<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

〔50になったらやりたいことがある!〕小泉今日子   

2014年 07月 20日
〔50になったらやりたいことがある!〕小泉今日子
小泉今日子「50からやりたいことがある」 AERA2014/4/21号
〔50になったらやりたいことがある!〕小泉今日子
〔大人のドラマを楽しむ[1]〕

〔すぐそこにいそうな人々がドラマの中できちんと生きているところも〕
〔感情的になったりしない心の中で静かに怒る イヤーなタイプです〕
〔私は、孤独を前提として生きているんです〕

〔私、いい名前を付けてもらったと思うんです。〕
〔死んだ人たちに親しみがある〕
〔テレビドラマが怖くなった〕
〔好きなドラマの現場から離れていた時期が10年ほどあった〕

〔年を重ねることを恐れず、背筋を伸ばして生きていく。何が彼女を支えているのだろうか〕
〔50になったらやりたいことがある!〕
---------------------------
c0219232_14552873.jpg


昨年の『あまちゃん』の、“春子さん”に続き、
いま再び『続・最後から二番目の恋』のヒロイン“千明”で
日本のドラマを盛り上げる。
“大人の青春ドラマ”として好評だった前作から2年。
自身も千明も48歳となった。
加齢を隠さず、同世代を虚飾なく演じる。
仕事を選ぶ基準はチャレンジできるかどうかだ。
ドラマの続編って普段は関心ないんです。

〔すぐそこにいそうな人々がドラマの中できちんと生きているところも〕
でもこのドラマは、今までちゃんと描かれてこなかった中年の日常を、
自虐でも卑下でもなく描くところで、大チャレンジをしていると思う。
「等身大」という言葉はあまり好きじゃないけど、
すぐそこにいそうな人々がドラマの中できちんと生きているところもチャレンジだなって。

作られたお話の中の大人ではなく、
ちゃんと大人だけど子どもぽいところもある大人を見せたい。
大人だからはしゃげることみたいなものが物語の中で見えてくると、
若い人たちにも面白さが伝わると思います。
その微妙な感じをどうにか成立させたいんですね。

〔感情的になったりしない心の中で静かに怒る イヤーなタイプです〕
千明の一番好きな部分で、自分もそうありたいなと思うところは責任感の強さです。
仕事に対しても責任があるし、自分の感情も出すけれど、
人の話をよく聞いてあげるんですよね。
それを聞き、真摯に誠実に答えるところは、自分でもそうありたいと思う。
相手の為に相手にとって嫌なこともちゃんと言ってあげるところもよくわかる。

自分と違うところは、私って感情的になったり、怒ったりすることないんです。
いや、怒るときは心の中で静かに怒るというイヤーなタイプですね(笑)。

たまに現場が回っていかないときとか、自分以外に怒れる人がいないときはパフォーマンスで怒ってみせることもあるけれど、そういうときはまったく怒っていない。

もともとイライラしないんです。
なぜなのか。遺伝ですかね。小さいときからそういう性格なんです。
感情を抑えられなくなったことってないと思うんです。


〔私は、孤独を前提として生きているんです〕
私は、孤独を前提として生きているんです。
孤独は当たり前、心から孤独を追い出すことは絶対にできないと思っている。
だからこそ、人と一緒にいる時間が大事に思えたりする。

〔私、いい名前を付けてもらったと思うんです。〕
私、いい名前を付けてもらったと思うんです。
今日しか見えない。昨日はいらない。もう終わったから。
明日も明日にならないと自分の気持ちもわからないから。
今日、ここにいる人と楽しみたい、ここにいる人に誠実でありたいと思う。
そういうのを繰り返したら、いつかちゃんと死ねるのかなぁと思います。
c0219232_14582058.jpg

