<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

〔浮浪雲“ぼんやり”〕:人生、自分に飽きちゃいけねぇよ   

2015年 10月 20日
〔浮浪雲“ぼんやり”〕:人生、自分に飽きちゃいけねぇよ
c0219232_15432415.jpg

【浮浪雲】

〔人生、自分に飽きちゃいけねぇよ〕

自分を好きになんねえとよ。
誰からも好かれねえよ。

人間とは…
人生とは…
なんて…

〔“ぼんやり”〕
ただのぼんやりです。

人生、勝手に追い詰められて余裕のない奴ぁぼんやりすることもできない。

自分は愚か者だと自覚する事でんす。
愚か者と自覚すれば賢者となりまして“ぼんやり”できます。

人間が生きている意味とか!
気がつけば、日常をただのぼんやり!

〔浮浪雲“ぼんやり”〕
ビッグコミック・オリジナル2015/5/5号

浮浪雲は「何をお考えなんですか」と訊かれて「なんにも」と答える。
それを聞いた男は「 じゃあ、あたしもぼんやりしよう」と言うが
浮浪雲は「あんたにはぼんやりできません」
「あんたは色々考えたほうがいいんです。自分のことを」
「自分が愚か者と自覚すれば、ぼんやりできる」 ...
c0219232_1548412.jpg


【平蔵の独り言】
一日の終わりに5年日記を書いて寝る。
昨夜、この日記を書きながら
「今日一日、なんだったのだろう!」
日曜、いつもの日曜を過ごした。

→生きるって、こんなものか?

これから人生が残り少なくなっていくのに
これが日常をただの“ぼんやり!”・・・・・

自身で解っているのに(そんなに日々に“イベントはない”)

ふと、一日を思って終わったが、こんなこと感じたことがない!

〔浮浪雲“ぼんやり”〕
愚か者の自覚も持てないが、日記を書いて一日が終わる。
目が覚めると、枕元の明かりは煌々
何のことはない。
“ぼんやり” で一日が終わるのは いい一日・・・・・・
c0219232_15503744.jpg

[PR]

by asanogawa-garou | 2015-10-20 15:41 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

【自由】(万人がもっている自由)『君の意見には全く反対だが、君が意見を発表する自由は命にかけても守る』   

2015年 10月 12日

【自由】(万人がもっている自由) 民主主義を表した名言『君の意見には全く反対だが、君が意見を発表する自由は、命にかけても守る』がある。

フランスの哲学者ボルテールの言とされるが、この精神こそ最重要なのだ。

週刊現代2015/10/10号今週の遺言(大橋巨泉)

〔白鵬の力は衰えているか?〕
NHKの解説者である舞の海が鋭い発言をした。
「…それと白鵬の力が衰えている、ということですね」。

優勝の感想を聞かれた横綱は、「…それと“力が衰えた”と言われたので、そうでない所を見せた」という内容のコメントを発した。

そして翌日の新聞によると、それを聞いた舞の海が陳謝したという。
問題は舞の海が「あやまった」事である。

〔本当の「力の衰え」というものは、実は本人しか解らないものだ。〕
「いや外眼には解らないでしょうが、“行った!”と思った打球が塀ぎわで捕られるんですよ」。

〔自由〕万人がもっている自由
ボクの言う自由とは、万人がもっている自由である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【自由】(万人がもっている自由) 民主主義を表した名言『君の意見には全く反対だが、君が意見を発表する自由は、命にかけても守る』がある。

〔白鵬の力は衰えているか?〕
先場所は初日、2日目と連勝したが、その内容は白鵬らしからぬもので、
下位のものに喰い下られ、長い相撲の結果、何とか勝ったという印象だった。
c0219232_18351822.jpg

