帰って知らせる」。
そんな思いを、孝治さんは美香さんの言葉の端々から感じていたという。
「戦争ジャーナリストじゃなくてヒューマンジャーナリスト。娘を誇りに思っています」と孝治さん。
 美香さんが戦地の 状況を話した様子 がまとめられた最新の雑誌の記事には「キミは人に銃を向けられるか」の文字。
雑誌を見せながら孝治さんは「それが、自分が撃たれてしまって。残念ですよ」とつぶやいた。
c0219232_1771769.jpg


 【写真】山本美香

 ▼「安全で自由な社会へ努力を」
 シリア北部アレッポで死亡したジャーナリスト、 山本美香さん(45)は、
イラク戦争開戦後のバグダッドにとどまり取材を続けるなど、
15年以上にわたり世界の紛争地から戦禍の惨状や住民の暮らしを報告してきた。
紛争の最前線を熟知する山本さんの貴重な指摘は政府の「政策仕分け」にも生かされた。
 地元山梨の都留文科大を卒業後、CS放送局ディレクターを経て
1990年代半ばから独立系メディア、ジャパンプレスに所属。
ハンディーカメラを武器に撮影から構成、編集まで手掛けるビデオジャーナリストの先駆者となった。

 2003年秋には日本テレビ系「きょうの出来事」のフィールドキャスターに。
混迷するイラクなどから中継リポートを続けた。
番組スタッフは当時、「小柄できゃしゃな山本さんは、実は相当タフな人」「ホテルの隣室を戦車が砲撃しても踏ん張る姿に、男性スタッフも全員脱帽した」と振り返っていた。
 タリバン政権下のアフガニスタンで、女性の暮らしに密着した取材を行い、イラク戦争では、空爆下のバグダッド市民に寄り添った。
03年度ボーン・上田記念国際記者賞の特別賞を受けている。

 政府の「提言型政策仕分け」で、山本さんが外交分野の「仕分け人」に選ばれたのは昨年11月。
行政刷新会議関係者は「在外公館の在り方について、ビザの発給など紛争地取材の経験に基づいた具体的な指摘をしてくれた」と振り返る。

 ウガンダやチェチェン、コソボでも紛争を取材した山本さん。
「やはり自分の専門は紛争地帯。ギリギリの取材をし、きっちり帰ってくる緊張感が好き」と語っていた。
 中学生に講演した際には「紛争地の子どもたちは『大きくなったら、絶対戦争なんかない時代にしたい』と話していました。世界中で苦しんでいる人がいることを知った上で、安全で自由な社会がずっと続くように、努力してください」と訴えていた。(共同)
c0219232_16271917.jpg

 【写真】イラク戦争で陥落した首都バグダッドを取材する山本美香さん(中央左)。中央右は佐藤和孝さん=2003年4月9日(フォトグラファー嘉納愛夏さん提供)

【戦場ジャーナリスト山本美香さん銃撃死】
 内戦状態にあるシリア北部アレッポで20日、独立系メディア、ジャパンプレスに所属する日本人女性ジャーナリスト、山本美香さん(45)が銃撃戦に巻き込まれて被弾し、死亡した。
昨年3月に内戦が激化してから日本人が戦闘の犠牲になったのは初めて。
山本さんは戦場を中心に1990年代からハンディーカメラを持って撮影、構成、編集まで手掛けるビデオジャーナリストの先駆者で、戦場での女性や子どもの現状を伝えていた。
 山本さんが銃撃されたのはアレッポのスレイマン・ハラビ地区だった。
行動を共にしていたジャパンプレスの佐藤和孝さん(56)によると、アラブメディアの記者2人とトルコ南部キリスからシリア側に越境。
反体制派「自由シリア軍」の部隊に同行していた。
c0219232_16284056.jpg

 20日午後3時半ごろ(日本時間同10時半ごろ)、
「迷彩服の一団」が現れた。
「前方で二股に分かれた緩やかな下り坂の右の道」に見えてきた集団を、佐藤さんは当初、自由シリア軍の部隊かと思い、前に出てカメラを構えた。
 しかし、ヘルメットをかぶった先頭の部隊員が銃を構えた瞬間に佐藤さんは政府軍だと悟り「逃げろ」と叫んだという。
山本さんは2~3メートル後ろにいた。直後に、銃が乱射された。
 一行はちりぢりになり、佐藤さんはアパートに逃げて最上階に身を潜めた。
気付いたときに山本さんは見えなかったという。
 戦闘は1時間続き、事態が沈静化してから外に出た佐藤さんは、幹線道路でタクシーを拾い、裏道を通って自由シリア軍の拠点にたどり着いた。
自由シリア軍のメンバーから「自分の目で確認してこい」と言われ、キリスの病院でストレッチャーに横たわる山本さんと無念の再会となった。
 右腕と首に大きな銃創。防弾チョッキの腹部にも被弾の痕があった。
医師からは「運び込まれたときには事切れていた。出血多量だ」と説明された。佐藤さんは「顔はきれいだった。体はまだ少し温かかった」。
山本さんはビデオカメラとスチルカメラを所持していたが、ビデオに銃撃の瞬間はなく、スチルカメラは所在が分からなくなっている。

 山本さんはジャパンプレスに95年に参加。翌96年からタリバン支配下のアフガニスタンの取材を続け、女性たちの暮らしを小型カメラで撮り続け、タリバンへの取材も敢行した。
03年秋には日本テレビ系「きょうの出来事」のフィールドキャスターも務め、混迷するイラクなどから中継リポートを続けた。
番組スタッフは当時、
「小柄できゃしゃな山本さんは、実は相当タフな人」
「ホテルの隣室を戦車が砲撃しても踏ん張る姿に、男性スタッフも全員脱帽した」と振り返った。