〔死んだ人たちに親しみがある〕
子供の頃から死はとても身近にあって、すっごく興味があったんです。
きれいなもの、憧れみたいなものがある。
死んだらどうなるかではなくて、死ぬときって幸せなんだろうな、という想像があって。
実家の近くに、先祖代々のお墓がある菩提寺があって、子どもの頃はそこでいつも遊んでたんです。
自分の先祖が「私を守ってくれないわけないじゃん!」って(笑)
死んだ人たちへは悲しみよりも親しみのほうがある。
亡くなった父への思いもそうです。
もちろん寂しいのは寂しいんですよ。
会えないし。だけど近くにいる気がしてならないんです。
だからといって自分が死にたいとかじゃないですよ。

〔テレビドラマが怖くなった〕
テレビドラマが一時すごく怖くなって、遠のいていました。
若いときはそのステージ立ち、闘っていたけど、年を経るにつれ、そこに立つのが怖くなった。
若い頃は足りていないところもいっぱいあるのに、
歌手としての人気キャスティングしてもらって、
ちゃんと演技の勉強をしていなっかたんですね。

演技すること自体、照れくさいと、心のどこかでずっと思っていた。
カットがかかるまで見つめ合うなんて、もう恥ずかしくて、恥ずかしくて。
30代に入るころ、どうすればそれを克服できるのだろうって思い始めて。
その頃、歌手としても考え始めたんです。
若い頃は「みんなが喜んでくれればいいや」と思って歌っていたけれど、
それじゃ、本当に音楽を好きでやっている人にかなうわけないって。

〔好きなドラマの現場から離れていた時期が10年ほどあった〕
それは自分の仕事を見直す時期でもあったという。
じゃあ、一度土台を女優に置いて、一から勉強させてもらう時間を作ろうと。
それから10年ほどは映画と舞台を中心に、がむしゃらに勉強しました。
脇役から始めて、主役をいただくときも、殺人鬼などいろんな役を経験させていただいて。
そういうふうに演じているうちに度胸がついてきて、
恥ずかしさがどこかなくなり、演技に集中できるようになったんです。

幽体離脱みたいに、演じている自分からふっと意識が離れ、
客観的に演じている自分を見ることができるようになった。
おかげで、恥ずかしいという気持ちはまったくなくなりましたね。
もちろんまだまだ下手で、これからなんですけど。

〔年を重ねることを恐れず、背筋を伸ばして生きていく。何が彼女を支えているのだろうか〕
まず何に自信があるかというと、いまのところ健康なんです。
ものすごーく体は丈夫ですね。
健康のために何かをしているわけでなく、むしろ体に悪いことばっかりしているのに(笑)
あと、仕事に対しても不満はあまりもったことがない。
こんな楽しい仕事をまだやらせてもらってありがたいなぁという気持ちのほうが強いし。
独り者だけど、いまのところまだ一人のほうが楽しいと思っちゃっている。
もちろん、この先、どこかでドーンと寂しいと思うときもあるかもしれないけれど、
いまのところないです。

〔50になったらやりたいことがある!〕
50代になったら、やりたいことがいろいろあります。
いままで、10代のときから仕事はしていて、自分の欲しがっていいものと、
欲しがっちゃいけないものをわかって生きてきたんです。

この仕事をしている以上、ここは諦めようと。
それが欲しいなら仕事はやめなきゃと自分に言い聞かせてきた。
たしかに、仕事ってそういうものですよね。
そう思ってずっと来し、走り出したら止まらないままで来ちゃったから、
やってみたな、興味あるなと思っていたこともできないと思っていたけど、
逆に、ここまで来たのなら、もうやってもよくない?って思い始めたんですね。

人生でもうひとイベント、欲しいなと思っているんです。
何をするかと具体的にまだ言える状態じゃないけど、
それをするためにいまから準備して50歳になったらそういう力がついているといいなって。
執筆の依頼もたくさんいただくけれど、いまは腰を据えてできる状況ではない。
50になったら、もうちょっと長い文章も書いてみたいなと。
小説もいつか書いてみたいですね。
才能があるかどうかはわかりませんけれど。
c0219232_1534280.jpg