NHKの解説者である舞の海が鋭い発言をした。
「…それと白鵬の力が衰えている、ということですね」。


ボクも全くの同感で、ターニングポイントを迎えたと感じた。
しかしその後白鵬は立ち直り、通算35回目という、最多記録で優勝を果した。
問題はその後である。

優勝の感想を聞かれた横綱は、「…それと“力が衰えた”と言われたので、そうでない所を見せた」という内容のコメントを発した。

そして翌日の新聞によると、それを聞いた舞の海が陳謝したという。

その瞬間にボクは、「日本は戦前と変わっていない。表現の自由、言論の自由は何処へ行った?」と感じた。
これが民主主義の発達した欧米なら、絶対に起こらない。考えてみると良い。
舞の海の発言は、解説者としての表現であり、それに発奮して優勝した白鵬も立派である。

問題は舞の海が「あやまった」事である。

そんな必要は毛頭ないし、
あのメンバー相手に優勝したからといって、白鵬の力が“衰えていない”という証拠にはならない。

ボクは全勝して当然と考えていたから、白鵬の力は衰えて来ていると信じていた。
問題は、舞の海が謝らざるを得ないような空気が、相撲界(マスコミ界を含めて)にあったという事だ。

ボクも若い頃、ジャズ評論家をしていて、
歯に衣着せぬ発言をすると「生意気だ」とか、「自分で吹いてみろ」などと非難された。
勿論ボクは謝った事などないし、堂々と反論して、のし上って行った。
「自分でやってみろ」と言われたら、この世に評論や評論はなくなってしまう。
c0219232_18342980.jpg

〔本当の「力の衰え」というものは、実は本人しか解らないものだ。〕
本当の「力の衰え」というものは、実は本人しか解らないものだ。
1980年の夏の札幌で、ボクは巨人の一塁手で長年の親友王貞治と、ビールを呑んでいた。
ワンちゃんが言った。
「巨泉さんだから言いますが、ボク今季限りで現役を退くつもりです」、
「えっ、まだ打ってるじゃないの」とボク。
「いや外眼には解らないでしょうが、“行った!”と思った打球が塀ぎわで捕られるんですよ」。
外眼には「芯をはずした」と思われるだろうが、
本人は実は“行った!”打球だった事が多くなり、引退決意とつながった。
勿論ボクは一切他言しなかったが、ワンちゃんはそのまま引退した。
c0219232_18334975.jpg

要するに本人が一番よく解っているのだ。
だからこれはボクの推測だが、白鵬自身は「力の衰え」を感じて居り、
それを指摘され、もう一度ふんどしを締め直した結果の優勝だったと考えている。

そして今場所、大きな故障や病気もなかったのに、
初日2日目と連敗し、三日目から休場となったのだと思う。
人間誰しも成長のあとは、衰えが来る。
そして現役引退となるのである。
何も恥ずかしい事ではない。自然の摂理である。

そしてそれを指摘するのも、反論するのも“自由”なのだ。
ただ“誤報”以外は、謝ったりする必要は毛頭ない。
ボクは舞の海を現在、最高ランクの評論家だと思っているし、
今後もひるまず正論を吐いて欲しい。

〔自由〕万人がもっている自由
ボクの言う自由とは、万人がもっている自由である。
民主主義を表わした名言に、
「君の意見には全く反対だが、君が意見を発表する自由は、命にかけても守る」がある。
フランスの哲学者ボルテールの言とされるが、この精神こそ最重要なのだ。

日本ではいまだに、地位によって上下関係があったり、下位の者や若年者は軽視される傾向がある。

→行政府の長である首相が、質問中の立法府の議員に対して、
「早く質問しろよ」などというヤジが飛ばせるのは、
欧米では信じられないだろう。

〔(哲学者)ヴォルテール〕
c0219232_18323796.jpg

私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る。

I disapprove of what you say, but I will defend to the death your right to say it.

