タグ:人生ほどほど ( 3 ) タグの人気記事   

〔五木寛之〕「何がなんだか判らない」 健康法や養生について語る人は多い。〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕   

2017年 07月 28日
〔五木寛之〕「何がなんだか判らない」 健康法や養生について語る人は多い。〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕

〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。

〔スクワット〕年をとっても筋肉は増える。
〔人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ〕
〔朝の光の効用とは〕
〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。

〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。


c0219232_16500571.jpg

①まあ、気にしない事が一番でしょう

世の中には、やろうと思って試みても、なかなか出来ないことが沢山ある。

私にとっては、早寝早起きというのもその一つだ。
健康法や養生について語る人は多い。
専門家もいれば、ごく普通の人もいる。
それぞれに、なるほどと思わせるところが多々ある。

しかし、正反対の意見が堂々と文章になっていると、エッとびっくりする。
これはいい、と共感してやっていた事が、突然、絶対に避けるべき事として挙げられていたりするのだから困ったものだ。

〔スクワット〕年をとっても筋肉は増える。
すべからく筋肉をきたえて健康になりなさい、と説かれると、なるほどと思って慣れないスクワットなどを試みる。
すると突然、スクワットなど百害あって一利なし、即刻やめるべし、という本が店頭に並んだりする。
私の不自由な脚についても、好意あるアドバイスをある方から受けた。
無理をしてはいけない、できるだけエスカレーターやタクシーを使うように、と教えてくれた先生がいた。
反対に痛くても歩かないと廃用性ナントカになるから、リハビリと思って階段を上り下りしなさい、と言う人もいた。
アイシングをすすめる専門家と、患部を温めて血行を良くしなさい、と言う医師がいる。

1日三食きちんと食べろ、いや、食べずに体重を減らすのが脚にいい、など百人百様の説が雨霰と飛びかう。
食事にしても同様である。運動にしてもしかり。

〔人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ〕
しかし、人間は百人百様だ。
医学の教科書は教科書として、人がそれぞれ個性をもつ存在であることを、もっと重視したほうがいいのではないか。
医学も、科学も、普遍性を土台としている。
しかし、人間は普遍的であるだけでなく、個性的な存在だ。

〔朝の光の効用とは〕
朝食を食べないと元気がでない人がいる。
逆に朝食を抜いたほうが心身ともに良い、という人もいる。

「なんといっても、朝、ちゃんとお日様の光を浴びないと話になりません」
と、有名大の先生がテレビで力説されている。
朝の光。
それは一体どんなものだろう。
ホルモンの働きを活発化してくれるのか。
それともすり減った股関節を再生させてくれる力を秘めている
ものか。
「朝日を浴びないから脚の軟骨がすり減ってきたんじゃないですか」
と、忠告してくれた人がいた。
その人は毎朝、6時には起きてラジオ体操を日課としていたそうである。
そして今、彼は病をえて大学病院に長期入院中である。
近々、痛む脚を引きずりながら見舞いにいってみようと思う。
大学病院にも朝の光はさすだろうか。


〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。
c0219232_16521281.jpg



〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。


c0219232_16531935.jpg

③まあ、気にしない事が一番でしょう。
生き抜くヒント!(五木寛之)週刊新潮2017/07/27号



【平蔵の独り言】
〔まあ、気にしない事が一番でしょう。〕
ジョギングはするなと言う。
メタボのほうが長生きだと言う。
血圧は高目が当り前だと言う。
歯は磨くなと言う。
1日1食で十分だと言う。
いや、三食ガッツリ食べろと言う。
早寝早起きしろと言う。
水は飲み過ぎるなと言う。
日本人は塩分の不足が問題だと言う。
まあ、気にしない事が一番でしょう。

【独り言】〔要するに世の中は普遍的ではない〕いや、すべてが同じではない。人生は例外に満ちている。
を取り入れて、

ほどほどの メタボ
血圧は毎日計測(降圧剤は離せない)
歯は歯槽膿漏で元から“すっぽり”それから朝晩の歯磨きとメンテナンス
3食しっかり、適度に抜く
早寝早起きはしっかり7時間
水は手放せない
塩分控えめ

自身に合った気にした 日常:(気にしない事 ですかね)