【平蔵の独り言】
でもこのドラマは、今までちゃんと描かれてこなかった中年の日常を、
自虐でも卑下でもなく描くところで、大チャレンジをしていると思う。
「等身大」という言葉はあまり好きじゃないけど、
すぐそこにいそうな人々がドラマの中できちんと生きているところもチャレンジだなって。

【独り言】
団塊の世代は高齢者ではなく、シニア世代の日常(すぐそこにたくさんいる)


【平蔵の独り言】
〔私は、孤独を前提として生きているんです〕
私は、孤独を前提として生きているんです。
孤独は当たり前、心から孤独を追い出すことは絶対にできないと思っている。
だからこそ、人と一緒にいる時間が大事に思えたりする。
【独り言】
瀬戸内寂聴さんも堀文子さんも「人はそもそも孤独」
と言っている。
小泉今日子さん(キョンキョンの方が身近なリアルタイムな存在)
“だからこそ、人と一緒にいる時間が大事に思えたりする。”

大事な時間を無駄に過ごしている・・・・・・・・・・・・・・・

【平蔵の独り言】
〔死んだ人たちに親しみがある〕

【独り言】
30年、40年 世話になった方が今年初め
相次いで旅立った。

毎朝、3人の名前を呼んで「今日も1日、見守ってください」
今も身近な存在として、心の中にいる。

【平蔵の独り言】
〔好きなドラマの現場から離れていた時期が10年ほどあった〕
それは自分の仕事を見直す時期でもあったという。
じゃあ、一度土台を女優に置いて、一から勉強させてもらう時間を作ろうと。
それから10年ほどは映画と舞台を中心に、がむしゃらに勉強しました。

【独り言】
歌手は90年代が最後ですね。
ドラマも少し離れて
そして今、〔50になったらやりたいことがある!〕
[PR]

by asanogawa-garou | 2014-07-20 15:13 | 人間模様 | Comments(0)

『分岐点』あのときの私の選択は、正しかったのか?誰もが持つ人生の〔分岐点〕 【選ばれざる道】   

2014年 07月 13日
『分岐点』あのときの私の選択は、正しかったのか?誰もが持つ人生の〔分岐点〕 【選ばれざる道(詩人ロバート・フロスト)】

【『分岐点』あのときの私の選択は、正しかったのか?誰もが持つ人生の〔分岐点〕】

【『選ばれざる道』ニューイングランド地方をこよなく愛した合衆国の詩人、ロバート・フロスト】

――――――――――――――――――――――――――― 

【『分岐点』あのときの私の選択は、正しかったのか?誰もが持つ人生の〔分岐点〕】

 
人生の分かれ道が歴然としているのと、はっきりわからないのでは、どちらが苦しいのだろう?
岐路はほんとうに岐路だったのか?


フロストの詩の『ため息』はこう言っているようにわたしには思える。
―――選択の結果よりも、あの分かれ道で人生が変わったと、
本人が後から振り返って思えることに意味があるのだ。

〔ロバート・フロスト〕の『選ばなかった道』という詩

一人の旅人が森の分かれ道で、人通りの少なそうなほうの道を選び、
いつの日か「あれが人生を変えたんだな」と言ってため息をつく自分を思い描く、というもの。
この男はどんな気持ちでため息をつくのだろう?

『もし、こっちの道を選んでいなかったら?』

分岐点で選んだ岐路、元に戻せない。

今、振り返って思えるのが、あの分かれ道で選んだ分岐点(岐路)

※週刊現代201407 ブックレビュー『平凡』 評者 文芸評論家・翻訳家  鴻巣有季子

c0219232_17184761.jpg



【『選ばれざる道』ニューイングランド地方をこよなく愛した合衆国の詩人、ロバート・フロスト】

(〈私家版〉高校英語教養講座(近藤 肇(著) 第9講 映画のお話)