報道記者としての責任感も人一倍強く、戦地だけでなく、
11年3月の東日本大震災の直後に、被災地入りして現地の実情を伝えた。
 佐藤さんは山本さんと一緒に13日に日本を出発。
14日にトルコに着いた。
16日、反体制派拠点、シリア北部アザーズで1泊2日してからトルコに戻り、20日に再びシリア入りしていた。

◆山本美香(やまもと・みか)1967年(昭42)5月生まれ。
山梨県出身。都留文科大卒。
90年代半ばから独立系メディア「ジャパンプレス」に所属。
03~04年、日本テレビ系「きょうの出来事」フィールドキャスター。
03年度ボーン・上田記念国際記者賞特別賞受賞。

◆アレッポ 首都ダマスカスに次ぐシリアの代表的都市。人口約550万人。
同国北部のトルコとの国境に近く、古くから交易の拠点として栄えた。
アサド政権の北部の牙城。
7月に政権側の軍部隊と「自由シリア軍」の戦闘が本格化。
反体制派は同月下旬から本格攻勢をかけ、市内の一部を掌握。
政府軍は連日、反体制派拠点に砲撃や空爆で反撃している。
◆最近のシリア情勢 昨年3月、強権的なシリアのアサド政権に対する反政府デモが本格化したことを受け、政権側は徹底的に武力で弾圧。
トルコやサウジアラビア、カタール、欧米諸国が反体制派を支援、内戦状態に陥った。
国連などの合同特使、アナン前国連事務総長による調停は失敗、国連シリア監視団(UNSMIS)は撤退を余儀なくされた。
シリア人権監視団によると、昨年3月以来の死者は2万3000人以上。
外国人記者の死者は山本さんで4人目。米国人記者らも取材中に亡くなった。
 [2012年8月22日8時43分 紙面から]

神戸新聞:正平調2012/08/22
戦場での取材は文字通り、命懸けだ。
これまで多くのジャーナリストが命を落としている。
銃で撃たれたり、地雷を踏んだり。
日本人も過去、何度か犠牲になっている。
そしてまた、悲しい知らせに胸が裂ける

◆独立系メディアに所属する記者の山本美香さんが内戦状態のシリアで死亡した。
取材中に銃撃戦に巻き込まれたようだ。
迷彩服の一団が現れ、突然銃を乱射したという。
そんな状況では逃げる間などなかったに違いない
◆言うまでもなく、記者は武装をしていない。
襲われたらわが身を守るすべはほとんどない。
それでも紛争地に出向いて、現地の様子を伝える。
山本さんもそんな戦場ジャーナリストの一人だった
◆なぜ、危険な場所に身を置くのか。
新聞記者だった父親の影響もあり、幼いころから海外を飛び回る仕事にあこがれていた。しかし、紛争地の過酷な現実を目の当たりにし、何度もカメラを持つ手から力が抜けたという
◆それでも続けてこれたのは、アフガニスタンの避難所で掛けられた感謝の言葉だった。自分たちは世界中から忘れられたと思っていた。こんな遠くまで来てくれてありがとう‐。自分が足を運んだことの意味を教えられた、と述べている(「戦争を取材する」講談社)◆シリアでは2万人以上が亡くなっている。罪もない人が苦しむ不条理を心に刻む。
また一つ、掛け替えのない命を奪い去った戦火への憤りと共に。

c0219232_157292.jpg

【シリア邦人記者死亡】
〔BBCも異例の扱い 山本美香さんの死悼む〕2012.8.22 07:59

 英BBC放送は21日、ジャーナリストの山本美香さん(45)がシリアで取材中に銃撃戦に巻き込まれ死亡した事件について、ニュース番組で2分以上の時間を割いて報道した。
英国人や英メディアの記者以外では異例の扱い。
 山本さんの父親や、行動を共にしていたジャーナリストの佐藤和孝さんの様子も放映。
BBCは「山本さんはイラクやアフガニスタンの紛争地帯も取材し、何度も命の危険を冒した記者だった」と死を悼んだ。(共同)

【平蔵の独り言】
シリアの内戦?
ニュースで知る程度であったが、
ジャーナリスト、山本美香さんの命を賭けた取材
政治、戦争には・・・・・・・・

独り言はない。
このような人がいる!(いたが、残念)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ウガンダやチェチェン、コソボでも紛争を取材した山本さん。
「やはり自分の専門は紛争地帯。ギリギリの取材をし、きっちり帰ってくる緊張感が好き」と語っていた。
 
 中学生に講演した際には「紛争地の子どもたちは『大きくなったら、絶対戦争なんかない時代にしたい』と話していました。
世界中で苦しんでいる人がいることを知った上で、安全で自由な社会がずっと続くように、努力してください」と訴えていた。
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-24 16:38 | 今 今日この頃 | Comments(0)

日本サッカーの父 クラマー氏は4位を評価「大きな成果」「誰も想像しなかった」   

2012年 08月 16日

日本サッカーの父 クラマー氏は4位を評価「大きな成果」

クラマー氏は日本が44年ぶりの表彰台を逃したことをドイツの自宅で知り
ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦 日本0―2韓国 (8月10日 カーディフ)
c0219232_15521319.jpg

 かつて日本で指導し、男子のメキシコ五輪銅メダルに大きな役割を果たしたクラマー氏は日本が44年ぶりの表彰台を逃したことをドイツの自宅で知り

「今回は大きな成果。北京五輪のころ、日本が4年後に男子も女子もここまで成長しているとは誰も想像していなかったのではないか」と4位に入ったことを高く評価した。

 日韓がともにベスト4入りしたことに大きな意義があるとし
「アジアにとってポジティブなこと。日本は負けた落胆を、今後の成長に向かうためのやる気に変えなければいけない」とエールを送った。(共同) 【男子決勝トーナメント】
[ 2012年8月11日 08:36 ]

