【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕   

2018年 07月 25日
【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕


――何年か前に60歳を過ぎたら辞める、辞めないみたいな話がありましたけど、いまはまったく引退は考えていないんですよね?そうだね。50代には思うんだよ。60になったら辞めようって。
で、60になったら70で辞めよう、70になったら80で、80になったら90で...ってやってくと、死ぬな、もうそろそろ。そういうことだよ(笑)

〔「理想の上司」と言われるけれど〕
〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
〔「一生懸命やったんですけど」〕「じゃあ、お前じゃない方がいいな」
〔コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。〕ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
〔「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。〕「苦節5秒」
〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕
〔失敗も含めて人生でしょ〕
〔手応えはいらない〕
〔お笑いビッグ3の個性〕

ビートたけし・明石家さんま・タモリ お笑いビッグ3の個性

〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、

BuzzFeed Japan 2018/04/13「新入社員に伝えたい本当のトコロ」

――――――――――――――――――――――――――――

【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
そんな所さんの仕事場兼遊び場である「世田谷ベース」にお邪魔して、この春、新たな一歩を踏み出した新入社員たちへのメッセージをもらった。
(新入社員に伝えたい本当のトコロ)
〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕

所ジョージ。いくつものレギュラー番組を抱えるお茶の間の人気者で、クルマやバイク、模型など、趣味を全力で楽しむ人生の達人。
「理想の上司」ランキングの常連でもある。

そんな所さんの仕事場兼遊び場である「世田谷ベース」にお邪魔して、この春、新たな一歩を踏み出した新入社員たちへのメッセージをもらった。
(取材:BuzzFeed Japan 神庭亮介)
c0219232_15270450.jpg

①Jun Tsuboike / BuzzFeed

〔「理想の上司」と言われるけれど〕
――「理想の上司」ランキングでは常に上位にいますね。
新入社員向けにアドバイスをお願いします。

「理想の上司」って言われても、自分ではなんかピンとこない。
「所ジョージ」って字面も簡単だし、聞かれた時にパッと出やすいだけなんじゃない?

たとえばお笑いの世界だと、さんちゃん(明石家さんま)の下に誰それがいて、中堅がいて、若手がいて...ってわかりやすいじゃん。
でもウチの事務所はそういうこともないし。

〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
そもそも人に何かを教えようとか、それは違うよって否定するつもりがないの。ある人が困っていたとするじゃん。
困っているのもその人の人生だから。
そこでいいアドバイスをしちゃうと、人生の邪魔してるような感じもするのね。

――たとえ的確なアドバイスだとしても。
そう。アドバイスでその人が解放されたとして、そんな簡単に解放されちゃうと人はつまんないから。自分で考えるのが一番楽しいわけで。

人の話を聞いて、「こうするといいよ」って段取り通りにいくと、あんまり手応えを感じない。
何も聞いてないのに、そこまでいけた自分の方が立派でしょ。
その方が感動できるよ。

人の言うことを聞いてなくて、失敗したとするじゃん。
聞いとけばうまくいくのに。だけど失敗も捨てない、なかったことにしない。
怒られたことを削除しないっていうこと。それも自分の経験だから。

〔「一生懸命やったんですけど」〕「じゃあ、お前じゃない方がいいな」
あとはね、失敗した時に「一生懸命やったんですけど」って泣き言は言っちゃダメ。
一生懸命やったのにできなかったら、「じゃあ、お前じゃない方がいいな」って他の人に代えられちゃうでしょ。

「ちょっと怠けてました」って言う方がまだいいよね。
その場で怒られても「次はちゃんとやれよ」でもう1回復活できる。
だから、自分の「底」は見せない方がいい。
ハツラツとやる

――配属先や仕事の内容が希望通りにならず、腐ってしまう人もいるかもしれません。
腐る人には誰も見向きもしないよ。
ペンキ塗りを頼まれた子どもがニコニコしながらやっていたら、「楽しそうだから俺にもやらせて」って友達がやってくれる話があるでしょ(『トム・ソーヤーの冒険』のエピソード)。

〔コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。〕ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。
そうすると、上司の目に留まって「アイツは頑張ってるな」って次の部署に引っ張られるキッカケになるかもしれない。

みんな目の前の仕事が木の幹だと思っちゃうんだよね。
「いい大学出て、会社に入ったのに、何でこんな仕事なんだよ」って変なプライドが出てきちゃう。
だけど、細い枝みたいなところで「これは俺の幹じゃない」って言ってもしょうがないよ。

ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
「この仕事は合ってるな」って思うところを幹にしちゃえばいいわけで。
苦節5秒

c0219232_15274447.jpg

〔「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。〕「苦節5秒」

――壁にぶつかって、挫折しそうになった時はどうすれば。
挫折をよけるのは簡単なの。
いい茶碗を使ってたけど、ひび割れて使えなくなっちゃった。
茶碗ランキングでは相当下がっちゃう。
でも下に穴ボコ開けて植木鉢にしたら、トップクラスの鉢になるかもしれない。

「トップの植木鉢になってやる!」って考えたら、ハツラツとできるじゃん。

俺は「苦節5秒」って言ってるんだけど、時間が経つと全部のことが笑い話になるから。
時には、自分で自分に目をつぶるってことも大事。ごまかしたっていいのよ。
「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。

歌手としてデビューしたのに...
――所さん自身、シンガーソングライターとしてデビューしながら、タレントや司会業という別の領域でブレイクされた経験の持ち主です。
複雑な思いはなかったのでしょうか。

20代で歌手デビューして、30代ぐらいまでは「何で売れないんだよ」って思ってたよ。だってそっちを目指してたんだから。
最初のうちは逆ギレだよね。「どうせ聴かねえんだろ、お前ら!」って。
そこで音楽を辞めちゃって、司会業としてニコニコ暮らす方向にも行けたわけ。でも40年もやっていると楽しくなってきちゃって。
聴かれない歌をどんどんつくる、みたいな。おかげさまで60過ぎていまだに歌をつくってる。

どこかからか面白くなってくるのよ。
だからみんなも、途中で「俺には向いてない」とか「つまんない」とかジャッジしないで、やり始めたことはずっと続けた方がいい。人生は長いんだから。

役者さんで売れなくても、会社員になって全部辞めちゃうんじゃなくて、ちょっと匂いのするところにいる。
「もう辞めたよ」ってウソついて、内緒でやればいいと思うんだ。
c0219232_15280661.jpg


バッグに入ったスプーン。「誰かが『スプーンがあればなあ』って時に、『あるよ』って出したいの。
あとは消毒薬とか絆創膏とか。困った時にスーパーマンになれるじゃん」


〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕

ユーチューバー所

――父から娘への愛情を歌った『ご自由にどうぞ』をはじめ、隠れた名曲がいっぱいあります。
音楽評論家の萩原健太さんは、所さんのことを「日本で一番過小評価されているシンガーソングライター」と評していました。

それでいいの。過小評価に値するってところがすごく大事なんだな。

――YouTubeにもたくさん曲をアップしてますね。

ここ最近だけで20曲ぐらいあげてる。「またあがってる! この人、限界がないんだな」って呆れさせたいんだよ。広告も入れてないの。こんなんでお金もらうなんて、俺も良心があるからさ。YouTubeはゲーム。バカみたいに歌つくって、あげるのが面白くてしょうがない。

――なんでYouTubeでは「所ジョージ」ではなくて、「世田谷一郎」名義なんでしょう。
野球選手のイチローってスゴイじゃん。「一郎」にしておけば、釣られて来る人がいるんじゃないかなって。