の最後の3行

人生には、右に行くか左に行くかで選択をしなければならない分岐点が、何度もある。
身はひとつだから、どちらかしか選べないのは言うまでもない
後になって、あちらへいっておけばよかったと後悔しても遅い。
今の自分があるのも、あの時こうしようと選択したからだと、胸を張って言えるようでありたい。

近頃、卒業間近の三年生には、必ずこの詩を教えて「はなむけ」としている。
最後の授業で、こんなキザなマネをするようになっているのも、
ボクがそこそこの年齢になった証なのかもしれない。


-----日本語訳-----『選ばれざる道』

The Road Not Taken
"選ばれざる道" by ロバート・フロスト

黄色い森の中で道が二つに分かれていた
残念だが両方の道を進むわけにはいかない
一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ
一方の道の先をできるだけ遠くまで眺めた
その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩み始めた
一見同じようだがこちらの方がよさそうだ
なぜならこちらは草ぼうぼうで
誰かが通るのを待っていたから
本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた
枯葉の上には足跡一つ見えなかった
あっちの道はまたの機会にしよう!
でも、道が先へ先へとつながることを知る私は
再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる

ずっとずっと昔:
森の中で道が二つに分かれていた。そして私は・・・
そして私は人があまり通っていない道を選んだ
そのためにどんなに大きな違いができたことか

(そのことが どれだけ大きく私の人生を変えたことかと)

【平蔵の独り言】
人生の岐路(ターニング・ポイント)は、
今になって人生という時間を経て
「あの出来事が、人生の岐路だったんだ」
と、思う。

ブックレビュー『平凡』の一文から『選ばれざる道』を知って
以前【独り言】にも、もしあの時別の道を選んでいたら
と言っていたが、別の道はない。
岐路は自らが選んだから今があるのであって

『選ばれざる道』の詩で読み取れるように
一本の道しか、歩んで行けない。

日常の(挫折など)洗礼を浴びて,
“とんがって”歩いて行くことが、恵まれた道・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by asanogawa-garou | 2014-07-13 17:26 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

ザックジャパン【2014ブラジルW杯】〔これは「方向性なき敗戦」ではない。GL敗退の日本、選手が信じた道   

2014年 07月 02日
【ブラジルW杯通信〔これは「方向性なき敗戦」ではない。GL敗退の日本、選手が信じた道〕】Number Web20140625

〔必死にゴールを狙う日本が喫した重い先制点。〕
〔岡崎の同点弾……も期待は長く続かなかった。〕
〔本田圭佑は、宙に向かって叫び声を上げた。〕
〔ドイツW杯での「方向性なき敗戦」とは違う。〕


【大会前から蔓延した満足感。日本代表、必然の苦戦。コロンビア戦で求められる「気持ち」でなく「心」の入れ替え】2014/06/25 11:15

〔岡田ジャパンでは成長しない? “相手の長所を潰すサッカー”は悪か〕
〔コロンビア戦へ「気持ちの切り替え」ではなく「心の入れ替え」を
 しかし、そんな中で唯一警鐘を鳴らしていた選手がいる。内田篤人だ。〕


【ザッケローニ監督が退任表明=敗退「責任は全て私に」】

c0219232_15345933.jpg

【ブラジルW杯通信〔これは「方向性なき敗戦」ではない。GL敗退の日本、選手が信じた道〕】Number Web20140625

〔必死にゴールを狙う日本が喫した重い先制点。〕
〔岡崎の同点弾……も期待は長く続かなかった。〕
〔本田圭佑は、宙に向かって叫び声を上げた。〕
〔ドイツW杯での「方向性なき敗戦」とは違う。〕