クラマー氏は評価「誰も想像しなかった」



デットマール・クラマー

・1925年4月4日 87歳・ドイツ・ドルトムント出身
日本においては、日本代表の基礎を作った事から「日本サッカーの父」と呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ドイツの複数クラブで選手としてプレーしたが、怪我のために引退し、指導者の道へ進んだ。

1960年、東京オリンピックを控えた日本代表を指導するため、コーチとして招聘された。
日本サッカー協会は代表強化のために外国人コーチを招くことを検討しており、成田十次郎の仲介や、会長である野津謙の決断で実現した人選だった。

クラマーは、自ら手本となるプレーを見せて実技指導を行った。
初歩的な練習の繰り返しに対しては批判もあったが、方針を変えることはなかった。
c0219232_15533983.jpg

当時の教え子には釜本邦茂、杉山隆一らがいた。
そして迎えた1964年の東京オリンピックでは、
日本代表はアルゼンチンを破るなどの活躍を見せ、
ベスト8の快挙を成し遂げた。

役目を終えたクラマーは、帰国にあたって5つの提言を残した。
1.強いチーム同士が戦うリーグ戦創設。
2.コーチ制度の確立。
3.芝生のグラウンドを数多く作り、維持すること。
4.国際試合の経験を数多く積むこと。
  代表チームは1年に1回は欧州遠征を行い、強豪と対戦すること
5.高校から日本代表チームまで、それぞれ2名のコーチを置くこと。
— 三上孝道「日本サッカーの父 デッドマール・クラマーの言葉」

この提言により、1965年には日本サッカーリーグが発足した。
その後も釜本のドイツ留学を実現させるなど、日本のサッカーに貢献。

彼の指導を受けた選手・コーチを中心に構成された日本代表はメキシコオリンピックで銅メダルを獲得した。
この試合を観戦していたクラマーは日本代表の活躍を喜んだという。
c0219232_15551492.jpg

■ デットマール・クラマーの名言集
きちんと基礎を固めてこそ、その上に立派なものが建つ。
基本がしっかりしていないものは、いつかは崩壊する。
________________________________________

上達に近道などない。
そこには、不断の努力があるだけである。
________________________________________

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。
_______________________________________

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である。
________________________________________

サッカーは理論ではなく、試合を通して学べるもの。
________________________________________

サッカーは思いやりだよ。
パスを受ける人の立場になって、受けやすいボールを出すことから始まるんだよ。
これから何十年も続く君たちの人生も一緒だよ。
人を思いやる気持ちを大事にしなさい。

【平蔵の独り言】
〔2002年 ワールドカップ日韓共催 横浜スタジアム〕
ブラジルvsドイツ  終了のフィッスルがなった時
・ドイツ キーパー カーンがゴールポストにへたり込んだ。
・FIFAのマークのついた折鶴が舞い降りた。
〔なでしこジャパンが女子ワールドカップ優勝〕
〔メキシコ五輪依頼の銅メダル(かなわず)〕

クラマーさんからだったことを思い出させてくれました。

Help Him もクラマーさんの言葉!
(サッカーは自分が彼の為にプレーをする)
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-16 15:58 | サッカー | Comments(0)

なでしこ鮫島、鮫島が明かした「ロッカーに帰ってからみんなで泣きました」   

2012年 08月 15日

なでしこ鮫島、鮫島が明かした「ロッカーに帰ってからみんなで泣きました」

ロンドン五輪サッカー女子決勝 日本1―2米国 (8月9日 ロンドン)
c0219232_14185275.jpg

「なでしこジャパン」銀メダル

 米国に1―2で敗れ、頂点へあと一歩届かなかったなでしこジャパン。
最大のライバルとの激闘を終えた主将の宮間、大黒柱の沢らは、表彰式では晴れやかな笑顔で銀メダルを受けた。

 試合後のインタビューで「悔しい気持ちはあるけれど、精いっぱい戦った。
すごく幸せな時間を過ごせた」と振り返ったDF鮫島。
「銀メダルもなかなか取れるものじゃない。
ここまで戦えたことに胸を張りたい」と話したが、
表彰式前のロッカールームでは「みんなで泣きました」と明かした。

 昨季1年間、フランス1部のモンペリエに所属した鮫島は、
今季からなでしこリーグ2部の仙台でプレーする。
「福島の方や仙台の方が応援してくれた」と東北の人々の声援に感謝していた。

[ 2012年8月10日 08:29 ]

なでしこ、猛攻のブラジル零封 2点目は鮫島が起点(2012/08/05)
なでしこ鮫島、「鮫島選手はオーバーラップが得意なのに結果としてのアシスト数が少ない。彼女のアシストで点が取れたのがうれしい」
ブラジル破ったなでしこジャパンが準決勝進出 2012/8/3
なでしこ鮫島、鮫島が明かした「ロッカーに帰ってからみんなで泣きました」


【なでしこ、猛攻のブラジル零封 2点目は鮫島が起点】

【日本―ブラジル】2点目の起点となるなど攻守に活躍した鮫島=ミレニアムスタジアム
 ロンドン五輪第8日の3日、「なでしこジャパン」が準々決勝でブラジルに2-0で勝利した。
c0219232_14273391.jpg

 空いたスペースを見つけ、FWの仲間を信じて蹴ったパスが2点目に結び付いた。
元東京電力女子サッカー部マリーゼのDF鮫島彩(仙台)は2点目の起点となるパスを出すなど攻守に活躍。

「相手が前掛かりだったので、あそこが空いていた。
 ゴールまでつながって良かった」と笑顔を浮かべた。
 メダルを獲得するには負けられない試合。
 個人技で勝るブラジルに対し、鮫島は守備に重点を置いた。

