<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

〔五木寛之〕「何がなんだか判らない」 健康法や養生について語る人は多い。〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕   

2017年 07月 28日
〔五木寛之〕「何がなんだか判らない」 健康法や養生について語る人は多い。〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕

〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。

〔スクワット〕年をとっても筋肉は増える。
〔人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ〕
〔朝の光の効用とは〕
〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。

〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。


c0219232_16500571.jpg

①まあ、気にしない事が一番でしょう

世の中には、やろうと思って試みても、なかなか出来ないことが沢山ある。

私にとっては、早寝早起きというのもその一つだ。
健康法や養生について語る人は多い。
専門家もいれば、ごく普通の人もいる。
それぞれに、なるほどと思わせるところが多々ある。

しかし、正反対の意見が堂々と文章になっていると、エッとびっくりする。
これはいい、と共感してやっていた事が、突然、絶対に避けるべき事として挙げられていたりするのだから困ったものだ。

〔スクワット〕年をとっても筋肉は増える。
すべからく筋肉をきたえて健康になりなさい、と説かれると、なるほどと思って慣れないスクワットなどを試みる。
すると突然、スクワットなど百害あって一利なし、即刻やめるべし、という本が店頭に並んだりする。
私の不自由な脚についても、好意あるアドバイスをある方から受けた。
無理をしてはいけない、できるだけエスカレーターやタクシーを使うように、と教えてくれた先生がいた。
反対に痛くても歩かないと廃用性ナントカになるから、リハビリと思って階段を上り下りしなさい、と言う人もいた。
アイシングをすすめる専門家と、患部を温めて血行を良くしなさい、と言う医師がいる。

1日三食きちんと食べろ、いや、食べずに体重を減らすのが脚にいい、など百人百様の説が雨霰と飛びかう。
食事にしても同様である。運動にしてもしかり。

〔人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ〕
しかし、人間は百人百様だ。
医学の教科書は教科書として、人がそれぞれ個性をもつ存在であることを、もっと重視したほうがいいのではないか。
医学も、科学も、普遍性を土台としている。
しかし、人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ。

〔朝の光の効用とは〕
朝食を食べないと元気がでない人がいる。
逆に朝食を抜いたほうが心身ともに良い、という人もいる。

「なんといっても、朝、ちゃんとお日様の光を浴びないと話になりません」
と、有名大の先生がテレビで力説されている。
朝の光。
それは一体どんなものだろう。
ホルモンの働きを活発化してくれるのか。
それともすり減った股関節を再生させてくれる力を秘めている
ものか。
「朝日を浴びないから脚の軟骨がすり減ってきたんじゃないですか」
と、忠告してくれた人がいた。
その人は毎朝、6時には起きてラジオ体操を日課としていたそうである。
そして今、彼は病をえて大学病院に長期入院中である。
近々、痛む脚を引きずりながら見舞いにいってみようと思う。
大学病院にも朝の光はさすだろうか。


〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。
c0219232_16521281.jpg



〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。


c0219232_16531935.jpg

③まあ、気にしない事が一番でしょう。
生き抜くヒント!(五木寛之)週刊新潮2017/07/27号



【平蔵の独り言】
〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。

【独り言】〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。
を取り入れて、

ほどほどの メタボ
血圧は毎日計測(降圧剤は離せない)
歯は歯槽膿漏で元から“すっぽり”それから朝晩の歯磨きとメンテナンス
3食しっかり、適度に抜く
早寝早起きはしっかり7時間
水は手放せない
塩分控えめ

自身に合った気にした 日常:(気にしない事 ですかね)


[PR]

by asanogawa-garou | 2017-07-28 16:44 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

日野原重明先生〔『さあ、今日もやるぞー!』。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」〕「私は疲労というものを感じたことがないのです」   

2017年 07月 26日
日野原重明先生〔『さあ、今日もやるぞー!』。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」〕「私は疲労というものを感じたことがないのです」

日野原重明氏「死はGoodbyeではない」
予防医療の普及など日本に大きな影響を与えた医の伝道者
•日経ビジネス編集部2017年7月19日(水)

〔「2020年の東京オリンピックのとき、私は109歳なわけですが、いまからその準備を…」〕

〔『さあ、今日もやるぞー!』。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」〕「私は疲労というものを感じたことがないのです」

〔「シニア会員」・「ジュニア会員」・「サポート会員」〕
〔成人病を「生活習慣病」と言い換えるように提言〕
〔「長寿ニッポン」を支える制度作りにも寄与〕『人間ドック』「病気にならないこと」
〔死はグッバイではなくシー・ユー・アゲインです〕



c0219232_14574728.jpg

①『生きかた上手』など数々のベストセラーを持つ医師、日野原重明氏が亡くなった(写真:村田 和聡)