c0219232_15362068.jpg

 4万340人を飲み込んだクイアバのパンタナール・アリーナは、9割がコロンビアサポーターという完全アウェイの状態だった。
ホームさながらの雰囲気で戦った1、2戦目とは正反対という空気の中、ザックジャパンは「勝てば裏カードの結果次第で決勝トーナメントに進出」という奇跡を信じて、6月24日の戦いに挑んだ。
 肌を突き刺すような日差しと、乾いた空気。
雨のナイトゲームだった1、2戦目とは打って変わり、キックオフは午後4時、天気は快晴。
そして、30度を超える過酷な条件での大一番は「攻撃的なサッカーで戦い、未来を掴む」という、選手自身が示してきた命題への答えを出すための試合でもあった。
 すでに決勝トーナメント進出を決めているコロンビアはコートジボワールとの第2戦から先発8人を入れ替えた。
司令塔のMFハメス・ロドリゲスら主力は軒並みベンチスタート。
長友佑都のインテルの同僚、MFフレディ・グアリンら今大会初出場初先発となる選手が何人も先発に名を連ねた。
 一方の日本はギリシャとの第2戦から先発2人を替え、香川真司が先発に復帰。
ボランチの一角には青山敏弘が初めて入った。
1トップには大久保嘉人が入った。
〔必死にゴールを狙う日本が喫した重い先制点。〕
 日本ボールでキックオフ。
立ち上がりは押し込まれたものの、本田圭佑らを中心に徐々にボールポゼッションを高めながら、攻めの姿勢を見せていく。
 前半7分、本田の直接FK。同10分、大久保のシュート。
同14分には内田篤人が、そして長谷部誠がゴールを狙った。
もちろん、香川もシュートを打った。ポジションに関係なく、誰もが必死にゴールを奪おうとしたそのとき、落とし穴が待っていた。
 同16分、岡崎慎司がボールを奪われカウンターを食らうと、今野がペナルティーエリア内でアドリアン・ラモスを倒し、PKを献上。
フアン・クアドラドが冷静に蹴り込み、コロンビアが先制した。
カウンターの餌食。重い1点だ。
〔岡崎の同点弾……も期待は長く続かなかった。〕
c0219232_1537663.jpg

だが、ここでひるむことはなかった。
前半終了間際のラストプレー。
カウンターからのピンチを防いだ日本は、内田から右サイドに開いた本田にパス。
本田の左足クロスに岡崎がヘッドで合わせた。
 DFを引きずりながらのバックヘッドは、必死の横っ飛びを見せたGKの左手すれすれのところをすり抜けながらゴール右隅に吸い込まれた。
ここまでの2試合でいずれもシュートゼロに終わっていた岡崎の今大会初シュートで、日本は1-1に追いついた。
 そのころ、裏カードではギリシャが前半42分にサマリスのゴールで1-0としていた。
もしそのままで終われば、日本はコロンビアに勝利しさえすれば、スコアに関係なく決勝トーナメントに進むことができる――。

 だが、期待に胸を膨らませる時間は長くは続かなかった。
コロンビアは後半から今大会2得点中の背番号10、ロドリゲスを投入。
悪夢が訪れたのはその10分後だった。
ゴール正面付近でロドリゲスにパスが渡った瞬間、日本のDF陣3人がロドリゲスに引きつけられた。
 そこからパスがつながり、逆サイドのジャクソン・マルティネスがフリーで楽々とシュート。
またしても重い失点だ。

コートジボワール戦で後半途中から入ったドログバに意識が向かいすぎ、
他の選手のマークが甘くなってしまったのと同じ光景だったのも痛恨だった。
〔本田圭佑は、宙に向かって叫び声を上げた。〕
c0219232_1537447.jpg

その後は、既視感で塗りつぶされたように時間が過ぎていった。
足が止まった後半37分、マルティネスに決められて1-3。
さらには後半45分にロドリゲスにとどめのゴールを許し、万事休した。
 試合終了と同時に、呆然とした表情を浮かべた本田は、チームメートが観客席に向かい始めたとき、
すぐにはついていかずその場にとどまり、宙に向かって叫び声を上げた。
その咆哮はどこへつながっていくのか。