 ブラジルが左サイドを突破して攻撃する場面は少なかったが、
 鮫島は逆サイドから上がるクロスに対し体を張り、ピンチの芽を摘んだ。

「どこにボールが出てくるか読みやすいよう、前線からプレスをかけてくれた」。
その流れはカウンターにつながり、鮫島が起点の2点目になった。

 次の準決勝は初のメダルを懸けた試合となる。
「気持ちの勝負。気持ちが前面に出た自分らしいサッカーをしたい」。鮫島は闘志をみなぎらせていた。
(2012年8月5日 福島民友ニュース)


【なでしこ鮫島、「鮫島選手はオーバーラップが得意なのに結果としてのアシスト数が少ない。彼女のアシストで点が取れたのがうれしい」】
c0219232_14284210.jpg

前半44分にはDF鮫島彩の左クロス
 前半44分にはDF鮫島彩の左クロスにファーサイドに飛び込むと、
前に飛び出したGKが触れず、流れて来たボールを宮間がヘディングで無人のゴールへ押し込んだ。

「鮫島選手はオーバーラップが得意なのに結果としてのアシスト数が少ない。彼女のアシストで点が取れたのがうれしい」。

ヘディングでのゴールについては「自分でもビックリ」と笑うが、
「時間帯もそうだし、あそこまで入っていけたことはよかった。GKが来るのは分かったけど、届かないだろうと思っていた」と胸を張った。

ブラジル破ったなでしこジャパンが準決勝進出 2012/8/3
c0219232_14292651.jpg

一方的に攻められていた日本だったが73分、ワンチャンスを生かして追加点を挙げる。
GK福元から左サイドバック鮫島につなぎ、そこからのフィードを相手と競り合いながら大儀見がマイボールにすると、ゴール前に送ったパスを送る。
これを受けた大野が相手をかわし、左足を振リ抜いたシュートはバーに当たり、ゴールに吸い込まれた。

後半28分には、自陣の鮫島から一気に放たれた縦パスが大儀見に渡った。
大儀見はボールにタッチすると同時に相手の背後に回り込み(奇しくも、全盛期のマルタが得意としていたプレーだ)、大野の追加点をアシストした。

【平蔵の独り言】
左サイドバック、DFだから見えないプレィ(守備)

宮間のコメント
「鮫島選手はオーバーラップが得意なのに結果としてのアシスト数が少ない。
彼女のアシストで点が取れたのがうれしい」

が全てを語っている。
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-15 14:15 | なでしこジャパン | Comments(0)

関塚ジャパン 韓国に完敗…1968年メキシコ大会の「銅」以来44年ぶりとなるメダルはならなかった。   

2012年 08月 14日

関塚ジャパン 韓国に完敗…44年ぶりメダルならず
日本は、1968年メキシコ大会の「銅」以来44年ぶりとなるメダルはならなかった。


ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦 日本0―2韓国 (8月10日 カーディフ)

サッカー男子_決勝トーナメント
c0219232_16203140.jpg

 ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦は10日に英国のカーディフで行われ、
日本は韓国に0-2で敗れ4位に終わった。
日本は、1968年メキシコ大会の「銅」以来44年ぶりとなるメダルはならなかった。
韓国はサッカーで初のメダル獲得。
シュート2本だけ…涙の大津「下手くそで能力がないからこうなった」

c0219232_16261376.jpg

韓国に敗れ肩を落とす(右から)GK権田、山村、酒井宏、斎藤=ミレニアムスタジアム

エジプト戦 前半14分。先制点となるシュートを永井謙佑選手(中央)が放つ
c0219232_16225896.jpg

日本-メキシコ(準決勝) 前半、先制ゴールを決める大津=ウェンブリー競技場
c0219232_16271093.jpg


【平蔵の独り言】
ロンドン五輪は始まって、男女サッカーの予選リーグを見て
「男女とも、メダルだ!」
と思わせる堂々たる決勝トーナメントだった。

ベスト4 に
もし、永井がエジプト戦で負傷退場がなければ
もしを言っても仕方がない。

しかし、44年前メキシコ五輪の銅メダル、
エースストライカーであった人のこの言葉は
「メダルを取って帰ってくるのは女子。男は絶対に取れない」と辛口予想で笑いを誘い、

は、いかがなものであろうか。
笑いを誘い、は ウケ狙い

日本サッカー協会の関係者であり、
マイナーなサッカーをこんなに素晴らしい!

と教えてくれた。
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-14 16:58 | サッカー | Comments(0)

なでしこ、反撃及ばすアメリカに敗戦…初優勝逃すも銀メダル獲得/ロンドン五輪   

2012年 08月 13日

なでしこ、反撃及ばすアメリカに敗戦…初優勝逃すも銀メダル獲得/ロンドン五輪

ワールドサッカーキング
c0219232_16114731.jpg

 ロンドン・オリンピックの女子サッカー決勝が9日に行われ、
なでしこジャパンは決勝で3連覇を狙うアメリカと対戦し、1-2で敗戦。
初優勝は逃したものの、銀メダルを獲得した。

ロンドンオリンピック女子サッカー決勝トーナメント組み合わせ
c0219232_16181461.jpg

7月25日(25:00)
ロンドン五輪1次リーグF組○2―1   カナダ(コベントリー)
【得点者】川澄、宮間
7月28日(20:00)
ロンドン五輪1次リーグF組△0―0  スウェーデン(コベントリー)
7月31日(22:30)
ロンドン五輪1次リーグF組△0―0  南アフリカ(カーディフ)

8月3日(25:00)ロンドン五輪準々決勝○2-0  ブラジル(カーディフ)
【得点者】大儀見、大野
8月6日(25:00)ロンドン五輪準決勝○2―1   フランス(ロンドン)
【得点者】大儀見、阪口
8月9日(27:45)ロンドン五輪決勝●1-2   米国(ロンドン)
【得点者】大儀見
※キックオフは日本時間