 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏が死去したことが7月18日、分かりました。105歳でした。

〔「2020年の東京オリンピックのとき、私は109歳なわけですが、いまからその準備を…」〕
 在りし日の日野原氏が講演のたびに使っていたフレーズです。
その度に会場は笑いに包まれますが、本人はいたって真面目でした。
残念ながら東京五輪をその目で見ることはかないませんでしたが、日野原氏の生き方はこれからも多くの日本人に影響を与え続けていくでしょう。

 本稿では日野原氏の言葉を振り返りながら、日野原氏の功績の一部をご紹介します。改めて、ご冥福をお祈りいたします。

〔「果たすべきミッション(使命)がある」〕 「私は疲労というものを感じたことがないのです」

c0219232_14594982.jpg


 「私は疲労というものを感じたことがないのです」
 日野原氏は100歳を超えてからも現役医師として、講演のために全国を飛び回る。著書も130冊を超え、毎年のように新著を上梓してきた。
 原稿の締め切りが迫っている時には、明け方まで執筆を続け、2~3時間の睡眠で家を飛び出すこともある。
そんな日の朝食はクッキー2枚とコップ1杯の牛乳だけだ。
 「この歳ですから、そりゃあ肉体的な疲労はありますよ。でも一晩寝ると、朝はすっきりして、『さあ、今日もやるぞー!』とフレッシュな気持ちで目覚めるわけです。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」

〔『さあ、今日もやるぞー!』。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」〕
 日野原氏が自らに課しているミッションのうち最大のものが、2000年から続けている「新老人運動」である。
 日本の65歳以上人口は2015年9月、3384万人に達し、人口全体に占める割合は26.7%となった。
一方、働き手となる生産年齢人口(15~64歳)は減り続け、2013年には8000万人を割り込んでいる。
これは32年ぶりのことで、少子高齢化は今後も間違いなく加速する。
 この絶望的なほどの厳しい状況を、老人自らが動くことで良い方向に向けていこうというのが、日野原氏の「新老人運動」だ。
 「90歳になったとき『新しいことを創はじめたい』と思いました。そこで立ち上げたのが『新老人の会』です。老人が慰め合うだけの会ではありません。自分たちの社会に対するミッションを見つけ、それを実践する集まりです」

〔「シニア会員」・「ジュニア会員」・「サポート会員」〕

「新老人の会」の「シニア会員」になれるのは75歳以上。
60~74歳は「ジュニア会員」、60歳未満は「サポート会員」である。
日野原氏の発案だ。
 60~74歳を「ジュニア」と呼ぶことに若干の違和感があるが、女性会員などに話を聞くと「私は、まだジュニア会員ですから」とうれしそうに話す。
社会的には「高齢者」と呼ばれる人々が、ここでは「ジュニア」。
そう位置付けられるだけで、人の心持ちは変わる。
 いつも注意深く患者の声に耳を傾け、患者との対話から治療を始める日野原氏は、言葉の効用をよく知っている。

〔成人病を「生活習慣病」と言い換えるように提言〕

c0219232_15055796.jpg

③全国を飛び回る生活を送っていた日野原重明氏。
東京・世田谷の自宅にいるときも、熱心に執筆に取り組んでいた(写真:村田 和聡)
 「政府は75歳以上のお年寄りを後期高齢者などと呼びますがね、あれはダメです。老人という言葉には『人生経験を重ねた思慮深い人』という畏敬の念が入っている。中国語で立派な人を『大人(ダーレン)』と呼ぶでしょう。あれに近いニュアンスですね」
 「一方で、高齢者という言葉には『物理的に年を取った人』という意味しかない。おまけに『後期』などと線引きをする。あれはお役人の発想ですよ。そう呼ばれた人たちがどう感じるか、人の気持ちを考えていない」
 「私は、75歳以上のお年寄りを『新老人』と呼びたい。
世界のどこよりも早く超高齢化社会に入った日本の75歳以上は、国民の寿命が延びたことによって生まれた新しい階層だからです。
新老人たちが生き生きと活躍する社会を作ること。
それこそが私に与えられたミッションだと考えています」
 「後期高齢者」を「新老人」と呼び換える。
「たったそれだけのことで何が変わるのか」と思われる方が多いかもしれない。しかし言葉には人々の考え方を変える力がある。
日野原氏はかつて、言葉による日本人の意識改革に成功している。
 「昔は糖尿病や心疾患、脳血管疾患のことを『成人病』と呼びましたね。
そう呼ぶと患者さんたちが『成人になったのだから、成人病にかかるのは仕方ない』と思ってしまう」
 「しかし、こうした病気は食生活や日頃の運動によって予防できるし、治癒もできる。生活習慣が原因なら、それを改めればよいのです。
『成人病』を『生活習慣病』と呼び換えるだけで、人々の意識は変わるのです。だから公的な文書でもそう呼び換えるよう、政府に働きかけました」
 厚生省(現厚生労働省)は1980年頃から糖尿病などを「成人病」と表記してきたが、日野原氏らの提言を受け入れる形で90年代後半から「生活習慣病」に呼び変えた。
 生活習慣病という言葉は日本人の間に広く定着。
それを予防するために多くの人が自分の体重や血圧を気にかけ、適度な運動を始めたり、食生活を改善したりし始めた。