[PR]

by asanogawa-garou | 2017-07-28 16:44 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

〔五木寛之〕嫌老社会:「流されゆく日々、嫌老社会の理想と現実」・【〔ご機嫌なシニア世代を目指せ!〕】   

2016年 02月 27日
〔五木寛之〕嫌老社会:「流されゆく日々、嫌老社会の理想と現実」・【〔ご機嫌なシニア世代を目指せ!〕】
c0219232_1541995.jpg

①〔団塊スタイル(五木寛之)83歳〕・嫌老社会を超えて

「流されゆく日々、嫌老社会の理想と現実」

【〔ご機嫌なシニア世代を目指せ!〕】
団塊の世代とその一つ上の世代の機嫌が悪いように感じる。

【〔五木寛之〕嫌老社会:「流されゆく日々、嫌老社会の理想と現実」】

だから、年寄りは嫌なんだよな!
いやになっているのは こちらもだ!
「嫌老感」は、まず自分に向けて芽生えるのである。


〔嫌老社会の時代〕
話の話題は80歳が起こすニュース、年金
c0219232_15432591.jpg



〔2015年敬老の日〕80歳以上人口が初めて1000万人を超える
高齢者人口3384万人で過去最多、総人口比は26.7%に
(総人口に占める割合が1/4を超えたのは前年の2014年に続き2年目)
高齢者の就業者数は、11年連続で増加し、681万人と過去最多
就業者総数に占める高齢者の割合は、10.7%と過去最高
(日本の高齢者の就業率は、主要国で最高)
【シルバーウィーク・敬老の日】(80歳以上の高齢者の数が一千万人をこえたという。「人生百年」)〔五木寛之〕

生き抜くヒント( 五木寛之) 週刊新潮2015/10/08 号

c0219232_15441317.jpg



【平蔵の独り言】
気が付いたら“嫌老感”の真っ只中を突き進んでいる。
何か団塊の世代はベビーブーム、高度成長、バブル崩壊、高齢化社会、
自身の意思と関係なく、あえて言えば“神”のみぞ知る。
流れの中に身を置いている。

”いやになっているのは こちらもだ!”
40引いても、50引いても まだ 20(才)も残る。
気が付けば、えっ! そんなに歩いて来たんだ。

身体を動かなくなるし、”よいしょ”と気合いを入れないと一日が始まらない。


「どう解決していけばいいのか?また高齢者たちは今後、社会においてどういう役割を担っていけばいいのか?」
と言っているが、先輩達の元気な生き方を見ながら、今日を歩いている。

小泉今日子(50歳)の特集を見ていたら、
「今日1日が人生“しなきゃと思ったことを明日に持っていけない”小泉今日子50歳」



【〔ご機嫌なシニア世代を目指せ!〕】
団塊の世代とその一つ上の世代の機嫌が悪いように感じる。
〔ご機嫌なシニア世代を目指せ〕逆張りの思考(成毛眞)週刊新潮2016/02/04号

私の上の世代、つまり団塊の世代とその一つ上の世代の機嫌が悪いように感じる。
不機嫌なシニアが量産されてしまっている理由はシニア世代のロールモデルがいなかったことだ。
団塊の世代には先輩が少なかった。
無論、戦争のせいである。
だから、どうしたらいい年の取り方ができるかが分からないまま年を取ってしまった。
日曜朝の放言番組などには不機嫌なシニアが見受けられる一方で、いくらか若いご機嫌なシニアたちもいる。

タモリ70歳、高田純次69歳、稲川淳二68歳、笑福亭鶴瓶64歳、なぎら健壱63歳、所ジョージ61歳。

老人と呼ぶにはまだまだ若い方々もいるが、しかし、今の30代、40代にしてみれば「ああいうシニアにならたい」という憧れの対象であるに違いない。
もちろん、彼らのように肩の力を抜いて、いい加減に生きているように見せるのにも苦労があるはずだが、それでも、自然と不機嫌になるよりは努力をしてご機嫌でいた方がいい。