――所さんの名前で出した方が確実に再生されると思いますが(笑)
その考え方がセコくて面白いなと思って。動画を見てても、自分で自分に笑っちゃうの。俺が一番見てる回数が多いと思うよ。
この曲なんて、800回再生のうち600回は俺が見てるね。

誰に手伝ってもらうわけでもなく、自分で作業して、リズムを変えたりして。
そんな自分が超カッコイイわけ。こんなんでレコード大賞取りたいんだよ。直木賞でもいいからさ。
大人数のオーケストラがいて、誰もが立派に見えるような曲で賞もらったって当たり前でしょ。自分だけのもので評価されたいっていうのがすごく強いよね。
芸能界は5合目まで

――便器のことを歌った『いいなり』とか、題名そのままの『カミさんがパチンコでとってきたアンパンマンの風呂桶セット』とか、普通だったら絶対歌にしないような素材を歌にしていますよね。

芸能界、歌謡界っていうでっかい山があって、そっちでは福山雅治が桜のことを歌ってる。
だけど、俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
梅干しなんかできちゃってさ。
『桜より梅を歌え』なんてすごく庶民的な、実質的な歌になってくわけよ。
そっちの方が面白いやって。
ちっちゃい山をつくりたいわけ。

c0219232_15282954.jpg

④『傘を買おう』世田谷一郎のYouTubeチャンネルより

――過去のインタビューでは「芸能界は敵」なんて過激発言もしています。
世間では所さんこそ芸能界のど真ん中だ、と思っている人も多い気がしますが。

芸能界はあっちの山。たまに行って、5合目ぐらいまでは登るのよ。
で、おみやげ売り場でおみやげ買って、リラックスして車で帰ってくるぐらいの感じ。
そこの高みは、さんちゃんに任せておけばいいの。

俺は山頂まで行かない。おみやげ物もあんまりないし、行くのはつらいから。
さんちゃんはルールが全部ある

――『明石家さんまさんに聞いてみないとネ』という曲もありますが、さんまさんとはどういう関係なんでしょう。
「騒がしく面白いことを言う人」ってみなさん思ってるでしょ?
さんちゃんが面白いのは、瞬発力がすごくあるの。
後輩の面倒見もすごく良くて、「お笑いとは」っていう考え方がしっかりしてる。そこを俺に言われると、照れるんじゃない、きっと。
そうやって照れちゃうところも好きだし。

あの人はルールが全部ある。
「こう言って、こう言ったら、こうなる」っていうキャッチボールのルール。
お笑いの本とか書くんだったら、そっちの方が正しい。

俺は物事が起きなきゃわからない、というところでやってるので、感覚は全然違うんですよ。ただ一緒にいると、瞬発力がすごいね。

――ご自宅にさんまさん用の部屋があるって本当ですか?
さんまさんがずっと独身だった時のために用意してあるっていう。
いまはもう、カミさんのミシン部屋にしちゃった(笑)
さんちゃんが年とって、一人で行くところがなくなったらここに住めばいいじゃない、っていう話をしていたんだけど、いまもハツラツとやってるからね。

〔お笑いビッグ3の個性〕
ビートたけし・明石家さんま・タモリ お笑いビッグ3の個性

――ビートたけしさんも世田谷ベースにはよく来られるとか。
来る、来る。北野さんは底抜けですごく面白いんですよ。

さんちゃんと北野さんの二人に言えるのは、どんな素材を渡しても大丈夫ってこと。木魚だろうが、釣鐘だろうが、すごい笑いをつくっちゃう。

死体を持っていっても笑いをとるよ。
「体温下がってまんな」とかなんとか言いそうじゃん。

かたやタモリさんは、自分のなかから出てくるもので上手いことやる感じ。
そこが二人とは違うね。
ゲストが出てきても丁寧じゃん。
暴言言ったり、つついたりしないでしょ。

c0219232_15285641.jpg

⑤「世田谷ベース」のガレージに飾られたビートたけしさんの写真

〔失敗も含めて人生でしょ〕
たけし編集長と雑誌づくり
――たけしさんが編集長、所さん副編集長で『FAMOSO』(2009年)という雑誌もつくっていましたね。
「フィクションスクープマガジン」と銘打って、「銀座名物、流しの立小便屋」とか「謎の巨人が本栖湖で入水自殺!」とか、メチャクチャやってる。

『FAMOSO』はね、もっと評価されたかった。

――Amazonのレビューも高評価でしたけど。
そんなんじゃダメよ。5千万部ぐらい売らないと。
国が買い上げてくれればなあ。

あの雑誌は、毎週土日にここ(世田谷ベース)に北野さんが来て、一緒につくってたわけ。
「こういうのやろうぜ」って世間話して、そこからつくり話を考えて。衣装を集めて、撮影して、写真をコラージュして...っていうのを繰り返すの。

人に頼むと思い通りのデザインにならないから、全部自分でやって。
3、4冊出したら、俺はもう限界だったね。
北野さんは「またやろうよ」なんて言ってるけど、いやいや。
アンタはいいけど、俺は大変なんだよって。

でもお陰様で、いまだに俺が一番楽しめるの。
こんなことやった、あんなことやったなあって。

湖に巨人のでっかい靴を置いてみたり、畑でモアイ像発見!みたいな写真を撮ったり。
朝方、犬の散歩してるおじさんに「ご苦労様です」なんて言われながらさ。
お地蔵さんに間違われて、モアイの前に果物置かれちゃったりして。
もう、おかしくて、おかしくて。
健康の前に健全を

――そういう大変さは苦にならないわけですね。
ならない。面白いもん。
早起きしたら早起きしたで、この空気感、小学校の夏休みのラジオ体操思い出すなあ、とかさ。すごく楽しいよ。

たとえばの話、体にいいって聞いたものを並んで手に入れたとする。
人より先に手に入れて、サプリメント飲みながら仕事する、みたいな。
でもそれって不健全じゃん。

「健康」より前に「健全」を考えないと。
トースターで焼いたパンをそのままかじって家を出るんじゃなくて、皿を置いて、紅茶を淹れて、バナナを添えて。
ゆっくりした雰囲気のなかで食べるってことが健全なの。
面倒くさいけど、皿を洗うとか、雑巾を絞るとか、そういう刺激が大事。
冷たい水は触らない、いいところだけを口に入れる、っていうのは健全でも健康でもないと俺は思うのね。
c0219232_15293694.jpg

会社を中継所に

――きちんと暮らす、日々を楽しむことが大切だと。
昨日と同じことの繰り返しはつまらない。
「何も起きなくて平凡だ」なんて言ってたらダメ。生きてる意味ないぜ。
昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。

充実っていうのは、何でもいいのよ。
「朝、クツをはいた時に指も使わずかかとがサッと入ったぜ」とか。
それだけで満足なんだ。前の日の俺、ちょうどいいところに脱げてたんだなって。

会社がつまらないと言うけど、実は自分がつまらないだけってこともある。
そんな時は、会社へ行くまでのアプローチを変えてみる。
最寄駅を使わないで、わざと遠回りしたりさ。

そうすると違う発見があるわけ。
「こんなところに素敵なお店があるんだ」とかね。
綺麗な女子との出会いもあるかもしれないし。

会社に面白みを求めずに、いっそ行き帰りを楽しんじゃう。
会社は休むところでいいんだよ。バカな発想だけど、会社を中継所感でやってるヤツはいつも笑顔でいられるじゃん。
「楽しそうだな、お前は」って上司にも引っ張られるよ。

――面倒なことや不便なことを愛する姿勢がありますね。
不便じゃないの。楽しいんだもん。
やっつけで進むと、やっつけで終わっちゃう。
余計なことに対してエネルギーを使う方が豊かになれる。
合理的になると全部つまんなくなっちゃうよね。