〔「長寿ニッポン」を支える制度作りにも寄与〕『人間ドック』「病気にならないこと」


c0219232_15062779.jpg

④日野原重明氏は、「長寿ニッポン」を支える制度の定着にも貢献した(写真:村田 和聡)
 戦後間もない1947年、日本の医療事情は劣悪で、病院も医師も薬も、すべてが不足していた。
日本人の平均寿命は男性50.1歳、女性54.0歳だった。
 そんな時代にいち早く、「病気を治す」ことではなく「病気にならないこと」に注目した医師がいた。
聖路加国際病院の橋本寛敏元院長と、国立東京第一病院(現国立国際医療研究センター)の坂口康蔵元院長である。
日野原重明氏は橋本院長の右腕として予防医療の制度立ち上げに奔走した。
 「病院は病気の人が来るところというのがそれまでの常識でしたが、病気を予防するためには健康な人が病院で受診する必要があるのです。
寿命が延びていけば、やがて健康な人がどう老いていくかという問題が重要になると我々は考えました」
 「最初は『定期健康検査』と呼んでいましたが、これを聞きつけた新聞記者が船を点検・修理するドックからの連想で『人間ドック』と書き、いつの間にかこの呼び方が定着しました。
最初の利用者は政治家です。政権についている時の政治家は激務に追われますが、内閣が辞職するとしばらく暇になる。
その期間に『体のお手入れをされたらどうですか』とお勧めしたのです」
 聖路加の内科医長だった日野原氏は、国立東京第一の小山善之医長と組んで、人間ドックの仕組み作りを進めた。
人間ドックを健康保険の対象にしてもらうため、日野原氏と小山氏は東京・乃木坂にある健康保険組合連合会の本部にも通った。
 血圧測定、血液検査、検尿、心電図、レントゲンといった健康診断の定番メニューはこの時に固まった。
 「今は技術が進んだおかげで、日帰りでほとんどの検査が受けられますが、当時は検査機器の性能が劣っていたので、検査をするのに1週間かかりました。優れた装置がなくて、当初は肝臓の検査はできませんでした」
 こうして54年、国立東京第一と聖路加は日本初の人間ドックを開始した。両病院合わせて7床でのスタートだった。
 「健康な時に病院に行くという習慣は、当時の日本人にはありませんでした。
我々は病気を予防したり、早期に発見したりするためには、自覚症状がなくても定期的に健診を受けた方がいい、という考え方を日本中に広めなくてはなりませんでした」
 人間ドックを普及させるうえで、国民の誰もが名前を知っている政治家に受診してもらうことは大いに効果があった。
ある日、とある大物が聖路加の人間ドックにやってきた。
読売新聞のオーナーで衆院議員も務めていた正力松太郎氏である。
 「1週間の健診の最後に会食の時間があったのですが、正力さんに会いたい人たちが皆さん受診に来ましたよ」
 この頃から日野原氏は正力氏の主治医になり、正力氏の最期をみとることになる。こうしてまずは政財界の有力者から始まった人間ドックが徐々に一般の人々にも広がり、「長寿ニッポン」を支える制度として定着していく。