「負けたから、何を言ってもただの負け犬の遠吠えになる。勝ってないので、何言ってんねんという話になる」と弱気を見せながらも、最後の意地を振り絞るかのように、
「僕はこのスタンスでいくことが、個々の選手の成長にもつながると思っている」と言った。
〔ドイツW杯での「方向性なき敗戦」とは違う。〕
 今大会のザックジャパンは、直前合宿のメニューや強化試合の流れも含めて、
2006年ドイツ大会のジーコジャパンに似ていると言われてきた。
当時を知るただ一人の選手、遠藤保仁も「8年前に似ている。
国内でフィジカルを上げてから移動したのも同じ流れだった」と話していた。
 大会が始まれば、初戦で負け、2戦目で引き分け、第3戦にわずかな望みを残しつつシード国と対戦するということまで同じ軌跡をたどった。
こうして迎えたコロンビア戦の最終スコアは1-4。
さらには、相手の最後の交代がGKだということまでもが、8年前のドイツW杯と同じだった。
 ただ、8年前と明らかに違うことがあるのも確かだ。
ザックジャパンが4年間をかけて「攻撃的サッカー」を積み上げてきたこと。
そして苦しみながらも最後までそれを貫いたことだ。
ドイツ大会の日本代表は方向性なき敗戦だったが、今回はどうだろう。
 1-4は玉砕とも言えるスコアだが、先発したフィールドプレーヤー10人全員がシュートを打ったことは、未来に何かを残すことになりはしないか。
 長谷部は「自分たちには最後までやりきる使命があった。
状況はむずかしかったけど、攻める姿勢を最後まで貫いてああいう結果になったので、最後の部分は後悔はない。
この先のことは協会が決めることだが、僕個人の意見を言うなら、今までの方向性を継続していくのがいいと思っている」と提言した。
 反省すべき点を洗い直し、未来に向かって目指す方向を示す。
手を抜かずにこの作業を行なうことが、今最も必要とされることである。

【大会前から蔓延した満足感。日本代表、必然の苦戦。コロンビア戦で求められる「気持ち」でなく「心」の入れ替え】2014/06/25 11:15

〔岡田ジャパンでは成長しない? “相手の長所を潰すサッカー”は悪か〕
〔コロンビア戦へ「気持ちの切り替え」ではなく「心の入れ替え」を
 しかし、そんな中で唯一警鐘を鳴らしていた選手がいる。内田篤人だ。〕

c0219232_15395089.jpg

大会前から蔓延した満足感。日本代表、必然の苦戦。コロンビア戦で求められる「気持ち」でなく「心」の入れ替え
2試合を終えて勝ち点1。この現状に選手たちは「予想外」とコメントしている。
しかし、本当に予想外だったのだろうか。この苦戦は既に大会前のコメントから感じ取れていた。
2014年06月24日
大会前から「このチームで戦えたことは幸せだった」
 昨今の日本スポーツ界は世界の舞台で目覚ましい活躍を見せている。
なでしこジャパンは2011年のW杯で初優勝という偉業を成し遂げ、翌年の2012年ロンドン五輪では銀メダルを獲得する成果を残した。

 野球に目を向けてみると、2013年こそ敗れたものの06年、09年のWBCで大会連覇という快挙を達成した。
 さらに、ロンドン五輪の団体競技では男子体操団体、競泳男子400mメドレーリレー、フェンシング男子フルーレ団体、卓球女子団体が銀メダルを獲得。
さらに、競泳女子400mメドレーリレー、アーチェリー女子団体、女子バレーボールが銅メダルを獲得する活躍を見せた。
 そして、彼ら彼女たちが口を揃えて発言する言葉が「このチームで戦えたことは幸せだった」「1試合でも多くみんなと試合がしたかった」といったものだ。
 当然、試合を観ている我々にもチームの一体感や熱い思いが伝わってくる最高のチームだっただけに、この言葉は心の底から出てきたものだと分かるし、その感動がより一層高まる要素の一つとなっている。
 そして、このコメントにもう一つ共通する点といえば、もちろん「素晴らしい結果を出した後に発せられたもの」と言うことだ。