横断歩道を渡らずに、誰も使ってない歩道橋をダラダラ登る方が豊か。
山登りに行ってる場合じゃないよ。まず目の前の歩道橋を登ろうぜ。
カンペは見ない

――所さん流の仕事術についても教えてください。
収録現場でカンペを見ないというのは本当ですか。

カンペは見ないし、見ても自分の感情に全部置き換える。
初回は手探りだから作家の方の書いた順番でやるけど、2回目以降は時間の尺とかも自分でわかるじゃない。

感じたものを発表したいだけで、別に「読む係」じゃないから。
引き金はもらうけど、弾となって飛んでいくのは俺なんで。

いま『所さん お届けモノです!』(TBS系)っていう番組をやってるんだけど、もう楽しいですよ。
スタッフが全国のいろんなおみやげを探してきたり、メーカーの展示会を紹介したり。

日曜日の夕方5時からっていう時間帯もいい感じなの。
『笑点』に向けたならし運転みたいな。魅惑の時間帯だよね。
c0219232_15304957.jpg
⑦『所さん お届けモノです!』(TBS系)

〔手応えはいらない〕
――あえて有名観光地の隣町を紹介する企画とか、切り口が独特で愛があるなと。
面白いよね。有名観光地の隣は、置いてけぼり食らってあわててる感があって。一番人気の温泉地は連休も予約でいっぱいなのに、隣っていうだけでガラガラ。だったら、こっちに行ってみてもいいんじゃない?っていう。

その町の人は紹介してほしいし、褒めてほしい。
俺も乗ってあげたいところだけど、そこまで熱くならないようにはしてる。
消費者として見て、足りないところがあれば言うし。意外と厳しいですよ。

努力している人たちの熱量は褒めるけど、進化する余地がある場合には、「こうした方がいいんじゃない?」とハッキリ言うから。

――番組づくりのうえで、どんなところに気を配っていますか。
「お届けモノ」に限らず、レギュラーの人でも、ゲストの人でも、仕事の手応えみたいなものを感じないで帰ってほしいのね。
「え、こんなんでいいの?」ぐらいで。

「笑ってください」「この情報に驚いてください」っていう感じが画面から伝わってくると、俺は茶の間の人として、うるせえなって思っちゃう。
だから手応えないぐらいがいいの。

編集の仕方でいうと、お客さんが笑ったところだけ流すと、ヤラセの笑いにみたいにしか聞こえなくなるんだよ。
本当はつまんないところも含めてプロセスがあるのにさ。

恋愛だってそうじゃん。
いろんなプロセスがあってカップルになるわけでしょ。
そこをカットして、「なんだかんだうまくいきました」じゃ、おとぎ話にもならないもん。

失敗も含めて人生でしょ


〔60歳を過ぎたら辞める〕
60になったら70で辞めよう、70になったら80で、
――何年か前に60歳を過ぎたら辞める、辞めないみたいな話がありましたけど、いまはまったく引退は考えていないんですよね?

そうだね。50代には思うんだよ。60になったら辞めようって。
で、60になったら70で辞めよう、70になったら80で、80になったら90で...ってやってくと、死ぬな、もうそろそろ。そういうことだよ(笑)

振り返ると、10代で青春だなんだ言ってたあのころから何ら変わらない。
何にも進歩してない。俺のやってることなんて、失敗って言えば全部失敗だし、成功って言ったら全部成功だもん。
自分が成功だと思えば、全部成功だよね。

まとめると、リセットしないってことじゃないですか。
紙を丸めて、クシャクシャ、ポイって捨てないってこと。
失敗も含めて人生でしょ。

「いい文章」だけの人生を送りたくて、みんなクシャクシャ捨てちゃう。
でもそしたら、捨てたことをずっと内緒にして死んでいかなきゃいけないじゃん。

見切らずに続けないと、意味は出てこない。
「意味がないからやらない」じゃなくて、「やらないから意味がない」ってことなんだよね。
c0219232_15312119.jpg

⑧〈所ジョージ〉 シンガーソングライター、タレント
1955年、埼玉県生まれ。1977年に『ギャンブル狂騒曲/組曲 冬の情景』でデビュー。最新作は『Bappan』。
『所さんお届けモノです!』をはじめ、テレビのレギュラー番組は多数。
雑誌『所ジョージの世田谷ベース』も刊行中。
著書に『所ジョージの私ならこうします―世直し改造計画』など。

【平蔵の独り言】
〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
そもそも人に何かを教えようとか、それは違うよって否定するつもりがないの。ある人が困っていたとするじゃん。
困っているのもその人の人生だから。
そこでいいアドバイスをしちゃうと、人生の邪魔してるような感じもするのね。

――たとえ的確なアドバイスだとしても。
そう。アドバイスでその人が解放されたとして、そんな簡単に解放されちゃうと人はつまんないから。自分で考えるのが一番楽しいわけで。

人の話を聞いて、「こうするといいよ」って段取り通りにいくと、あんまり手応えを感じない。
何も聞いてないのに、そこまでいけた自分の方が立派でしょ。
その方が感動できるよ。

【独り言】
講習をする立場になった時、最後の〆の言葉に「もし、この講習が役立つことがあったら、1つでも思い出して下さい。
1対1で教える立場の時、考えないで直ぐ聞いてきた人に「やってみてください!」
車の運転で助手席に乗ってナビゲーターになった時、「最初に運転ルートを教える。
大きく間違えの時は指摘する。“ハイそこを右、あの建物を左”とナビゲートしない!(何も覚えていないから、次の時一人で目的地まで着けない)

いいアドバイスは自己満足にしか、ならないと思う。

【平蔵の独り言】〔失敗も含めて人生でしょ〕
――きちんと暮らす、日々を楽しむことが大切だと。
昨日と同じことの繰り返しはつまらない。
「何も起きなくて平凡だ」なんて言ってたらダメ。生きてる意味ないぜ。
昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。

充実っていうのは、何でもいいのよ。
「朝、クツをはいた時に指も使わずかかとがサッと入ったぜ」とか。
それだけで満足なんだ。前の日の俺、ちょうどいいところに脱げてたんだなって。
【独り言】
突然、救急→入院生活“体に何が起きてる?”
入院生活を継承して、22時消灯7時起床、いままで50年以上の仕事中心から
考えられない生活のリズムに変わって、“へぇ~”

【平蔵の独り言】〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕
【独り言】
“還暦”気が付いたら、今、“古稀”
“還暦”60代はアッという間に駆け抜けていた。
“古稀”これが古稀か、
腰・膝の不調、突然血圧が100以下・脈拍100以上
「消火管出血」→貧血で完治まで3ヶ月
ヒザが痛くなったら、その弱ったヒザで何ができるか
今を満喫するために努力することなんですね!

70で辞めようというより、賑やかなこの一ヶ月だった!