【ロンドン五輪決勝 vsアメリカ】
 なでしこのスタメンは変わらぬ顔ぶれ。
GK福元美穂、ディフェンスラインは左から鮫島彩、熊谷紗希、岩清水梓、近賀ゆかり、
中盤はボランチに阪口夢穂、澤穂希、左サイドに川澄奈穂美、右サイドに宮間あや、
ツートップには大野忍と大儀見優季が名を連ねた。

 試合は序盤から動く。
7分、左サイドからのクロスをモーガンが受けて中央に折り返すと、
後方から走りこんだロイドが頭で合わせて、アメリカが先制点を奪う。

 1点のリードを許したなでしこは17分、澤のパスに川澄が抜け出し、左足でシュート。
DFに当たりこぼれたところを大儀見が押しこむが、これはGKに阻まれてしまう。
その1分後には左サイドから川澄がクロスを上げ、大儀見がヘディングシュートを放つが、
GKがさわりクロスバーを叩く。
このこぼれ球を再び大儀見が狙うが、これは枠を捉えることができない。

 28分には岩清水のクリアがポストに当たり、あわやオウンゴールという場面も見られたが、
なでしこのペースは変わらない。

33分、川澄が左サイドを突破し中央に折り返すと、大野がキープして後方から走りこんだ宮間にパス。
これを宮間が左足で押しこむが、これはクロスバーに阻まれる。
38分には大儀見の落としから大野が右足で狙いすましたシュートを放ったが、これはわずかに枠を外れた。
チャンスを立て続けに作ったなでしこだが、同点に追いつくことはできず、前半を0-1で折り返す。
c0219232_1613680.jpg

シュートがクロスバーに当たり、天を仰ぐ宮間

 後半立ち上がりもなでしこが攻勢に出るが、
54分、ロイドが中盤からドリブルで進みペナルティーエリアの手前からミドルシュート。
これがゴールネットを揺らし、アメリカが追加点をマークした。

 2点差を追いかける形となったなでしこは63分、宮間のスルーパスを受けた大野が中央へ折り返し、澤がシュートを放つ。
これはDFにクリアされるが、こぼれ球を澤が体を張ってつなぎ、最後は大儀見が押し込んで1点差に詰め寄る。

 その後もセットプレーを中心にチャンスを作るなでしこだが、ゴールを奪うことができない。
83分には交代出場の岩渕真奈が高い位置でボールを奪い、フリーで決定的なシュートを放つものの、GKの好セーブに阻まれてしまう。

 さらには丸山桂里奈を投入して最後までゴールを狙ったなでしこだが、反撃及ばず試合終了。
昨年のドイツ・ワールドカップに続くタイトル獲得とはならなかった。
c0219232_16583430.jpg

c0219232_1703085.jpg


【準決勝 vsフランス】

「夢のレンガ」を積み上げて=フランス女子代表 1−2  なでしこ準決勝

 サッカー日本女子代表は6日、英国のウェンブリー・スタジアムでロンドン五輪の準決勝となるフランス女子代表戦に臨み、2−1で勝利した。
前半に大儀見優季がゴールを挙げると、後半にも阪口夢穂が追加点を決め、1点を返されたものの逃げ切った。
日本は初の決勝進出を決め、メダルを確定させた。
日本は9日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われる米国女子代表との決勝に臨む。

c0219232_1633438.jpg

サッカー女子準決勝のフランス戦で、後半に阪口(右から3人目)が2点目のゴールを決め喜ぶ日本イレブン=谷沢昇司撮影(ウェンブリー競技場で)

宮間のFKから2発…なでしこメダル確定
毎日新聞 2012年08月07日 09時59分(最終更新 08月07日 11時16分)

c0219232_16375819.jpg

【日本・フランス】前半、フランスのディフェンスをドリブル突破する宮間
 日本はMF宮間(岡山湯郷)のFKから、少ない好機を確実に生かした。
前半32分、FKからのこぼれ球をFW大儀見(ポツダム)が押し込んで先制。
後半4分にはFKにMF阪口(日テレ)が頭で合わせた。
31分に1点を返され、33分にはPKを与えるも、相手がシュートを外した。
その後は長身選手を前線に上げたフランスに押されたが、GK福元(岡山湯郷)を中心に粘り強く守り切った。
 ◇ぶれ球でGKミス誘う
宮間は狙っていた。
前に飛び出しがちな相手GKに対し、FKから「ぶれ球でキャッチミスを誘おう」。
前半32分、ゴール正面からのFKで揺れたボールをGKがファンブル。
こぼれ球を大儀見が押し込み大きな先制点を奪った。
 ブロックを引いて守る相手にボール保持こそできたが、シュートまでは持ち込めない。
「ああいう形だと流れの中では難しい。セットプレーの点が欲しかった」と大儀見。
 ではどうするか。
大儀見は序盤のプレーで突破口に気づいていた。
「審判が(ファウルを)取りやすいと思った」。
日本の武器であるFK。
世界一とも称される正確無比なキックを誇る宮間がいることの強みを最大限に生かした。
 前半31分。大儀見が外から切り込み、中央でパスを受けて身長187センチのDFルナールから狙い通りファウルを得る。
あとは思惑通り、こぼれてきたボールをきっちり押し込むだけだった。
 後半4分の追加点も宮間のFKから。
今度はGKが1点目のFKを警戒し前に出られない。
相手DFがボールにだけ気を取られるのを見抜いた阪口がマークを外したにところに、ピンポイントで合わせた。
身体能力では不利な分、積み重ねてきた創意工夫と知恵が日本の武器だ。
プレー中に観察し、考えて臨機応変に作戦を実行する。
歴史に刻まれることになった激戦の裏に、なでしこの攻撃の懐深さがある。【大島祥平】