〔死はグッバイではなくシー・ユー・アゲインです〕

c0219232_15065568.jpg

⑤増大が続く医療費について、医学界と経済界を代表する2人が話し合った(「日経ビジネス」2015年6月1日号特集より、年齢は対談を行った2015年当時。写真:山田 哲也)
 高齢化社会に突き進む日本では老人の医療費増大が止まらない。
だが、老人を悪者にしても何も始まらない。
医学界と経済界を代表する2人の賢人は、「医を仁術に終わらせてはならない」と声をそろえた。
国民医療費は2025年に50兆円を超え、そのうち6割以上を65歳以上の医療費が占める見込みだ。
〔人生の質〕
日野原重明氏:医療界だけではなく、社会全体で考えるべき問題だと思います。
まず無駄な医療をやめることです。
医療を営業と考える医者は延命治療に夢中になりがちです。
患者や家族には「長生きは良いことだ」という思い込みがあり、医者も延命した方がもうかるからです。
しかしチューブにつながれて最期を迎えることが患者や家族にとって本当の幸せでしょうか。
社会的にみれば膨大なコストがかかっている。
 お年寄りに「長生きするな」と言っているのではありませんよ。
人生の質を言っているのです。
私は日本におけるホスピスの普及に力を注いできました。
ホスピスでは、天から与えられた命を、最後まで質高く全うすることに重きを置きます。
患者には「最期が来ましたよ」と自覚してもらい、「また天国でお会いしましょう」と家族とお別れしてもらいます。
グッバイではなくシー・ユー・アゲインです。
 延命治療をやめれば、住み慣れた自宅で最期を迎える人が増えるでしょう。
病院より、自分がずっと生きてきた場所で最期を迎えたいと望む人は多いのではないでしょうか。
これを実現するには医者も患者も家族も考え方を改めなくてはなりません。死に抗うのではなく、死を受け入れる考え方が必要です。
 欧米ではこうした考え方の下、ホスピスや在宅医療の体制が整備されています。
努力すれば日本でも、コストを抑制しながら医療の質を上げることは可能だと思います。
そのためには教育から変えていかなくてはならない。
 ルネ・サンド(1928年に国際社会福祉協議会を設立したベルギーの医学者)は「国民の参与なくして国民の健康は作られない」と言っています。
まず社会の中のいろいろな層の人々による協力体制を作る必要があります。「真の健康社会を作る」ことを国民の総意にしなくてはならない。
稲盛和夫氏:サンドの言葉は経営にも通じると思います。
全従業員の参与がなければ良い経営は実現できません。
 私が再建に関わった日本航空(JAL)を例に取ればパイロット、客室乗務員から整備のエンジニア、荷物を運ぶ人、機内食を作る人、機内や空港を掃除する人まで、すべての人がそれぞれの役割をきちんと果たし、なおかつ自分の持ち場で収益を考えてもらう必要がありました。
 医療も同じだと思うのです。ドクターから看護師さん、食事を担当する人まで、医療に関わるすべての人が、どうすればコストを上げずに、患者さんに良い医療を提供できるか。
皆で考えるところから始めたらいいのではないでしょうか。
書籍『日野原重明先生の生き方教室』

【平蔵の独り言】
〔『さあ、今日もやるぞー!』。なぜなら、果たすべきミッション(使命)があるからです」〕
 日野原氏が自らに課しているミッションのうち最大のものが、2000年から続けている「新老人運動」である。
 日本の65歳以上人口は2015年9月、3384万人に達し、人口全体に占める割合は26.7%となった。
一方、働き手となる生産年齢人口(15~64歳)は減り続け、2013年には8000万人を割り込んでいる。
これは32年ぶりのことで、少子高齢化は今後も間違いなく加速する。
 この絶望的なほどの厳しい状況を、老人自らが動くことで良い方向に向けていこうというのが、日野原氏の「新老人運動」だ。
 「90歳になったとき『新しいことを創はじめたい』と思いました。そこで立ち上げたのが『新老人の会』です。老人が慰め合うだけの会ではありません。自分たちの社会に対するミッションを見つけ、それを実践する集まりです」
 「新老人の会」の「シニア会員」になれるのは75歳以上。
60~74歳は「ジュニア会員」、60歳未満は「サポート会員」である。
日野原氏の発案だ。
 60~74歳を「ジュニア」と呼ぶことに若干の違和感があるが、女性会員などに話を聞くと「私は、まだジュニア会員ですから」とうれしそうに話す。
社会的には「高齢者」と呼ばれる人々が、ここでは「ジュニア」。
そう位置付けられるだけで、人の心持ちは変わる。
 いつも注意深く患者の声に耳を傾け、患者との対話から治療を始める日野原氏は、言葉の効用をよく知っている。

【独り言】〔七十にして惑わず〕
気合を入れないと1日が始まらない。
日野原重明先生の『さあ、今日もやるぞー!』
をもらおう!