【平蔵の独り言】
「…それと白鵬の力が衰えている、ということですね」。

【独り言】
プロとして解説者 舞の海 が解説してくれるから、市井の者にとって相撲の醍醐味が増すと思う。

【平蔵の独り言】〔自由〕「君の意見には全く反対だが、君が意見を発表する自由は、命にかけても守る」

【独り言】〔君が意見を発表する自由は、〕
「早く質問しろよ」(質問者が軽いし、時間つぶしで何も残っていない)

議員も首相も職責を果たす勉強と覚悟があれば、只の笑い話で済ませられるのだろうが!

まあ!首相から〔ポツダム宣言〕を思い出させてもらった。
[PR]

by asanogawa-garou | 2015-10-12 18:41 | 今 今日この頃 | Comments(0)

『秋バテ』 寒暖差によって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすこと。   

2015年 10月 10日
『秋バテ』 寒暖差によって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすこと。
秋バテって何?夏バテとどう違う?症状チェック&対策
夏バテが終わったと思っていたら、なかなか体調がよくならない……。
もしかしたら、それは「秋バテ」かもしれません。


〔「秋バテ」とは〕
「秋バテ」はこの寒暖差によって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすことを言います。
〔「夏バテ」とどう違うの?〕夏バテは“暑さ”でバテて、秋バテは“温度差”でバテる

〔秋バテの症状チェック〕秋バテを調べるための症状をセルフチェック式でリストアップ
〔秋バテ対策〕食事・入浴・運動・十分な睡眠・周りの環境
〔夏バテにならなかった人ほど「秋バテ」に要注意!〕
〔「秋バテ」を防ぎ、軽くする3つのコツ〕
〔天候の変化によるストレスは意外に大きい!〕


今回は秋バテの原因と対策を解説いたします。
この記事の担当ガイド 清益 功浩
〔「秋バテ」とは〕
c0219232_16395261.jpg

①秋は気候がよくて、良い季節ですが、ちょっとしたことに注意しましょう
秋は日々の気温が安定せず、1日の中でも朝夕で大きく差が出てしまう時期です。
「秋バテ」はこの寒暖差によって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすことを言います。

また、秋雨前線が停滞したり、多くの台風が通過するなどで気圧が変動しやすいため、それによっても自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。

〔「夏バテ」とどう違うの?〕
夏バテは“暑さ”でバテて、秋バテは“温度差”でバテる
夏に暑い日が続き体調を崩す「夏バテ」も、自律神経のバランスが崩れることでは起こります。
しかし、「秋バテ」とは原因が異なります。

夏バテの場合も秋バテ同様に室内と屋外の温度差で起こりますが、
主には熱帯夜による睡眠不足や、
高温多湿による体温調節機能の低下などによって、夏バテを起こします。

一方、秋バテの場合は毎日または1日の寒暖差が大きいこと、
気圧が変動すること、夏の意識のまま冷たい物を食べすぎること、
夏の間に冷房などによって体が冷えた日が多かったなどが挙げられます。

つまり、夏バテは“暑さ”でバテて、秋バテは“温度差”でバテるわけです。

次のページで秋バテの症状と対策を説明します。

〔秋バテの症状チェック〕
秋バテを調べるための症状をセルフチェック式でリストアップ
c0219232_16461078.jpg

②めまいや頭が痛い、だるいなどの症状はありませんか?
秋バテを調べるための症状をセルフチェック式でリストアップしました。

□食欲がない
□胃がもたれた感じがする
□疲れやすい
□体がだるい
□立ちくらみがある
□めまいがある
□頭がボーっとする、頭が重たい、頭が痛い
□なかなか寝られない
□朝が起きられない
□肩こりがひどい

以上の症状が1~2週間以上続く時に、
•2個以上あれば、秋バテかも
•3個以上で秋バテ
•5個以上あれば、秋バテですので早めに対策を
皆様はいかがでしたでしょうか。それでは、秋バテ対策を以下でご紹介しましょう。
〔秋バテ対策〕食事・入浴・運動・十分な睡眠・周りの環境
■食事
1日3食、バランスの良い食事を規則正しく摂ることです。
できるだけ冷たい物を避け、温かい物を食べたり飲んだりします。
食事中はゆっくりよく噛みます。
つまり、胃腸の状態を整えることが大切です。