所ジョージの生き方にすごく納得・・・・・・・・・・



[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-07-25 16:09 | 今 今日この頃 | Comments(0)

〔五木寛之〕〔回想〕<青春>青春記憶の門の鍵「思い出」は大事な資産   

2018年 07月 12日

〔五木寛之〕〔回想〕<青春>青春記憶の門の鍵「思い出」は大事な資産

■五木寛之さんと「回想」(無限の自身の思い出をかみしめる大事な幸せな時間)

〔五木寛之〕■五木寛之さんと「回想」
〔回想で気持ちが穏やか〕

・気持ちが穏やかになり、記憶の保持、睡眠や栄養、血圧を安定させ、ひいては免疫力の向上にもつながると考えられます。

思い出の抽斗(ひきだし)は色々な場所を繰り返し開けるうちに、やがて自然と湧きだしてきて
c0219232_14090708.jpg


〔五木寛之〕■五木寛之さんと「回想」
無限の回想の広野に身をひたすのは大事な時間です。
自身で思い出をかみしめるだけでも幸せな時間がもてるからです。

思い出の抽斗(ひきだし)は色々な場所を繰り返し開けるうちに、やがて自然と湧きだしてきて、逆に放っておくと錆び付いてしまいかねません。

回想を後ろ向き、退嬰的と批判する人もいます。
過去を振り返ると、時代の変化がよくわかり
話す側も色々内容を変えるなど聞いている人を飽きさせない、
喜んで聞いてもらうための工夫も大切。

聞く方のマナーも(聞き上手)

明日がわからない時代だからこそ、みんな昔のことを考えるのではないか。
大きな目で見ると、歴史も回想の一つ、
今は専門家の予測がことごとく外れ、先が読めない時代には過去の経験則を振り返ることで予測が立つこともあります。

〔回想で気持ちが穏やか〕
「私が若い頃には…」と語る回想法は記憶として必ず残っています。

その記憶を刺激する回想法を行うと、
・気持ちが穏やかになり、記憶の保持、睡眠や栄養、血圧を安定させ、ひいては免疫力の向上にもつながると考えられます。


〔青春 記憶の門と鍵!(五木寛之)〕読売新聞2018/6/4(月)

c0219232_14123042.jpg


【平蔵の独り言】
■五木寛之さんと「回想」(無限の自身の思い出をかみしめる大事な幸せな時間) <青春>青春記憶の門の鍵「思い出」は大事な資産

思い出の抽斗(ひきだし)は色々な場所を繰り返し開けるうちに、やがて自然と湧きだしてきて

【独り言】「回想」思い出の抽斗(ひきだし)
「回想」という言葉と共に歩いている。
ロシア・ワールドカップ(W杯)久しぶりに心が躍っている!
2002年日韓共催W杯 決勝:ドイツVSブラジル(横浜国際)
負けたドイツ キーパー“カーン”が呆然とゴールポストにへたり込んでいた。

予選:決勝のようなカード イングランドvsアルゼンチン(札幌)
ベッカムがいた!
イングランドサポーター:背の高い50代?、イングランドのカードと
JRのフリー切符をもって、イングランドのカードを追いかけていた。
“さすが、サッカーの歴史のある国、サポーターも高齢”
地下鉄を降りて、大通り公園に繰り出して行った。
c0219232_14195628.jpg

【今日の独り言】
先週退院した。
突然、血圧100以下、脈拍100超え、立ちくらみ  救急搬送
”消化管出血”(貧血 Hbが正常値の半分)治療中 後日談へ



[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-07-12 14:31 | 今 今日この頃 | Comments(0)

「否定の壁」に立ち向かった(登山家の栗城史多(のぶかず)) 死を意識することで、生きているんだっていう感覚をもつことができる。生きている間に何できる。   

2018年 06月 09日
「否定の壁」に立ち向かった(登山家の栗城史多(のぶかず)) 死を意識することで、生きているんだっていう感覚をもつことができる。また自分の死を思うことで、生きている間に何ができるのか?と、問うことができる。

〔栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…〕

【野口健の直球&曲球】産経ニュース 2018.6.7


「否定の壁」に立ち向かった(登山家の栗城史多(のぶかず)) 死を意識することで、生きているんだっていう感覚をもつことができる。また自分の死を思うことで、生きている間に何ができるのか?と、問うことができる。


c0219232_15275527.jpg


エベレストで標高7400㍍付近から下山途中に滑落し、帰らぬ人になった。
「エベレストは生死を意識する山。死は、悲しいことではありますが、死を意識することで、生きているんだっていう感覚をもつことができる。また自分の死を思うことで、生きている間に何ができるのか?と、問うことができる。
安全ばかりを意識していると、逆に生きる力が失われてしまうと思います」

(登山家・栗城史多さんのメッセージ)

〔栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…〕
【野口健の直球&曲球】 2018.6.7


c0219232_15295075.jpg

登山家の栗城史多さん(大山実撮影)
 また1人、仲間が山で逝(い)ってしまった。
ヒマラヤから帰国したその日に栗城史多(くりき・のぶかず)さんの訃報(5月21日、35歳で死去)が報じられた。
エベレストを単独無酸素で挑戦中の遭難だった。

 4月下旬、ベースキャンプ手前の氷河の中で栗城さんとすれ違った。
その日はうっすらと粉雪が降り、霧に覆われるモレーン(氷堆石)の彼方(かなた)から影が現れた。
栗城さんだった。

その日の栗城さんは、とても小さく見えた。
「健さん、元気そうですね」と小さな声が聞こえた。
言葉の代わりに息遣いによる会話が続く。
手を握り「無事に降りてきてね」に「うんうん」と小さくうなずいていた。

 別れ際、遠ざかっていく栗城さんの後ろ姿をカメラに収めようと構えたが、シャッターを押せなかった。
その行為自体に意味をもってしまうことが怖かったのだ。
「いつも通り戻ってくるさ」とつぶやいてみたが、その言葉が霧とともにモレーンの彼方に消えていくようでむなしかった。
 彼が20代前半の頃「僕も7大陸最高峰を登ります。単独、無酸素でエベレストに登ります」と声をかけてくれたのが初対面。
c0219232_15310710.jpg


多くの学生が同じようにやってきたが、大半は「やってみたい」と言うだけ。
「やってみたい」と「やります」では、まるで違う。
彼は、はにかみながらも「やります」と宣言した。


自ら厳しい条件をつけ、エベレストに挑み続けるが、敗退を繰り返す。
凍傷により手の指を9本切断。

それでも挑戦を続ける彼に「単独か無酸素か、どちらかを捨てるべきだ。
捨てることによってつかめるものもある。
このままでは登れないどころか命を落とす」と話した。

彼はいつも小さくうなずくだけで、翌年には同じスタイルでエベレストに向かった。
世間に大きく注目され、引くに引けない状況まで追い込まれていたのかもしれない。登山家は、無事に登り、生きて帰ってくるためには自分を客観しなければいけない。心の弱さが招いてしまった遭難だろうとも感じる。
登山スタイルを変えても栗城さんの魅力がうせることはなかったはず。
人生、1つぐらい諦めてもよかったのに、と。
                  ◇
【プロフィル】野口健(のぐち・けん) アルピニスト。1973年、米ボストン生まれ。亜細亜大卒。25歳で7大陸最高峰最年少登頂の世界記録を達成(当時)。エベレスト・富士山の清掃登山、地球温暖化問題、戦没者遺骨収集など、幅広いジャンルで活躍。新刊は『震災が起きた後で死なないために』(PHP新書)。

【平蔵の独り言】
登山家・栗城史多さん 凍傷により手の指を9本切断
NHK何かの放送で手の指を9本切断の登山家の記憶だけが
残っていた。
【独り言】
死を意識することで、生きているんだっていう感覚をもつことができる。
また自分の死を思うことで、生きている間に何ができるのか?と、問うことができる。

古稀もあっという間に半年が過ぎ、出来なくなる事が増えて
「これもできない!」

“生きているんだっていう感覚、生きている間に何ができるのか?”