【平蔵の独り言】
 「政府は75歳以上のお年寄りを後期高齢者などと呼びますがね、あれはダメです。老人という言葉には『人生経験を重ねた思慮深い人』という畏敬の念が入っている。中国語で立派な人を『大人(ダーレン)』と呼ぶでしょう。あれに近いニュアンスですね」

【独り言】
それにしても“前期高齢者”“後期高齢者”、高齢者でくくるな!
まあ、定年退職後の年金世代を管理しやすいように官僚が考えた言葉

「シニア会員、ジュニア会員」
シニアの自立をする社会環境を作っていけばいいのに・・・・・・・


[PR]

by asanogawa-garou | 2017-07-26 15:12 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

『70からはやけっぱち』年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか【野際陽子】   

2017年 07月 04日
『70からはやけっぱち』年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか【野際陽子】


大切にしているのは楽しむ心を忘れないこと。


■ユーモアたっぷりに日々の暮らしを綴る
〔このまま老人へ一直線でいいのか!? ……〕
〔「庭で虫を見つけた」〕
〔シェルティー〕

■意地悪な役がストレス解消に


〔来年で80歳を迎える野際陽子さん「これから挑戦したいこと」〕

・年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、
毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか

週刊女性5月12・19日号

c0219232_15093381.jpg

________________________________________

■ユーモアたっぷりに日々の暮らしを綴る
 大ヒットドラマには常にこの人あり。
そう言いたくなるほど存在感のある役柄を数多く演じてきた女優の野際陽子さんが、実に19年ぶりとなるエッセー『70からはやけっぱち』を出版した。

 5年ほど前から始めたという水彩画とともに綴られる人気女優の日々の暮らし。
体重が増えたことを嘆いたり、庭で見つけた怪しげな虫を飼ってみたり、
飼い犬たちの世話に奮闘したりといった毎日が、
茶目っ気たっぷりに語られている。

「私は“面白おかしくて、クスクス笑えるものを書きたい”という気持ちが
あるんです。小さいころからユーモア小説を読むのが好きでしてね。
10代のころにユーモア小説を書いて、
少女雑誌の公募に挿絵付きで送ったことがあるくらい」

 エッセーは冒頭から、大物女優らしからぬざっくばらんな語り口で始まる。

〔このまま老人へ一直線でいいのか!? ……〕
70歳になる少し前から、老化対策にとストレッチや筋トレを始めたものの、
気づいたら10か月もサボっていた。
お腹も二の腕もぷよぷよ、身体もカチカチだ。


このまま老人へ一直線でいいのか!? ……
といった自分へのツッコミやぼやきが続き、読み手はついつい笑ってしまう。
まさに野際さんの狙いどおりだ。

「私もね、いろいろと運動の機械は買ってみたんですよ。
金魚運動マシンとか何とかステッパーとか。
でも機械は場所も取るし、すぐに飽きてやらなくなってしまうの。
それで、ストレッチならヨガマット一枚でできるからいいかと思いましてね。

今は何とか、週に2〜3回のペースで続けています。
運動不足を解消するために、家の中をぐるぐる走り回ったこともありますが、
ラグカーペットに足を引っかけて親指を骨折しちゃったので、
もうやめました(笑い)」

〔「庭で虫を見つけた」〕
 そして、「庭で虫を見つけた」という普通なら何の変哲もないはずのエピソードも、野際さんの手にかかると、なぜかおかしな方向へ……。

「ある日、黄金虫というのを庭で見つけたので、
空き瓶に入れて飼ってみたんです。一昨年は2匹、昨年は4匹つかまえて。
それが観察していると、とってもおかしいの。
4匹が数珠つなぎになってみたり、
2匹ずつのカップルに分かれてくっついてみたり。
きゅうりやにんじんをあげると、すごい勢いで食べるのよ。

今はアゲハ蝶の幼虫を飼っているんですが、この青虫もまたカワイイの。
葉っぱをむしゃむしゃって食べる姿が、ものすごく愛らしくて」

“大物女優と幼虫”という、
あまりにギャップのある組み合わせにまたもやクスクス笑いつつ、
野際さんが小さな命に向けるやさしいまなざしに心がじんわり温かくなる。

〔シェルティー〕
飼い犬たちとのエピソードも愛情あふれるものばかりだ。
「以前は6匹でしたが、4年前に1匹亡くなって、
今は5匹のシェルティーと暮らしています。
17年ほど前に最初の子を飼い始めて、
そのうち子どもが生まれたり、お嫁さんをもらったりするうちに、
どんどん増えて。
犬たちは私にとって、子どもや孫みたいな存在。
この子たちは話がわかるんです。
人の目を見て話を聞くし、私が“今日はお月さま出てるかな?”と聞くと、ピューッと庭に走っていって、空を見て“ワンワン!”って答えてくれるの」