宮間 FK2発演出!夢かない涙  2012年8月8日
c0219232_16465215.jpg

 前半、1点目の起点となるフリーキックをける宮間=撮影・出月俊成
 「ロンドン五輪・サッカー女子・準決勝、日本2-1フランス」(6日、ウェンブリー競技場)
 ウェンブリーのピッチが涙で濡れた。
「ファイナリストになった喜びよりも、このメンバーでサッカーができてうれしかった。一緒に泣いて笑った仲間と、ピッチに立てることがもう一度くる。
それで少し涙が出ました」。

常に冷静沈着だった主将MF宮間が、涙の理由を明かした。
 持ち前の高度な技術が凝縮された“2アシスト”だった。前半32分。それまでの相手GKのプレーをつぶさに観察し「狙って蹴った」というブレ球FKでキャッチミスを誘
発。同じく「狙っていた」というFW大儀見の得点をお膳立てした。
さらに後半4分には「蹴る瞬間にマークが外れたので」とMF阪口へとピンポイントFK。
黄金の右足でチームを勝利へいざなった。

 いつだって仲間を思う。試合前のロッカー。
「一人でも欠けていたら、ここまで来れなかったと思う。
素晴らしいウェンブリーに、素晴らしいメンバーと一緒に立てて本当にうれしい」と語りかけた。

キックオフ直前のセンターサークルでは、
準々決勝で大会初ゴールを決めた大儀見に「初めて会った時から、信じていたよ」とつぶやいた。

試合開始前後は、スタンドのサポートメンバーに向けて手を振り、
米ロサンゼルス時代の同僚、仏MFアビリーには、試合後に手を差し伸べ、健闘を讃え合った。
「サッカーは勝っても心が痛く、また心が洗われると思う」。
常に、誰かのお陰でピッチに立てることに、感謝を忘れない。
みんながいるから自分がある‐。
そんな思いがあるからこそ、宮間は大舞台で輝く。金メダルまであと一勝。
「『おめでとう』はまだ早い。決勝では、今まで以上に人生をかけたい」。
流した涙は乾き、その目で頂点を見据えた。


【準々決勝 vsブラジル】

毎日新聞 8月6日(月)10時36分配信
c0219232_16531371.jpg

準決勝進出を決めて喜ぶ(右から)熊谷、福元、鮫島、近賀=カーディフのミレニアムスタジアムで2012年8月3日、佐々木順一撮影

■ ブラジルの欠点を巧みに突いた攻撃
なでしこジャパンの攻撃について振り返ってみたい。

 今大会ずっとそうであるように、実はこの日も、なでしこジャパンの中盤のパスワークはうまく機能していない。
「女子サッカー界のFCバルセロナ」とまで評された昨年のワールドカップ(W杯)当時のような選手同士の距離感、タイミングが、今ひとつかみ合っていない印象がある。

 しかし、なでしこは中盤を制することができなかったものの、中盤を飛ばした縦に速い攻撃を繰り出し、ブラジルの最終ラインの欠点を巧みに突くことができた。
ブラジルのDFは正面からのボールを跳ね返す力に長けているものの、背後のスペースにボールを通されると、お互いをカバーし合うことができないのだ。

 前半27分には、澤のクイックリスタートから大野忍を経由し、相手守備ラインの裏に抜け出した大儀見優季が先制点をたたき出した。
後半28分には、自陣の鮫島から一気に放たれた縦パスが大儀見に渡った。
大儀見はボールにタッチすると同時に相手の背後に回り込み(奇しくも、全盛期のマルタが得意としていたプレーだ)、大野の追加点をアシストした。

 2得点はいずれも、先述した通り速攻だった。
正確なショートパスを何本もつなぐサッカーも美しいが、世界タイトルを取れるような「強い」チームは、必ず、相手を一瞬で仕留める速攻でも点を取れるものだ。
こと、背後のスペースに弱点を抱えるブラジル相手には、非常に有効な攻撃だったといえる。

【平蔵の独り言】
ロンドン五輪の決勝戦まで7月25日から
中2日中2日で一次リーグ、決勝トーナメントまで6試合、
すごい試合日程で “銀メダル”
一次リーグの南アフリカ戦 日程と決勝トーナメントを考えたらね!
(たぶん、ノリさん 腹を括っていた!)

決勝のアメリカ戦もワンバック・モーガンをしっかりマークしていたが
サッカーは2列目からの攻撃、ロイドにあのミドルシュートを決められて
一年前の女子ワールドカップより、素晴らしい決勝だった。
c0219232_174064.jpg

c0219232_1753171.jpg

ありがとう なでしこジャパン
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-13 16:02 | なでしこジャパン | Comments(0)

価値は金だけにあらず なでしこの鮫島彩選手らが手にしたメダルは、銀でも美しい   

2012年 08月 12日

価値は金だけにあらず 
なでしこの鮫島彩選手らが手にしたメダルは、銀でも美しい

下野新聞(8月11日 朝刊)

 このところ朝の通勤電車で居眠りしている人が多い。
酷暑の疲れかもしれないし、五輪のテレビ観戦の影響もあろう。
競泳や卓球、なでしこなど本県出身選手の試合は深夜からの放送だった

▼期待に反して、日本の金メダルはさっぱり伸びない。
開幕前、選手団幹部は目標を金メダル15個以上とぶち上げたが、
まさに夏の夜の夢だった。
新聞の各国メダル表で、日本を捜すのは一苦労である

▼ところが米国は違う。
ニューヨーク・タイムズもワシントン・ポスト(ともに電子版)も日本が上位にいる。
金メダル順ではなく、メダル総数の順番だからだ。
悪い気はしない。他国を見ると、英仏独の各紙は金メダル順だった