野口健さんの「人生、1つぐらい諦めてもよかったのに、と」

今、1つじゃなくて、できないことこれから増えて行く!
できないことは“できない”と諦めて、ですね・・・・・・


[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-06-09 15:22 | 今 今日この頃 | Comments(0)

〔江夏の21球〕衣笠祥雄さんなくして「江夏の21球」はあり得なかった。「お前が辞めるなら、オレも一緒に辞めてやる」(西本幸雄と江夏の21球。~悲運の名将を偲んで~)   

2018年 05月 10日
〔江夏の21球〕衣笠祥雄さんなくして「江夏の21球」はあり得なかった。「お前が辞めるなら、オレも一緒に辞めてやる」(西本幸雄と江夏の21球。~悲運の名将を偲んで~)

「江夏の21球」衣笠さんの言葉で難逃れ名場面生む
日刊スポーツ 4/25(水) 7:58配信

c0219232_15110524.jpg

①79年11月、日本シリーズ近鉄戦の9回裏1死満塁、石渡のスクイズを外し、三塁走者藤瀬を三本間で挟殺しピンチを脱した江夏(右)と衣笠さん
 プロ野球広島の内野手で、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が、23日夜に上行結腸がんのため東京都内で死去したことが24日、分かった。71歳だった。

c0219232_15123238.jpg

②1987年6月13日、世界記録となる2131試合連続出場を達成し、花輪を手に観客の祝福に応える衣笠祥雄さん

〔「お前が辞めるなら、オレも一緒に辞めてやる」。〕
 78年に広島に移籍し、衣笠氏との親交が始まった。「それまではライバルだったから。こんなバッターに打たれるか! と思ってた。同じ関西出身でライバル意識もあったしね。でも、なぜか最初からウマが合ったというか。あの頃のカープは個性派が多かった。そういう意味ではやりやすかった。でもこんなに早く逝くとは…」。

 2人の関係を代表するのが、語り草になっている「江夏の21球」だ。広島が初の日本一に輝いた79年、近鉄との日本シリーズ第7戦。
広島1点リードの9回裏、クローザーだった江夏氏は無死満塁の危機を迎えた。
広島ベンチは延長に備え、ブルペンに投手に準備をさせた。
これを見た江夏氏が「この野郎! 何でオレの後に投手をつくるんだ!」と冷静さを失った。
ここでマウンドに歩み寄ったのが一塁を守っていた衣笠氏だった。

c0219232_15141540.jpg

③衣笠氏が一塁から歩み寄った
 1点リードの9回無死満塁。
ベンチがリリーフの準備を始めたことに心をかき乱されていたが、その心情を察した衣笠氏が一塁から歩み寄った。
「お前が辞めるなら、オレも一緒に辞めてやる」。
一緒にユニホームを脱ぐほどの覚悟を示す熱い言葉に、集中力を取り戻したという。
 今でも孤高の左腕が「3日に一度は話しする」ほど心を許す数少ない親友。
思い出されるのは、衣笠氏の強さ、不器用さ、優しさだ。
「ブキッチョな男だから。あのスイングを見たら分かると思うけど、常にフルスイング。野球に対してフルスイング。骨折していても、3つ振って帰って来る男だから。あの姿がアイツの野球人生を物語っているよね」と涙ぐんだ。
 衣笠氏がテレビ中継で解説した19日のDeNA・巨人戦(横浜)もチェックし、翌日すぐに電話をかけた。
「声も出ていないんだから。1、2年たっても(世間から)絶対忘れられないんだから無理するなよって…」。
松山の試合の雨天中止が決まると、東京へ。夜8時過ぎ、都内の通夜会場で亡き友と悲しみの再会となった。(島尾 浩一郎)

 ◆江夏の21球 1979年11月4日の日本シリーズ第7戦の近鉄・広島戦(大阪)。
4―3と1点リードの広島は9回裏、守護神・江夏が安打と2四球で無死満塁のピンチを迎える。
代打・佐々木から三振を奪った後、石渡のスクイズをバッテリーが外して三塁走者がタッチアウト。
2死二、三塁となって、最後は石渡を空振り三振に抑えた。
絶体絶命のピンチをしのいで広島に初の日本一をもたらし、球史に残る21球の力投と言われる。

 「お前がやめるならオレもやめてやる」。
そう声をかけられた江夏氏は「生え抜きのサチが…」と感激。これで落ち着きを取り戻し、カーブの握りのままスクイズを外す投球を見せ、名場面を生んだ。
「あの苦しい場面で自分の気持ちを理解してくれるやつが1人いたんだということがうれしかった。あいつがいてくれたおかげで難を逃れた」。のちにそう話している。

 ため息を繰り返した江夏氏は自身に納得させるように「いいヤツを友人に持った。
俺の宝物だ。ワシもすぐ追いかけるんだから。次の世界でまた一緒に野球談議をするよ。それが楽しみだ」と話していた。【高原寿夫】

2018年4月25日6時0分 スポーツ報知

c0219232_15162708.jpg

④1979年11月4日、日本シリーズ第7戦で近鉄を破り、日本一を決め喜ぶ衣笠さん(左)、江夏(右から2人目)ら広島ナイン

伝説の「江夏の21球」は衣笠氏の一言から 怒りの江夏に「俺も一緒に辞めてやる」

また一人…“鉄の意志”を貫いた男が逝く…。
 2215試合連続出場というまぶしいほどに野球を愛した衣笠祥雄さんが旅立ってしまった。
 この日、テレビ解説のために空路、松山空港に降り立った江夏豊氏は親友の訃報に接して…すぐ東京にUターンしたそうである。

c0219232_15165715.jpg

⑤1979年、伝説の「江夏の21球」。江夏(左)の粘投の裏には衣笠氏の優しさがあった
 衣笠祥雄といえば、どうしても『江夏の21球』のプロ野球日本シリーズに残る不滅の名シーンが忘れられない。
 1979(昭和54)年11月4日、大阪球場。
『広島-近鉄』のシリーズは最終戦を迎えた。
筆者はこのシリーズは『近鉄監督西本幸雄』の日本一への戦いを追っていた。
4-3と広島が1点リードして最終回…江夏が大ピンチに立つ。
無死満塁とアノ豪気の江夏が追い詰められた。
 この時、筆者は大阪球場記者席のバッテリーの真後ろ、記者席の最前列に黒江透修氏(当時巨人)と並んで至近距離からその21球の人間ドラマをみつめることになった。

 江夏が、猛牛打線の前に「無死満塁」という状況に追い詰められた。なにしろ当時は一世を風靡した“西本打法”の西本監督が手塩にかけた打者たちがグルリと江夏を取り囲み、絶体絶命なのだ。
しかも打席には強打者佐々木恭介が立つ。
 と、この時、広島ベンチ古葉監督は北別府と池谷の2枚看板をブルペンに走らせた。
いうならば“次善の策”で当然の準備なのだが、みるみるマウンドの江夏豊の顔が明らかに“怒気”を含んで自軍のベンチ(三塁側)の監督古葉をニラミつけている。
そんなに俺が信用できんのかッ…。
 無死満塁にしてしまったのは江夏なのだ。
 しかし…赤ヘルのリーグ優勝をもたらしたのも江夏豊なのだ。
そのリーグV決定の試合を広島市民球場の放送席で解説していた阪神元監督村山実はハラハラと落涙する。
「俺は江夏を優勝させてやれなかった…」と。
 だが…最終戦の最終回の江夏の怒りは尋常ではなかった。
と、そこにスッと一塁手の衣笠祥雄が江夏に近づいてきて、ゾクリとこう言った。
 「おい、ベンチをみるな!(おまえが野球を)辞めるなら、俺も一緒に辞めてやる…」
 このひと言で江夏はハッとわれにかえった。
いまやるべきことは“何か”を悟った。その言葉に救われた。
 そして球史に残る『江夏の21球』は広島に日本一をもたらした。
 気がつくといつの間にか大阪球場に降り注ぐ“秋雨”は悲運の将・西本幸雄の肩を情け容赦なく濡らしていた…。
c0219232_15175852.jpg