■意地悪な役がストレス解消に
 それにしても、ドラマの撮影が入った時のハードスケジュールには改めてびっくり。
朝7時から24時までの撮影が何日も続くことが珍しくない。

それでも野際さんは、「仕事は楽しいので、どんなに忙しくても嫌だと思ったことはありませんね」と話す。

「私は若いころから、悲劇のヒロインとか絵に描いたようないい人というのは、あまり演じたことがなくて。
たいていの役は少し意地悪だったり、うんと意地悪だったり(笑い)。
普段の自分なら絶対に言わないようなことを平気で言ってしまう役が多いものですから、ストレス解消になるんです。

それに、どんな役でも一生懸命演じていれば、誰かが見ていてくださるもの。
あるドラマで母親役を演じた時、
家でイチャイチャしている娘と彼氏に“ご飯ですよ”と声をかけるシーンがあったので、自分なりに表情や口調を工夫して、ちょっと笑えるように演じてみたんです。

そのたった1シーンを、ある演出家の方がご覧になって“面白い女優がいるな”と思ってくださったらしく、別のドラマに起用してくださったこともありました。

私たち女優はオファーをいただかなくてはできない仕事ですから、ここまで続けてこられたのは、とても幸運なことだと思っています」

〔来年で80歳を迎える野際さん。これから挑戦してみたいことは?〕

「うーん、ゴルフは興味がないし、動物は好きだけど乗馬は落っこちたら大変だし、スカイダイビングは途中で死んじゃいそうだし(笑い)。

いろいろ考えてみると、そんなにやりたいことってないのね。
だから今までどおり、1日1日を大切に過ごしていきたい。

年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか」

(取材・文/塚田有香 撮影/近藤陽介)
※取材後記
 ドラマでは気が強い女性を演じることが多い野際さんだが、
ご本人はとても人見知りなのだそう。
「仕事場でも最初は共演者やスタッフの方たちと何を話していいかわからないし、そもそも人の名前が覚えられない(笑い)。
ですから、誰かが話しかけてくださるのを、じっと待っているんです」

 それにしても、素顔の野際さんは本当に気さくな方。
「理想の体重は51.5kgだけど、一時は56kg近くになっちゃって」などと包み隠さず何でも話してくださる姿に、ますます好感度アップ!

c0219232_15105145.jpg
〈著者プロフィール〉
のぎわ・ようこ 1936年、富山県生まれ。
'58年、NHKにアナウンサーとして入局。
'62年にフリーとなり、翌年に女優デビュー。
『キイハンター』『ずっとあなたが好きだった』『TRICK』『DOCTORS』『花嫁のれん』などテレビドラマを中心に活躍中。


偉人 野際陽子 名言集|心の常備薬 公開日: 2017/06/18 :
No.014人間は股関節から老けていきますよって(ある先生に)言われた。


【野際陽子】極秘肺がん闘病の野際陽子 羽田美智子には相談していた
2016.04.28 07:00
c0219232_15115762.jpg
《声、まったく出てなかった》
《何があったんだろう…。大丈夫かな》。
昨年1月4日、ネット上にこんな声が溢れた。
同日放送されたテレビドラマ『ドクターズ』(テレビ朝日系)のスペシャル版に出演した野際陽子(80才)への反応だった。

 病院長を演じた野際のセリフは声がかすれていて聞き取りづらく、
呼吸もどこか苦しそう。
一部はアテレコしたシーンもあったという。
テレ朝のスタッフが明かす。

「直後に放送が始まった同作のパート3では、野際さんの役は急遽、“海外出張中”となって1~3話の出演がありませんでした。
当時から“体調不良説”が囁かれていたんですが、今になってやっと明確な理由がわかりました。まさか、こんなことになっていたなんて…」

『週刊ポスト』(4月25日発売号)が野際の極秘肺がん闘病を報じた。
記事によると、野際は2年ほど前に肺がんに罹患。

当時は昼ドラの撮影中で、彼女は額に脂汗を流しながら収録に臨んでいたそうだ。
早期発見のため大事には至らなかったが、昨年4月ごろに肺がんが再発し、
極秘裏に腫瘍の摘出手術を受けていたという。
野際の知人が当時の様子を振り返る。

「手術の影響で肺が縮小して呼吸がスムーズにいかず、
退院後も酸素吸入器を利用していたほどです。
“ハア、ハア”と息を切らしながらしゃべる姿がとても痛々しかった。
でも、スタッフも含め、ほとんど誰にも明かしていませんでした。
後輩女優で仲のいい羽田美智子さんには少し相談していたそうです」