▼米国は金メダルだけを特別視するのではなく、
メダルを等しく価値のあるものと見ている、ということだろうか。
金メダルの価値は他より重い。

だが多少の負け惜しみを込めて言えば、
他のメダルだって世界の2番、3番の意味なのだから十分誇りに値する。


なでしこの鮫島彩選手らが手にしたメダルは、銀でも美しい


▼頂点に届かなくとも、次回へ希望を抱かせる。
出る以上は勝ってほしいが、国威発揚を求める意識とは違う

▼金メダルは結果であり、薬物など用いないクリーンな努力にもわれわれの社会は価値を見いだしている。

【平蔵の独り言】
価値は金だけにあらず
▼ところが米国は違う。
ニューヨーク・タイムズもワシントン・ポスト(ともに電子版)も日本が上位にいる。
金メダル順ではなく、メダル総数の順番だからだ。
悪い気はしない。他国を見ると、英仏独の各紙は金メダル順だった

▼米国は金メダルだけを特別視するのではなく、
メダルを等しく価値のあるものと見ている、ということだろうか。
金メダルの価値は他より重い。

オリンピックの商業主義の最初は ”ロス五輪”だったと記憶しているが

米国のマスメディアは民主主義は押し付けでなく
見る側のそれぞれの思いで見てくださいと、
伝えてくれているような気がする。

下野新聞になぜ鮫島彩について、載せていたか?

鮫島彩選手に宇都宮市民栄誉賞(2011年12月17日 朝刊)
c0219232_17302148.jpg

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で日本代表「なでしこジャパン」の初優勝に貢献したDF鮫島彩選手(田原中-宮城・常盤木学園高、仏・モンペリエ)の宇都宮市民栄誉賞表彰式が16日、同市役所で行われた。
 佐藤栄一市長から表彰状を手渡され、同選手は「このような賞を頂けて光栄。

サッカーを通し勇気を与えられるよう頑張り続けたい」と謝意を述べた。
佐藤市長は「鮫島選手は子どもだけでなく大人にとっても大きな光だ」とたたえ、
ピンク色にカラーリングされた自転車を記念品として贈った。

 鮫島選手は東日本大震災によりチーム移籍を経験。
「自分自身大きく変わった1年。支えてくれた周りの人への感謝を忘れないでほしい」と子どもたちへメッセージを残した。
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-12 17:37 | なでしこジャパン | Comments(0)

「自立」とは、いかに多くの人に頼ることができるか   

2012年 08月 10日

「自立」とは、いかに多くの人に頼ることができるか

アメリカは【自立】して生きて行くことのできる社会。

【自立】とは、独り立ちすることでは必ずしもなく、
いかに多くの人に頼ることができるか、ということでもある。


「誰の手も借りないってことは、誰も助けませんよっていう意味」ではない。

週現スペシャル〔ノンフィクションライター角岡伸彦〕
週刊現代2012/8/11号

向田邦子(著)〔隣の女〕 の中に
・孤独に耐えるのは、人間にとって一番つらいことでもある。


〔茂木賢一郎〕(脳科学者)は
シリコンバレー!
一人で頑張っている人って誰もいないんだよ。
むしろ、人と人の繋がりを持って絆で頑張っている。
人が輝いて生きて行くためには一人じゃだめだと思うんです!



【平蔵の独り言】
【自立】とは、いかに多くの人に頼ることができるか。

【自立】は【孤立/孤独】ではない。

アメリカは【自立】する社会を作っている。
【自立】して【孤立】しないで生きていけるように
多くの人がサポート体制していく社会が形成されている。

日本の【自立】は「誰の手も借りない」、「声も掛けない」、【孤立/孤独】
それって冷たいんじゃないか。
何が優しさだろう。
いろんな人と社会の中で一緒にいるってことは、難しい社会。
誰の手も借りないってことは、
誰も助けませんよっていう意味じゃないですよね!

自分で切り開いて行こう!
一人で活きていけない.
出逢った人を大切に
活力をもらおう!
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-10 16:39 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

「がんばらない60歳からの実践」毎日好きなことをして、頑張らない、楽しいことを。【帯津良一(76)】   

2012年 08月 08日

「がんばらない60歳からの実践」
毎日好きなことをして、頑張らない、楽しいことを長く続けたい。(帯津良一(76))

c0219232_15352524.jpg

「人生の長さを延ばすための食よりも、ウマイ!と思えるものを食べる。これが一番身体にいいんですよ」
そんなうれしいことを言ってくれるのは、がん治療で有名な帯津三敬病院名誉院長、帯津良一さん(76)である。

「食養生というのは本来、
人生の長さを延ばすためのものではなく、
豊かにしてくれるものだと私は思っています。

年を取ると先が短くなってくるわけだから、体の欲求に『あるがまま』に生きる。
60歳からは好きなものを好きなだけ食べればいいのです


既に60年間も生き延びたサバイバーは、
決して大きく外れた生き方はしてないはずで、
本能に忠実であって良いらしい。
c0219232_1536490.jpg

70代になると“悪食”も週2回にしていいと言う。
「好きなものを口にすると命のエネルギーがあふれ出します。
私の場合はカツ丼、うな重……。
トキメク食べ物は、『旬のもの』ですね(初鰹)」


「60代の頃は、60代が人生で一番面白い!と感じて『人生の花は60代だ』と周りにも言ってきた。
でも70代になってみると、これが悪くないんだ。
年がいけばいくほど命のエネルギーはアップしてみなぎっていく。
細胞は衰えてもエネルギーが増す。ぜひ体験してみる価値がある」


【7時間睡眠が最も死亡率が低い】【脳活】

日本を代表する脳科学者で京都大学名誉教授の久保田競さん(80)は「脳活」を実践する。
「脳活」とは、脳を活発にするための生活習慣のことだ。
c0219232_15364190.jpg

★「脳活」でゴキゲン生活
楽しく生きられる「脳活習慣」とは概日リズム(サーカディアンリズム)に合った規則正しい生活

▽美しいものに触れて感動する
▽好きなことをする……

などだが、1日にトータルで7時間の睡眠を確保することを大切にしている。
おいしいものを食べることも脳活になるそうだがうれしい情報がある。
「最近になって、脳にいい食べ物、ブレインフードがわかってきました。
注目すべきはコリンという栄養素です」
コリンは大豆に含まれていて、大豆レシチンと呼ばれる。