⑥ もちろんルーゲーリッグ(ヤンキース)の世界記録を更新する連続出場達成への数々の金字塔と努力と汗…何よりも人間くさく挑み続けた結果、衣笠祥雄は「国民栄誉賞」にも輝いた…。
 数々の栄光…だけど、筆者は39年前のヤケドしそうな場面で衣笠祥雄が江夏豊にかけたその言葉の奥に、彼の持つ“やさしさと温かさ”、何よりも「人の心がわかる…」という、それでいて71年間、彼が背負ってきた彼自身の有為転変の痛みをも感じて…ただ感謝するのみである。

【江夏の21球!伝説的に語り継がれるピッチングは何がすごい?】
•2015.08.21

c0219232_15191427.jpg

⑦『江夏の21球』
キャッチフレーズから興味をそそられるこの言葉を聞いた事があるでしょうか?
プロ野球ファンの間では有名なエピソードですが、そこまで耳にする話ではありません。
知らない人も多いと思うので簡単に解説したいと思います。
〔江夏の21球〕
エピソードの主役はタイトルの通り広島東洋カープ『江夏豊』
主に阪神で長く活躍した選手でカープ在籍期間は3シーズンです。
しかし、赤ヘル黄金時代に欠かせない活躍を披露し『優勝請負人』と呼ばれカープの優勝にも大きく貢献しています。
エピソードの舞台は1979年の近鉄バファローズとの日本シリーズ最終戦。
勝った方が日本一の大一番は4対3でカープがリードする展開でした。
7回途中からリリーフで登板した江夏豊は7回と8回を無失点で抑え1点リードのまま9回のマウンドに上がります。
ここからが『江夏の21球』と呼ばれる投球内容です!
9回。先頭打者にヒットを許した江夏。
代走者にすかさず盗塁を決められ・・その後も塁を埋めてしまいノーアウト満塁のピンチを背負ってしまいます。
しかし、ここから圧巻のピッチングと投球術を披露します。
代打の佐々木恭介と相対し、カウント2-2からカーブで三振に打ち取り難なく1アウト。
ピンチは続き1アウト満塁。
打者、石渡茂に対し2球目(9回19球目)に近鉄が勝負に出ます。
同点にするべくスクイズを仕掛けてきたのでした。
この時、目の端でランナーが走ったことに気付いた江夏はカーブの握りを抜き、スクイズを外します。
3塁走者をタッチアウトし日本一まであと一人としました。
2アウト2,3塁。
スクイズを失敗した打者はもちろん打ってきます!
20球目をファウルされますが21球目のカーブで空振り三振でゲームセット。
見事に初の日本一に輝きます。
9回に投じられた21球が『江夏の21球』と言われています。
9回ノーアウト満塁から抑えただけでもすごいですが、『江夏の21球』は日本シリーズ最終戦でカープ初の日本一がかかった場面でのスクイズ外し、というドラマティックな展開で現在まで語り継がれています。
スクイズを外した場面はいろいろな意見もあるみたいです。
江夏はとっさに外したと言い。
古葉監督は練習していたと言い。
カーブの握りで外すのは不可能で、すっぽ抜けただけだという意見もあるみたいです。
あの場面で外すことができるのは一流の証ですかね?
実際に『江夏の21球』の何がすごいのか分からない人も多いらしいです。
あなたはどう思いましたか?
こういう意見が出てくることがすでに伝説なのかもしれません。


【西本幸雄と江夏の21球。~悲運の名将を偲んで~ 】

Sports Graphic Number 2011/12/09 06:00
c0219232_15205367.jpg

⑧1979年11月4日の日本シリーズ第7戦、広島vs.近鉄。
今もなお語り継がれる伝説の名勝負の最中、闘将と呼ばれた男の脳裏には、20年近くも前のある出来事の記憶が蘇っていた。
弱小チームを類まれな指導力で鍛え上げ、8度のリーグ優勝を果たしながら、ついに頂点へ到達できなかった指揮官の知られざる実像に迫る。

――2011年11月25日、“悲運の名将”と言われたひとりの野球人が不帰の客となった。西本幸雄、享年91歳。その通夜は、山田久志、福本豊、梨田昌孝ら教え子で、名選手や名指導者となった数多くの野球人たちが見送る盛大なものとなった。

2005年5月、創刊25周年記念となるナンバー626号で発表された傑作長編『西本幸雄と江夏の21球』を、故人を偲び、ここに再び掲載する。
「あの時、スクイズのサインを出したことに後悔はないよ」
 近鉄バファローズの監督だった西本幸雄は、85歳となった今、そう考えている。

c0219232_15212638.jpg

⑨2001年の日本シリーズ。ヤクルトスワローズvs.近鉄バファローズの試合で始球式にのぞんだ81歳の西本氏
 もちろん、後悔しても、過去の歴史を取り戻すことはできない。
野球は、グラウンドで行われたプレーだけが、歴史的事実として記録されるスポーツである。
むしろ、四半世紀の歳月を経て、すでにユニフォームを脱いでしまった現在、どんな過去も穏やかに振り返ることができるということかもしれない。
「ただ、スクイズという戦法が、ウチの打ちまくる野球と違っていたのは確かやな」
 西本は、そうも言った。
「パ・リーグのお荷物」とバカにされ続けた弱小チームを、6年かけてリーグ一の打撃のチームに育てあげたという自負が、西本にはあった。
頭の中では「ストライクは、三つともバットを振れ」と思っている。
「外野フライで同点や」。そうも思っている。
 しかし、次の瞬間、西本の左手が動く。
当時、サインはベンチから三塁コーチャーを経て選手に伝えられた。
西本の利き手である左手が、右肩に触る。
それが、1979年の日本シリーズの命運を決するスクイズのサインであった。
1979年、広島vs.近鉄の日本シリーズ最終戦。『江夏の21球』の舞台。
 '79年の広島―近鉄の日本シリーズは、3勝3敗で最終戦までもつれこんでいた。第7戦の舞台は、大阪球場である。
スコアは3-4。わずか1点を追って近鉄の最後の攻撃が始まっている。
 時折、冷たい雨が落ちてくる。
試合開始から、すでに3時間半近くが経過していた。
11月4日の午後4時半ともなれば、雨が濡らす黒土のグラウンドは冷え込んだ。西本は背番号「68」のユニフォームの下にウインドブレーカーを着込んで、一塁側のベンチ中央に座っていた。当時59歳である。
c0219232_15215551.jpg