 昨年夏から始めた抗がん剤治療の効果で一時期のような息苦しさは収まり、
酸素吸入器は不要に。
現在も都内の病院に定期的に通い、治療と経過観察の検査をしながら仕事を続けているという。

※女性セブン2016年5月12・19日号

野際陽子が隠し続けた「肺がん2年壮絶闘病」
2016.04.24 16:00
c0219232_15130447.jpg
 今年1月に傘寿を迎えた女優・野際陽子(80)は、いまだ衰えを感じさせない。
4月6日にスタートした人気ドラマ『警視庁捜査一課9係season11』(テレビ朝日系)に準レギュラーとして出演。
さらに同15日から始まったNHKの連続ドラマ『コントレール~罪と恋~』にも、主人公(石田ゆり子)の姑役として出演している。

 女優として、いくつになっても第一線に立ち続ける姿からは想像もできないが、野際は現在、大きな病と戦っている。
野際と親しいテレビ局関係者が明かす。

「野際さんは2年ほど前に肺がんを患いました。
当時、彼女は昼ドラの撮影に追われていたのですが、
いつも脂汗を流すほど過酷な撮影だったそうです。

 早期発見ということもあり、治療は成功しましたが、
昨年の4月頃に再発し、腫瘍の摘出手術を受けました。
術後、体中に管を通され、健康な人に比べると肺がかなり小さくなってしまったため、“はぁ、はぁ”と息苦しそうに喋る姿は非常に痛々しかった。
退院時には酸素吸入器を携行していたほどで、関係者の頭には“引退”の2文字が過ぎったそうです」

 その後、息苦しさは徐々に収まり、吸入器を携行する姿も見られなくなったが、憔悴した様子は隠せなかったという。
だが、昨年夏、抗がん剤治療に移ると野際は明るい表情を取り戻した。
前出の関係者の話だ。

「“自分に合った抗がん剤が見つかったの”と喜んでいたのがその頃です。
薬物療法は体力を消耗しますが、大きな効果もあり、
本人の気持ちが前向きになったようです」

 経過は良好で、病気を知る関係者の目から見ても、
今の野際はまるで“完治”したかのように映るという。
とはいえ、野際は現在も都内の大学病院に定期的に通い、「治療と経過観察の検査を受けている」(同前)という。

 NHKの人気女子アナだった野際が、フリーに転身したのが1962年。
翌年に女優デビューすると、知的な雰囲気と抜群のスタイルで、たちまち世の男性を魅了した。
視聴率30%を記録した大ヒットドラマ『キイハンター』に出演し、1973年に共演した俳優・千葉真一と結婚。一女をもうけたが、1994年に離婚した。
以来、浮名を流すことなく、独身を貫いている。
野際家と近しい芸能関係者が言う。

「現在、基本的には野際さん1人で自活しているようです。
本当は手術や抗がん剤治療で精神的にも肉体的にも辛かったはずです。
でも彼女は弱音を吐くことは一切なかった。
細身で楚々とした外見とは裏腹に精神力はとても強い女性なんです。

 がん発症後も仕事は休んでいませんし、仕事の関係者には内緒にしていたので、ドラマ共演者で彼女の病気のことを知っている人はほとんどいません」

 壮絶な闘病生活をおくびにも出さない野際のプロ意識はさすがだが、
ファンとしては体調が気がかりだ。
野際の所属事務所に現在の様子を訊ねた。

「野際本人は様々な事情があり自身の健康問題を始め、
個人的な事柄につきましては、何事も公にすることは避けたいとの意向です。
本人は現在大変元気に日々過ごしております」

 がんを“克服”し、80歳になった今も第一線で活躍する野際の姿は、
多くの人に希望と勇気を与えるに違いない。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

c0219232_15140657.jpg
野際陽子 恋愛は?と聞かれ「今は人間より虫。青虫かわいい」
2015.05.26 07:00


 80才を前にして、今は健康で、若さと美貌に加えて、仕事にも恵まれている女優・野際陽子(79才)。となると、気になるのは恋愛だが…。

 * * *
「もう恋はいいわ。でも、岡惚れしてなきゃだめですよ」
 恋愛はここ45年くらい、まったく何もないけれど。
でもね、女優の杉村春子さんが晩年、奈良岡朋子さんに
「もう恋はいいわ。でも、岡惚れしてなきゃだめですよ」
とおっしゃったというのをうかがって、あ、かっこいいじゃん!