■入浴
身体が冷えることで秋バテになりますし、
眠りをよくするためにも37~39℃程度のお湯で身体を温めることです。
半身浴でもいいのですが、腹部をきちんと温めるようにしましょう。

■運動
適度の運動することで、発汗機能を高めることができます。
また、身体の血行を良くすることで、
肩こりの原因になる乳酸などの疲労物質を代謝させることができます。
ウォーキングなどで少し汗をかく程度で、無理のない範囲で十分です。
できれば、自分の好きな運動だと長続きします。

■十分な睡眠
秋バテの症状に、寝むれない、起きられないという症状があります。
これにより睡眠不足で自律神経のバランスがより崩れてしまい、
症状が悪化していくことになります。
適度な運動や睡眠前の入浴で、眠気を感じた時に寝ましょう。

■周りの環境
先に言ったように、秋は周りの環境が暑くなったり、寒くなったりします。
徐々に変化していく場合、身体はそれに合わせていくのですが、
急な変化に対してはなかなか順応しなくなります。
そこで無理をせず、衣服などで調節することが大切です。
さらに、普段からの生活の乱れが自律神経のバランスを崩しやすくなります。
自律神経のバランスが崩れることで、免疫も低下し、感染症にかかりやすくなります。
冷房は熱中症を防ぐ意味では大切ですが、その使用については、
温度設定などを適切に設定した方がいいでしょう。

〔夏バテにならなかった人ほど「秋バテ」に要注意!〕
初秋に感じるだるさや疲れは、「秋バテ」のせいかも!?
長引く暑さによる疲れを引きずったまま、秋に突入して弱った体をどう回復させる?
夏バテしなかった人ほど、秋バテには要注意です!
この記事の担当ガイド 大美賀 直子

夏バテにならなかった人ほど「秋バテ」に要注意!
c0219232_16493640.jpg

③「夏バテしなかった」と安心するのはまだ早い!
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、
天候がガラリと変わりやすい9月中旬には、体調を崩しやすくなります。

それが、夏バテならぬ「秋バテ」。
勢いで夏を乗り越えられても、急に涼しくなる初秋に入り、
疲れや不調が現れてしまうのが秋バテです。

秋バテを引き起こす要因には、次のようなものがあります。
(1) 長引く猛暑の影響で、疲れを抱れたまま秋に突入
近年では、9月に入っても、夏のような猛暑が続くことが珍しくありません。
長引く暑さそのものが体への負担となりますし、
暑さで良質の睡眠がとれず、疲れが解消されにくい日々が続きます。
(2)夏の生活習慣が抜けきらず、体の負担は増える
暑さにより、夏の解放感が9月に入っても続くため、
連日の夜遊び、暴飲暴食、アクティブなレジャーなどで、体に負担を掛け過ぎてしまいます。
冷えたジョッキでぐいぐいビールを飲み干し、焼酎に氷をガンガン入れる。
薄着のまま夜の街をそぞろ歩きして、朝帰り。Tシャツのままで、お腹を出して寝る、といった生活習慣が続くと、胃腸の疲れや冷えなどによって、体はダメージを受けます。
(3) 朝晩の気温の劇的な変化
9月に入ると、日中はTシャツで過ごせても、夜は長袖が必要になるくらい冷える日があります。
また、真夏日に近い日があれば、晩秋に近い陽気もあるなど、気温も一定しません。
こうした急激な寒暖差に体が対応しきれず、体調を崩しやすくなってしまいます。
(4) 気圧の変動による影響
9月は天候の変化がめまぐるしいのが特徴です。
長雨や台風が多く、気圧の変動がめまぐるしいせいか、
頭痛やめまい、だるさ、肩こりなどの体調不良を感じる人もいます。