⑩1967年に阪急ブレーブスを率いてチーム初のリーグ優勝を果たす(当時47歳)。その後、7年間で5度のリーグ優勝を記録した
 右のバッターボックスに、石渡茂が入った。
 ワンアウトながら、ベースは全て埋まっている。
三塁ランナーの藤瀬史朗がホームへ帰ってくれば同点。
二塁にいる吹石徳一まで生還すれば、「サヨナラ日本一」という劇的な幕切れになる。
石渡の一振りで、西本を日本一の監督にすることもできた。
「バッターボックスに入る前、監督に『サインをよう見とけ』と言われたんです。だから、スクイズのサインが出るかもしれないと思いました。
でも、僕は打ってやろうと思っていたんです。
スクイズのサインが出るまではストレート狙いで、『初球から行くぜ』と思っていました」
 石渡は、そう振り返った。
 マウンド上には、広島のリリーフエース江夏豊がいた。
「南海時代の江夏さんとは、何度も対戦していました。当時は変化球が多くて、ストレートは速くないという印象だったんです。ところが、この日本シリーズでは、球が速くなってストレートが増えていた。そのストレートを狙ってやろうと思ったんです」
 江夏のセットポジションは、突き出たお腹の上にボールがセットされる。
そのお腹をどっこらしょと持ち上げて投げ込んだのは、インコース高めのカーブだった。
石渡は、わずかにしゃがむようにしながら見送った。
「僕は、ストレートにヤマを張って、そこへ変化球が来ると対応できるタイプじゃなかった。カーブだか、フォークだかが来たので、見送るしかなかったんです」
 アンパイアの右手が、さっと上がった。
全国でスコアを記入しながら観戦している野球ファンが、ストライクを示す「○」を一つ記入する。
誰もがフッと息をつくような場面だが、その「○」が記されるわずかな間にピッチャーと監督の胸の内は急展開を見せていた。
江夏はスクイズを予感し、西本はスクイズしかないと確信した。
 マウンド上の江夏は、石渡が打ち気なく見送ったことで、初球はウェイティングのサインが出ていたに違いないと誤解した。そして、2球目に仕掛けてくるはず、それはスクイズしかありえないと考えた。
 さらに、石渡の打ち気のない見送り方は、西本の思いも急変させる。
西本は、とっさに「石渡では、江夏を打てないのではないか」と思った。
これも、西本の誤解だったかもしれない。
しかし、ストライクをあっさりと見送った石渡を見て、西本はスクイズしかないと思う。
「石渡の前に、ノーアウト満塁で佐々木(恭介)を代打に送ったけど三振やった。それも大きかったよ。江夏と石渡。
この二人を考えたら、ピッチャーの方が上かもしれん。
それなら、バットを振るより、待って当てる方がバットに当たる確率が高いと考えたわけや」

「打ち勝つ野球」より「確率の野球」にかけた西本。
 大詰めの段階で「打ち勝つ野球」より「確率の野球」を選択する。
 そして、西本は、三塁コーチャーの仰木彬へスクイズのサインを送った。
当時、二人の間のサインは、1、4、7回は右手が左腕に触った時、2、5、8回は左手で顔や胸やお腹を触った時、そして、3、6、9回は左手が右腕に触った時が本当のサインと決められていた。
さらに、両脚が閉じているか、開いているかでもサインは変わったし、「取り消し」のサインなども加えて相手から盗まれないよう巧妙にカムフラージュしてあった。
 この場面では、西本の左手が右肩に触れた。
「9回」なので左の手で右腕に触る。
その右腕の中でも右肩に触れたことが「スクイズ」を示していた。
スクイズのサインは、三塁コーチャーを経由して選手に伝えられる。
 石渡は、三塁コーチャーズボックスの仰木を見た。
「『出たな』と思いました。意外に冷静でしたよ。相手に悟られないように、そんなに早くバットを出さないで確実に当てる。三塁ランナーは足の速い藤瀬だから、しっかり転がせば同点になると、段取りを頭の中でイメージしていました」

 江夏は、スクイズがあるかもしれないと思いながら第2球のモーションを起こす。三塁ランナーがスタートを切り、バッターがスクイズの構えに入った。
ランナーの藤瀬が挟殺プレーでアウトになり近鉄の敗戦が濃厚に。
 勝ったのは、江夏だった。
 三塁ランナーのスタートが、わずかに早かった。
キャッチャーの水沼四郎が立ち上がる。江夏は、とっさの判断でアウトコース高めに外した。
握りはカーブだった。ボールは微妙に変化し、突き出した石渡のバットはむなしく空を切った。

「あのボールは、江夏さんが本当に外したんですか? 外そうと思ったらカーブなんて投げます? 僕は、今でも単なるカーブのスッポ抜けと思ってます。そして、決してバットの届かないボールじゃなかった。それなのに伸び上がるようにしてバットを出してしまった。いわゆる迎えに行っちゃった。その辺は、僕の方が冷静でなかったんです」
 石渡が「シマッタ」と思った時、三塁ランナーの藤瀬はホームベースの手前まで走り込んでいる。挟殺プレーでタッチアウト、ツーアウトとなった。この瞬間に、近鉄の敗戦が決まったようなものだった。

「もう頭が真っ白でしたよ。気持ちをとり直そうと思っても、なかなか……。まだ試合は終わってないので『打ってやろう』とは思うんですけど、ツーストライクと追い込まれたから、どんなボールでも打たなきゃいけないじゃないですか。その時点で負けですよ」
 グラウンドでは、とりあえず野球のルールに則って、ツーアウトでランナー二、三塁、石渡のボールカウント、ツーナッシングからプレーが再開される。
 近鉄ベンチの西本の顔は、青ざめている。
しかし、江夏の顔つきには、何の変化もなかった。
セットポジションから江夏が投げた3球目は、インサイド低めのストレートだった。石渡が、辛うじてバットに当ててファウル。
早いテンポで、江夏が4球目を投げる。
インサイド低め、打者のヒザ元に沈むカーブだった。
石渡のバットが空を切り、鋭く曲がり落ちたボールがキャッチャーミットに吸い込まれた。
 西本が、ベンチに座ったままうなだれている。
マウンド上では天に向かって、江夏が両腕を突き上げていた。
西本の脳裏によぎったのは、1960年の日本シリーズの出来事だった。
 このシーンは、今でも語り継がれる日本シリーズの名場面である。
また、山際淳司さんが、「ナンバー」の創刊号を飾った名作『江夏の21球』で、選手たちの心理状態を生々しく描いたことでも広く知られている。
その息詰まる攻防の中、近鉄ベンチの西本の脳裏には、かつての苦い体験が鮮明によみがえっていた。
「石渡にスクイズさせようかと思った時や。1秒もない、わずかな間のことやった」
 西本は、そう言った。
 鮮明によみがえったのは、そこから時をさかのぼること19年、'60年の日本シリーズでの出来事だった。
当時、40歳の1年生監督だった西本は、やはり、ワンアウト満塁でスクイズという作戦を失敗していた。
20年近い歳月を経て、石渡にスクイズのサインを出す直前にそのシーンがフラッシュバックしたというのだ。
スクイズが失敗し、大毎オリオンズの監督は解任された。
 '60年の日本シリーズは、西本が率いる大毎オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)と大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)との間で争われた。川崎球場での第2戦、スコアは2-3だった。1点を追う大毎は、8回表、ワンアウト満塁と一打逆転のチャンスをつかむ。そこで右バッターボックスに入ったのが、5番に起用されていた谷本稔である。マウンドにいたのは、2戦連続の登板となる大洋のエース秋山登だった。
 第1球は、一塁寄りネット裏へのファウルボールになった。
ヒッティングである。
しかし、次の2球目、西本は作戦を急きょスクイズへと変更する。
「僕は、バットには確実に当てたんよ」とバッターの谷本は振り返る。
「『上手くいった』と思ったよ。
ところが、ピッチャーの秋山がサイドスローで、ボールが浮き上がってきたからなのか、バントしたボールにバックスピンがかかっていた。
それで地面に落ちた後、ボールが戻ってきたんよ。
一塁へ走り出して、もう1歩目か2歩目にはホームの方へ戻ってくるのが見えたから」
 そのボールをキャッチャーの土井淳がつかんでホームを踏み、一塁へ転送。ワンアウト満塁という絶好のチャンスは、一瞬にしてついえてしまった。
試合は、そのまま大きな動きもなく終わり、初戦に続いて大毎は連敗する。
「この谷本のスクイズ失敗っちゅうのは、どこの監督しとっても、オレの頭の芯にこびりついとるね」
 西本の告白である。
「だって、スクイズ失敗して、それからオーナーと喧嘩やもん。で、監督をクビやろ。オレの野球人生の中でも大事件やぞ」

【平蔵の独り言】
衣笠祥雄さんなくして「江夏の21球」はあり得なかった。
「お前が辞めるなら、オレも一緒に辞めてやる」
(西本幸雄と江夏の21球。~悲運の名将を偲んで~)

衣笠祥雄さんと「江夏の21球」

というよりは近鉄バファローズ ファンとして小学校4年からパ弱小球団のドラマ見て、唯一日本一になるチャンスだった西本監督、バファローズと「江夏の21球」スクイズは外されたことは忘れる事ができない!