 私もそれでいこう、って。だからどうしたと言われても、ふふふ…なんですけどね。

 でも、今は人間より虫だわね。
アゲハチョウの青虫なんて、本当にかわいいですよ。
芋虫というのか、キャタピラーというのか、丸いかわいい体で、
目かなと思うと模様だったりして。
この子がさなぎになって、羽化して飛んで行った時には感動しましたもの。

 コガネムシもかわいいですね。
最初は大事に育てていたイヌビワの根を食べるにっくき害虫だ、と捕まえて瓶に幽閉したんです。
ところが、見ているうちに情が移ってしまって、お高いキャベツを買ってせっせと与えたり。

 植物を育てるのも草取りも趣味かな。
そして犬たちの世話。時間の経つのを忘れます。

※女性セブン2015年6月4日

c0219232_15150031.jpg
【平蔵の独り言】
『70からはやけっぱち』年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか

【独り言】
古希を迎え、どうしていけばもやもやしている。

「老人は痛い。なのに若い人(40代も50代も)は気づいてくれない
痛快エッセイ。――『老人一年生』(副島隆彦著)」
をみつけて読んだ。自身が(40代も50代も)の時そうだ!

以前、野際陽子さんが言っていた
「自分が持っているものが、すべて。足りなかったら、しゃーない。」

『70からはやけっぱち』

「80になった時、ブログを更新できていれば少しは野際陽子さんのように・・・・・・」

【平蔵の独り言】
女優の杉村春子さんが晩年、奈良岡朋子さんに
「もう恋はいいわ。でも、岡惚れしてなきゃだめですよ」
とおっしゃったというのをうかがって、あ、かっこいいじゃん!

【独り言】
”岡惚れ”  あ、かっこいいじゃん!

そうですよね!
これなら、誰にも迷惑が掛からないし、ちょっと叫べるし!



[PR]

by asanogawa-garou | 2017-07-04 15:15 | 人間模様 | Comments(0)

〔下山の時代〕「ジャパン・アズ・No.1の道」高齢化先進国 「超高齢社会のトップランナーである日本は…」(全く世界が経験してない未知の人生を創りだす必要がある)   

2017年 07月 01日
〔下山の時代〕「ジャパン・アズ・No.1の道」高齢化先進国 「超高齢社会のトップランナーである日本は…」(全く世界が経験してない未知の人生を創りだす必要がある)

〔ジャパン・アズ・No.1の道〕「超高齢社会のトップランナーである日本は…」そして世界各国が、その後に続く。
これは日本の歴史の中で未曾有の出来事だと思っていたのだが、

その実、世界のトップを走る超高齢社会に直面していたのである。

〔下山の時代〕

常に先行走者の背中を見て、後を追いかける生き方はつまらない。
そう思いつつ、あれこれ妄想にふけっていると、
ふと外国に先駆けてこの国だけが先行できる分野のことが頭に浮かんだ。

「超高齢社会のトップランナーである日本は…」
そして世界各国が、その後に続く。
これは日本の歴史の中で未曾有の出来事だと思っていたのだが、
その実、世界のトップを走る超高齢社会に直面していたのである。

五十歳までの人生と、五十から百歳までの人生では、すべてがまったくちがう。

いうなれば下山の時代なのだ。

その後半の時代を生きる思想や哲学、政治や経済などをなんとか創りだす必要があるのである。
そこに活路を切り開くことが、高齢化先進国のこの国に期待させているらしい。
世界がそれを注視している、いうのは冗談ではない。

(生き抜くヒント!)(五木寛之) 週刊新潮平成29年6月29日

c0219232_16290224.jpg

【平蔵の独り言】
「超高齢社会のトップランナーである日本は…」
そこに活路を切り開くことが、高齢化先進国のこの国に期待させているらしい。世界がそれを注視している、いうのは冗談ではない。

【独り言】
〔四十にして惑わず〕
孔子が晩年に振り返って言ったことば。
『論語・為政』に「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず(私は十五才で学問を志し、三十才で学問の基礎ができて自立でき、四十才になり迷うことがなくなった。五十才には天から与えられた使命を知り、六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)」とあるのに基づく。

七十歳 「従心」
「七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず」
(「論語・為政第二」より )

「心のおもうままに行動しても、人としての道理を外れることは無くなった」ということ。
このように、自分の思い通りに振る舞っても倫理規範を外れることがない、というのは、言わば「人間理想の姿」ということが出来ます。
「自分の欲望をコントロールすること」。また「欲望に左右されない心の安定を持つ」ということです。

「超高齢社会のトップランナーである日本は…」
〔四十にして惑わず〕→四十を七十(古希)か

〔七十にして惑わず〕2500万人     
→惑って、「下山の時代」を今日も歩く・・・・・・・・・・


[PR]

by asanogawa-garou | 2017-07-01 16:20 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)