昨年100歳になった現役の医師、日野原重明さんが摂っていることでブレークした。
「大豆レシチンは脳内でアセチルコリンに変わります。
アセチルコリンは記憶や認知に関わる神経伝達物質です。」

大豆以外でコリンが含まれるのは
▽目玉焼き▽鳥レバー▽豚肉▽牛肉の煮込み

ブレインフードは鮭、卵の黄身、ベリー(イチゴなど)、赤肉(牛、豚など)

【「死ぬまで現役」と構えない】

今年、90歳になる現役芸人、内海桂子師匠

転んだら、起きりゃいいのよ「人生の知恵」

「身から出たサビ、磨くは自分、見栄を捨てれば、身が光る」
人生、転ぶのを怖がってたら、何も始まらない。転んだら起きりゃいいのよ。

『悩むヒマありゃ、動きなさいよ!』死ぬまで現役、90歳
c0219232_1537182.jpg

「足で歩いちゃダメ。腰で歩くのよ。
こうやって腰をふりながら歩くと下半身が活性化するの」
今も1ヶ月に2~3日、浅草の東洋館で舞台に立つ。
「死ぬまで現役、なんて構える必要はない。
ババアはほかにやることないんだから。
120歳になっても時代に合わせて生きていくでしょうね」
ーーーーーーーーーー
そして笑う……。

「笑うことで、ウイルスを撃退したり、
がん細胞を殺す働きをするナチュラルキラー(NK細胞)が活性化されます。
いつもニコニコして『セロトニン(幸せホルモン)人間』でいきましょう」

あるがまま。肩の力を抜いて笑って食べて走って。


「がんばらない」60歳からの実践 サンデー毎日2012/7/29号

【平蔵の独り言】
つまり、心を豊かにしてくれる「ウマイ」と思うものを食べて、

『人生の花は60代だ』日々を過ごし、

★「脳活」でゴキゲン生活
・美しいものに触れて感動する
・好きなことをする……
などだが、1日にトータルで7時間の睡眠、
脳にいい食べ物、ブレインフード(注目すべきはコリンという栄養素です)
コリンは大豆に含まれていて、大豆レシチンを牛乳に入れて飲み、

【「死ぬまで現役」と構えない】
「死ぬまで現役、なんて構える必要はない。
ババアはほかにやることないんだから。


団塊の世代の先頭にいるので“ジジイ”を認めたくないが
“ジジイ”はほかにやることないんだから。

まだまだ 「煩悩」にどっぷり!

そして笑う……。

[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-08 15:40 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

「生きている人間への猛烈な執着」を小説にぶつけた。上手に幸せ探し(作家)渡辺淳一   

2012年 08月 07日
「生きている人間への猛烈な執着」を小説にぶつけた。
上手に幸せ探し(作家)渡辺淳一(78歳)
c0219232_1653983.jpg

医学から人間知った、死という「無」の衝撃
目の当たりにした死は、信じられないほどに「無」だった。


生きる物としての「すべての人間が同じなんだ。それなのに、個々の人は天と地ほど違う」。

1日1日が、生きている証し、
「人間は虚無的な存在だと思っているからこそ、恋愛をすると執着した。」

人間とはなんと複雑で、つかみどころがないのだろうという驚き、不安、
そして感動が小説家としての原点となった。


残された人生の先の信じられないほどの「無」
その分、思い知らされた「生のすごさ」



〔上手に幸せ探し〕
 渡辺淳一さんが講演(2010年 7/3)
c0219232_1653468.jpg

幸せ上手になる秘訣を語る渡辺さん
 作家の渡辺淳一さんを招いた第3回とまみん文化講演会(苫小牧民報社主催)が2日、苫小牧市内のホテルで開かれた。
350人の市民が訪れ、
渡辺さんの男女の機微や幸せに生きるための人生哲学に聞き入った。
 苫小牧民報創刊60年記念事業の一環。
「男と女 幸せ上手」をテーマに、
渡辺さんは、現代社会に広がる閉塞(へいそく)感を、
「幸せになじみ過ぎて、幸せ探しが下手になっている」と指摘し、
医学博士でもある立場から、人体機能の懸命な働きを例に挙げながら、
幸せ探しのこつを紹介した。
 夫婦円満や人の才能を育てる秘訣(ひけつ)として言葉の効用にも触れ、
「『きれいだね』と言われると、だんだんきれいになっていく。
才能を引き出す方法は褒めること。言葉は大事。
言ってから、後で心がついてくることだって、いっぱいある」と説いた。

 渡辺さんのユーモアあふれる話術に、
会場から何度も笑いが起き、
訪れた女性(66)は「褒める大切さを学んだので、これから日常生活に生かしてみたい」と笑顔で話していた。


〔恋の掛け持ちのススメ〕1人を懸命に追うと失敗する。
c0219232_16542371.jpg

渡辺「一人を懸命に追うとね、以外に駄目になる。失敗する。
一途であり過ぎて怖くなる、相手がね。ストーカーみたいになる。
だから、二兎追うものは一兎も得ずって言うけどね、
二兎しか追いかけないから一兎も捕まらないんだ。
分散するといやらしさが出ないんだ。」2/16KTV「ムハハのたかじん」より

【平蔵の独り言】
「すべての人間が同じなんだ。それなのに、個々の人は天と地ほど違う」
1日1日が、生きている証し、
「人間は虚無的な存在だと思っているからこそ、恋愛をすると執着した。」

「幸せになじみ過ぎて、幸せ探しが下手になっている」

〔恋の掛け持ちのススメ〕1人を懸命に追うと失敗する。
何となく分かる。

”恋をする” 生きている証ですね!
[PR]

by asanogawa-garou | 2012-08-07 17:01 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)