無論、私の目標は彼らである。
さらに付け加えるならば、不機嫌な人たちが多い団塊以上の方々も今からでも遅くないのでご機嫌方面へと路線変更をした方がいいと思う。

不機嫌な人たちが多い世代だからこそ、ご機嫌な人は目立ち、
それは間違いなく若者から歓迎され、これからの人生が楽しくなる。

それに何より、駅や電車の中で私が心穏やかに過ごせるようになる。

【平蔵の独り言】
老人、高齢者、“「年寄り扱いするな」”に全面対決している自身が気が付けばいる。

〔老〕を生きてきた経験と感じて“嫌われてもいい”と話している自身もいる。
(嫌われれば、逃げていくだろうと自覚している)

元気に活躍している先輩(80歳に近い人から最高100歳(2.26事件を知っている))の話は楽しい。
[PR]

by asanogawa-garou | 2016-02-27 15:39 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

【伊集院静】〔酒に酔った翌日、人間の愚かさについて考える〕もう何万回、自己嫌悪の時間と向き合った   

2016年 01月 14日
〔酒に酔った翌日、人間の愚かさについて考える〕もう何万回、自己嫌悪の時間と向き合っただろうか。【伊集院静】
週刊現代2015/12/26号〔それがどうした【男たちの流儀】〕
c0219232_1518574.jpg

〔人間というのはバカな生きものだ〕しかし愚かで、バカじゃない人間がどこにいるというのだ。

〔ひさしぶりにホテルの部屋の床で寝た。〕
狭い部屋であるが、その部屋で一番狭い、ベッドと書棚の幅50センチしかない場所でコートを着たまま、部屋の大きな鍵を握りしめて寝ていた
(この作家、そんなに鍵が好くなのか、金庫破りじゃあるまいし。)
飲み過ぎたのである。
1年に何度か、こういう寝方をする。

60歳をゆうに越えた人間が、
2日前、書店でサイン会をし、
遠方から来た人に手を握りしめられ、
先生、私はどう生きればいいでしょうか、
と目をうるませて質問をされ、
そりゃ、ああた、きちんと生きなくちゃ、
とのたもうていた作家が、

酒を飲み過ぎて、道端の溝より狭い場所で、
靴を履いたまま、鍵を握って眠っている。

起き上がろうとしたが、身体が嵌まって動けない。
何度か起きようとしたが上手く行かない。

ーーーこのまま一生こうして生きるのか。
いっそ大声を上げて、助けてくれ~と叫んだ方がいいのか。
叫び続ければ部屋の係の人が、

「先生、大丈夫ですか。先生、どうしました?先生、先生、大丈夫ですか」
「うるさい。大丈夫じゃないから助けを求めてるんだろう」

そうして合鍵で(また鍵か)部屋を開けて、どうしてこんなに狭い所に……、と呆きれ返った目で見られるくらいなら、死んだ方がましだ。

どうして起きたらいいか、目を閉じて考えた。
こんな時も考えようとするから、人間というのはバカな生きものだ。
起き上がり、ベッドサイドに腰掛けて、自己嫌悪の時間とむき合っただろうか。
私という人間は本当に愚かだ。バカだ。

しかし愚かで、バカじゃない人間がどこにいるというのだ。
開き直ってどうするんだ。

こんなところを他人に見られなくてよかった。
家族に、東北一のバカ犬に見られなくてよかった。
反省をする。反省は下をむくのが相場だ。
ーーどうしてこんなになるまで飲んだんだ!
この質問。もう何万回して来たんだ。
頭が朦朧としている。何も考えられない。

c0219232_15185075.jpg


どんな1日になるのやら。

【平蔵の独り言】
〔人間というのはバカな生きものだ〕しかし愚かで、バカじゃない人間がどこにいるというのだ。

こんな時も考えようとするから、人間というのはバカな生きものだ。
起き上がり、ベッドサイドに腰掛けて、自己嫌悪の時間とむき合っただろうか。


〔酒に酔った翌日、人間の愚かさについて考える〕(今週の流儀)もう何万回、自己嫌悪の時間と向き合っただろうか。

【独り言】
60歳をゆうに越えた人間が、「バカな生きものだ」・愚か・自己嫌悪

毎週コラム〔それがどうした【男たちの流儀】〕
を読んで、古希に近くなっても対して成長していないな?

まあ!こんなものか・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by asanogawa-garou | 2016-01-14 15:20 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)