 しかし、どういう訳かブラジルW杯に臨むザックジャパンの選手たちからもこの言葉が飛び出していた。
 たしかに、4年という歳月を経てこの大会のためにチームを作り上げ、そして厳しい選考を勝ち残った選手たちだけにブラジルの地を踏んだ際には感慨深いものがあったのだろう。

 しかし、まだ本番が始まっておらず、何も成し遂げてはいない状況でこの言葉を耳にしたことには驚きを隠せなかった。
日本中を駆け巡った「“自分たちのサッカー”を表現出来なかった」

 もしかすると、他競技の選手たちが発する“名言”に憧れを抱いたのかも知れない。
北嶋康介が発する言葉、イチローが発する言葉はたしかにカッコいい。
しかし、それは同時に結果を残したから説得力が生まれるのだ。

 結果を残す以前に大会すら始まっていない選手がこの言葉を使えば、その裏には「結果がどうあれ満足」という意味が付随してしまうだろう。
そう言った意味では、ザックジャパンは戦う前から満足し、闘争心を持っていなかったということになる。
 そして、そのような心理で臨んだ初戦の後には「“自分たちのサッカー”を表現出来なかった」というコメントが日本中を駆け巡った。
c0219232_15404197.jpg

コートジボワール戦後にもギリシャ戦後にも日本側から相手を讃える意見はあまり聞こえてこない【写真:Getty Images】
 今回のチームは世界の厳しい予選を勝ち抜いた強豪ぞろいの大会に挑みながら、相手のことを全く見ずに自分たちのことのみを考えていたのだろうか。
 実際に、コートジボワール戦後にもギリシャ戦後にも日本側から相手を讃える意見はあまり聞こえてこない。
自分たちの長所を完璧に潰された相手、1人が退場しながら勝ち点1をもぎとられた相手に対してだ。
 そればかりか、選手からは前述の「“自分たちのサッカー”が…」や、コートジボワール戦後にはあろうことか「スカウティングとは違っていた」という発言まで飛び出す始末だった。
 ヤヤ・トゥーレやジェルビーニョ、サロモン・カルー、そしてディディエ・ドログバといった誰もが知っている選手たちを擁するチームが「スカウティングとは違う」というのは言い訳にもならない。
 しかも、コートジボワールが2014年に入って対戦したベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、エルサルバドルは日本とは選手も戦い方も違うチームだ。
ゲームプランに関してはスカウティングと違って当然と言えるだろう。
 逆に、日本は“自分たちのサッカー”を貫くために、どのチームと対戦しても同じ戦い方で臨んでいる。
相手を苦しめるためのゲームプランを持っておらず、対戦相手にとっては対策を練りやすい簡単な相手だったはずだ。
〔岡田ジャパンでは成長しない? “相手の長所を潰すサッカー”は悪か〕

c0219232_1541282.jpg

岡田武史監督【写真:Getty Images】
 対戦相手に合わせず、ポゼッションという一貫した哲学で戦い続けるチームなど世界のトップ・オブ・トップの一部のみだ。
そして、そのポッゼッションの“頂点”スペインも今大会は完璧な対策を練ってきたオランダ、チリに完敗を喫して早々に大会を去った。
 オランダという強豪でさえも伝統的な3トップの哲学を捨て、欧州予選終了後から5バック・2トップというシステムを導入して本大会に備えたのだ。

 W杯という世界最高峰の舞台で挑戦者としての立場で結果を残すためには、徹底的に相手を研究し組み合わせが決まった時点で様々なシミュレーションを行い、相手の長所を潰すことが必須ということだ。

 それどころか、日本はその“相手の長所を潰すサッカー”を実行して過去最高の結果を残した2010年南アフリカW杯のチームについて「あのサッカーで勝っても嬉しくない。成長はない」とコメントする選手もいた。
 守備的とは言え、カメルーンを1-0で下し、オランダに0-1と善戦し、デンマーク戦では3-1と快勝して日本中を熱狂の渦に巻き込んだチームに対してだ。