〔「秋バテ」を防ぎ、軽くする3つのコツ〕
初秋に感じるだるさや疲れは、「秋バテ」のせいかも!?
長引く暑さによる疲れを引きずったまま、秋に突入して弱った体をどう回復させる?
夏バテしなかった人ほど、秋バテには要注意です!
この記事の担当ガイド 大美賀 直子
「秋バテ」を防ぎ、軽くする3つのコツ
c0219232_1654760.jpg

④秋バテ対策の基本は、体を守り、休ませること!
「秋バテ」を防ぎ、軽くするには、体を守る、無理をしない、ゆっくり休むといった生活習慣を守ることが大切。
9月に入ったら、まだ秋バテしていない人も、
既になってしまった人も、次のような生活習慣を心がけましょう。

(1) 体を温めるスープ系を、お酒は常温で


体を守るには、体を冷やさず、温めることが肝心。夏の暴飲暴食で弱った胃腸を整えるためにも、スープ系の食事を多く取り入れてみましょう。圧力鍋に根菜類を入れて、やわらかく煮込んだスープ、疲労を回復させるビタミンB1たっぷりの豚汁を作って、疲れた体を労わるといいでしょう。

お酒は、キンキンに冷えたビールや氷たっぷりのロングカクテルより、常温に置いた日本酒やワインをちびちびと。焼酎には氷を入れず、お湯割りで。ただし、体がバテているときには、グラス1杯程度で無理せずに。

(2) 衣服や入浴で体そのものを温める

9月はまだまだ暑いからと言って、薄着でいてはダメ。日中は暑くても、明け方と夜の気温はガクンと下がります。着脱しやすいカーディガンを羽織り、就寝時にも、パジャマの下には薄手の腹巻きをしておきましょう。

ショートパンツに素足にサンダルなどは、9月に入ったら控えるべし! 長ズボンにソックスなど、“守る衣服”に切り替えましょう。

また、夏の続きでシャワーのみで過ごしている人は、できるだけ湯船に浸かりましょう。
また、近くの日帰り温泉や岩盤浴で、体をじっくり温める時間をつくってもいいですね。

(3) アクティブな予定を入れず、しっかり休む

季節の変わり目でもある初秋は、そもそも体の調整期。
天候も変化しやすいことですし、アクティブな予定を入れないようにしましょう。

週末は疲れが出やすいため、横になる時間を増やすことです。
家事も頑張らず、ひたすらだら~んと過ごしましょう。
「だらしない」と思われるくらい怠惰な方が、骨休めにはちょうどいいのです。

ただし、生活リズムを守れるよう、
いつもの通りの起床・就寝・食事の時刻を守り、
起床後は服を着替えて最低限の身づくろいをする、
1日1回は買い物などを兼ねて外出するようにするといいでしょう。

〔天候の変化によるストレスは意外に大きい!〕
c0219232_16565654.jpg

⑤初秋は体のメンテを第一に
秋バテ対策は、体を守り、休ませて、自然な回復を待つのがポイントです。

特に、季節の変わり目に特有の劇的な天候の変化は、
心身にとってはかなり大きなストレスになります。

日頃ストレスを抱えている人は、この時期に負担を倍増させないよう、
無理のない生活を心がけてみてください。

【平蔵の独り言】
秋は日々の気温が安定せず、1日の中でも朝夕で大きく差が出てしまう時期です。
「秋バテ」はこの寒暖差によって自律神経が変調を起こし、様々な症状を起こすことを言います。

また、秋雨前線が停滞したり、多くの台風が通過するなどで気圧が変動しやすいため、それによっても自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。

【独り言】
5月下旬の早い真夏日から9月下旬になって
やっと秋の気配がと思っていたら

□立ちくらみがある
□めまいがある
□頭がボーっとする、頭が重たい、頭が痛い

去年も頭痛、立ちくらみ

「秋バテ」があることを知った。

採血・血液検査があり、「特に貧血はないよ!」
先生「秋バテ  って知っていますか?」

「秋バテ」そんなのあるの!

夏、冬の季節に加え、秋の寒暖差による「秋バテ」も・・・・・・・・
春らしさ、秋らしさもなくなって 日本の四季が二季になっているのか!
[PR]

by asanogawa-garou | 2015-10-10 16:58 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

【シルバーウィーク】(80歳以上の高齢者の数が一千万人をこえたという。「人生百年」)〔五木寛之〕   

2015年 10月 05日
【シルバーウィーク・敬老の日】(80歳以上の高齢者の数が一千万人をこえたという。「人生百年」)〔五木寛之〕

生き抜くヒント( 五木寛之) 週刊新潮2015/10/08 号
c0219232_15475462.jpg

今年、80歳以上の高齢者の数が一千万人をこえたという。
テレビのニュースでそれをきいて、本当にびっくりした。

まだまだ、若輩者だ!「六十、七十は洟垂れ小僧」
「退場」に備えて、自分自身の生死を「人生百年」に向けて、堂々と宣言する。

「元気で長生き」(元気が正義)
視力、聴力、脚力

【平蔵の独り言】
気が付けば、目の前に“古稀”
まだまだ、若輩者だ!「六十、七十は洟垂れ小僧」
身体のメンテナンスが増え、
「退場」に備えて
「断捨離」(ピーター)、

高齢者の80歳に向けて、自分自身の生死を「人生百年」に向けて、堂々と宣言する。

【独り言】
”元気が正義”

視力、脚力:メンテナンス

聴力 「鼓膜に穴が開いてます!」
→”えつ! どうしたらいいでしょうか”
→「このままです」
(右からの音が聞き取りにくくなっている)

「退場」に向けて「断捨離」 30年前の書類(ゴミ)が?


〔シルバーウィーク・敬老の日〕
シルバーウィーク・敬老の日 2015年9月21日

なに!“シルバーウィーク”去年あった?

気が付いたら、“還暦”は遥か彼方に通り過ぎ、
まだまだと思っていた“古希”は目前

シルバーウィークになったら、「敬老に日」  うん?

2015年は9月21日
敬老の日は法律によって、「9月第三月曜日」と定められています。
その年によって祝日が変わり、その範囲は9月15日から21日までの7日間のいずれかとなります。

2015年の9月第三月曜日と、敬老の日のなかで一番遅い日、
しかも21日が敬老の日になる年は、次の通り、23日の秋分の日まで5連休となるんです。

  9月19日(土)
  9月20日(日)
  9月21日(月)敬老の日
  9月22日(火)国民の休日
  9月23日(水)秋分の日

休日・祝日に挟まれた平日が「国民の休日」になるため、5連休(シルバーウィーク)   知識の泉 より

春の「ゴールデンウィーク」に対して秋の「シルバーウィーク」

しかし、前回は2009年(6年前)、次は2026年(11年後)

〔2015年敬老の日〕80歳以上人口が初めて1000万人を超える
高齢者人口3384万人で過去最多、総人口比は26.7%に
(総人口に占める割合が1/4を超えたのは前年の2014年に続き2年目)
高齢者の就業者数は、11年連続で増加し、681万人と過去最多
就業者総数に占める高齢者の割合は、10.7%と過去最高
(日本の高齢者の就業率は、主要国で最高)
c0219232_15481886.jpg


【平蔵の独り言】
シルバーウィーク 暇を持て余しながら“敬老の日”
突っ張ってはいるが、少し気になる。

五木寛之さんと同じに80歳以上人口が初めて1000万人を超える

のニュースに“えっ!”

まだまた、高齢者(しゃ)若輩者(もの)
今年2015年のシルバーウィークは “まだまだ若い”
と思い知らされた。


それよりも高齢者総人口比26.7%、日本の将来・・・・・
[PR]

by asanogawa-garou | 2015-10-05 15:27 | 今 今日この頃 | Comments(0)