 あの大会があったからこそ、長友佑都はセリエAへの扉を開き、
本田圭佑は市場価値を上げたのではないだろうか(それによってCSKAモスクワから移籍しにくくなったのは皮肉だが)。

〔コロンビア戦へ「気持ちの切り替え」ではなく「心の入れ替え」を
 しかし、そんな中で唯一警鐘を鳴らしていた選手がいる。内田篤人だ。〕

c0219232_1542189.jpg

内田篤人【写真:Getty Images】
 内田は、ギリシャ戦に向けた練習後の取材に対して「“自分たちのサッカー”が出来れば勝てると思うのか、相手がやらせてくれないレベルだと思うのかは人それぞれ。W杯で勝つのが目標なのか、自分たちのサッカーが出来れば良いのか」と語った。
 さらに、「引くのが悪いって思われたくない。そう言う時間帯は必ずあるし、前からボールを取りにいく時間帯もある。試合中に選手が考えて、それを表現できるのも力かなと思う。それが試合前に分かればいいんだけどね。全部思い通りに行くわけではないし、相手もいることだから」と心境を述べている。

 この内田のコメントは、「“自分たちのサッカー”を表現出来なかった」という言葉が溢れる中で、唯一日本代表の現状を的確に伝えているものだろう。
 それでもまだ、わずかながらでも決勝トーナメント進出の可能性が残されたのは幸運と言える。
そして、コロンビア戦に向けて求められるのは「気持ちの切り替え」ではなく「心の入れ替え」だ。
 ザッケローニ監督には、出来ない理想を追求するのを止めてコロンビアを徹底的に分析し、長所を潰すゲームプランを期待したい。
選手たちはゲームプランを完璧に実行して、チャレンジャーとして全力で相手に立ち向かう姿勢を見せてほしい。
【了】

【ザッケローニ監督が退任表明=敗退「責任は全て私に」】
c0219232_15423137.jpg

記者会見で退任を表明するサッカー日本代表のザッケローニ監督=25日、ブラジル・イトゥ
 【イトゥ(ブラジル)時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、1次リーグ敗退に終わった日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)は25日、ベースキャンプ地のイトゥで記者会見し、退任する意向を表明した。

「今回のメンバーは私が選び、戦術も私が決めた。責任は全て私にある。日本代表を離れなければならない」と、厳しい表情で語った。

 イタリア人のザッケローニ監督は前回の2010年W杯南アフリカ大会後、岡田武史前監督の後任に就いた。
11年のアジア・カップで優勝し、W杯アジア予選を突破して5大会連続5度目の本大会出場を果たした。
しかし、W杯本大会では1次リーグC組で1分け2敗の勝ち点1で最下位に終わり、2大会連続の決勝トーナメント進出を逃した。
4年間の通算成績は30勝12分け13敗。
 同監督は敗因を「短期決戦では最初のゲームでミスをすると修正するのは難しい」と話し、
初戦のコートジボワール戦の逆転負けが大きく響いたとの認識を示した。
4年間を振り返り、「日本人の技術は世界でも通用する。
格上の相手にも勇気を持って仕掛ける姿勢を植え付けてきたと思っている」と述べた。

 ザッケローニ監督はACミランやユベントスなど、イタリア1部リーグの主要クラブの監督を経て、イタリア人として初の日本代表監督となった。
イタリア国外で指揮を執るのも、代表チームを率いるのも初めてだった。 (2014/06/26-11:34)


【平蔵の独り言】
ひたむきにプレィをした選手は?????

内田が逞しくなった。

ブラジルワールドカップ「あったんですか?????」

自陣内でパスサッカー、インターセプトされてカウンター攻撃
まえががりの状態で「コートジボアール」の2点目が全てですね。

【ザッケローニ監督が退任表明=敗退「責任は全て私に」】
大胆な選手起用もない、
「本田と中心のチーム作り」

そして、誰もいなくなった・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by asanogawa-garou | 2014-07-02 16:05 | サッカー | Comments(0)