【独り言】
星野仙一で昭和49年の長嶋引退試合
そして今度は衣笠祥雄で「江夏の21球」

西本幸雄さん、三塁コーチは仰木彬さん

いい時代だった!


[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-05-10 14:59 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

〔小林昭子(83)徹子の部屋〕「きょうよう」(教養)と「きょういく」(教育)が歳をとったら必要だ。   

2018年 04月 18日
〔小林昭子(83)徹子の部屋〕「きょうよう」(教養)と「きょういく」(教育)が歳をとったら必要だ。


c0219232_16120749.jpg

①徹子の部屋 美容研究家・小林照子(83歳)「教養と教育」(きょう 用がある。きょう 行くところがある。) 2018/3/28

〔教養〕と〔教育〕歳を取ったら必要だ!
〔教養〕今日 用がある
〔教育〕今日 行くところがある


【『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』 『頭の体操』心理学者の多湖輝(著)】
【朝日新聞「天声人語」  2013年7月14日(日)】
〔多湖輝さんがNHKラジオ深夜便の早朝時間帯で80歳を過ぎたことば〕
【サラリーマン 「定年ホームレス」】(夫源病「わしもわしも」の「わしも族」)
〔■夫源病の恐怖、家も居場所なし〕
〔では、退職後に居場所がない「定年ホームレス」はどこにいるのか。〕
〔■自覚なきナルシストたち〕



〔小林昭子(83)徹子の部屋〕「きょうよう」(教養)と「きょういく」(教育)が歳をとったら必要だ。
〔(前向き)な言葉を言うのが大切〕疲れることがあったとして口にしない。(楽しいことをしたら、疲れない)
〔(マイナス)な言葉は口にしない〕マイナスを口にしたら実現してきてきちゃう。ブーメランのように自分。
・嫉妬しない、もう歳出し、私なんて(自分を卑下しない、その途端に人は老けていく)
(それを書いちゃう、書くことと口にするが大事!)
〔いくつになってもやることで始まる〕8年前に学校をこれから始めるんです!(美意識の強い子が集まって8人)


「美容研究会・小林昭子(83歳)徹子の部屋180328」

c0219232_16160519.jpg


心理学者(多湖輝)「キョウヨウ」と「キョウイク」
教養と教育ではなく「今日、用がある」と「今日、行くところがある」

~“奇跡の美肌"を持つ83歳…美と健康の秘訣~美容研究家・小林照子さんが今日のゲストです。
番組詳細 83歳にして現役のメイクアップアーティスト、美容研究家として活躍している小林照子さんがゲスト。
今日は、すぐマネしたくなる美と健康のコツが満載!
美容業界歴63年、「美容界のカリスマ」とも呼ばれている小林さん。
まず驚いたのは、その美肌。みずみずしいツヤ肌は、とても83歳とは思えない。
興味津々の黒柳さんに、その美しい肌を保つ秘訣を公開。
誰にでも試せる簡単な方法だが、毎日続ければずいぶん変わるという。
また、実年齢を感じさせない若々しさは、姿勢の良さにも。
スッと伸びた背筋の秘密は、実は自宅のキッチンに隠されていた!その様子をVTRで紹介する。


【『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』 『頭の体操』心理学者の多湖輝(著)】
一昨年に出した『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』 『頭の体操』で知られる心理学者の多湖輝(たごあきら)さんの著書にあるそうだ。

『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』
c0219232_16174115.jpg



【朝日新聞「天声人語」  2013年7月14日(日)】

体が引き締まり、日に焼け、すこぶる元気そうである。
すこし前に退職した会社の先輩と先日偶然会い、立ち話をした。
日々の暮らしぶりを楽しげに語ったが、そこには秘訣(ひけつ)があるらしい

▼「キョウヨウ」と「キョウイク」なのだという。
教養と教育かと思いきや、さにあらず。
「今日、用がある」と「今日、行くところがある」の二つである。
なるほど何も用事がなく、どこにも行かない毎日では張り合いがあるまい。
かつての同僚から聞かされて実践しているという
▼その同僚も誰かから聞いたというから、かなり流布している教えなのだろう。調べてみると、『頭の体操』で知られる心理学者の多湖輝(たごあきら)さんの著書に行き着いた。
一昨年に出した『100歳になっても脳を元気に動かす習慣術』で紹介している
▼多湖さんも100歳に近い大先輩に教わったのだそうだ。
「ボケないための頭の使い方」を実に巧みに表現した言葉だと絶賛する。
老後をどう生き生きと過ごそうかと誰しも考える。この話はわかりやすく、納得感もあるから、伝言ゲームよろしく広がっていくのも道理だろう
▼日々の原稿に追われる身としてはまだ先の話と思いたくなるが、山登りや畑仕事に忙しい件(くだん)の先輩に諭された。
「いまのうちから考えておけ」。
たしかに定年を迎え、突然訪れた空白の時間の大きさに心身の失調をきたす人もいると聞く
▼生来のものぐさ向けのボケ防止策はないものか。
多湖さんも勧めるようにせめてよく笑うことにしようか。
*****

c0219232_16193586.jpg


心理学者(多湖輝)「キョウヨウ」と「キョウイク」
教養と教育ではなく「今日、用がある」と「今日、行くところがある」

教養:今日 用がある
教育:今日 行くところがある

[キョウヨウ」と「キョウイク」?? 教養と教育?  いいえ、違います。

「ボケないための頭の使い方」は「キョウヨウ」と「キョウイク」なのだという。
教養と教育かと思いきや、さにあらず。
「今日、用がある」と「今日、行くところがある」の二つである。

その通りだと思う。うまい言い方をするもんだ。


〔多湖輝さんがNHKラジオ深夜便の早朝時間帯で80歳を過ぎたことば〕

「年齢を重ねるほど教養と教育が必要です」と語り始めました。
かなり流布している名言です。
 中高年になって大事なのは「教養」と「教育」?
 さにあらず「きょうよう」は「今日、用事・用件があること」「きょういく」は「今日いく所があること」実に巧みな表現です。いつも好奇心をもち、外出することがボケないための頭の使い方なのですね

【サラリーマン 「定年ホームレス」】(夫源病「わしもわしも」の「わしも族」)
〔■夫源病の恐怖、家も居場所なし〕
 「夫が家にいるようになってから、頭痛とめまいがするようになった」と訴える50代後半の主婦。
離れて暮らす娘に電話で相談したところ「それって夫源病じゃない?」と指摘された。
〔では、退職後に居場所がない「定年ホームレス」はどこにいるのか。〕
図書館と裁判所、そして公園。
お金のかからないこの3カ所が“聖地”らしい。取材班はその実態を探ってみた。
〔■自覚なきナルシストたち〕
「こんなシニアは使えない」

c0219232_16352851.jpg

⑤サラリーマン 「定年ホームレス」の落とし穴
2016/9/20 6:30


【平蔵の独り言】
徹子の部屋 美容研究家・小林照子(83歳)「教養と教育」(きょう 用がある。きょう 行くところがある。) 2018/3/28

〔教養〕と〔教育〕歳を取ったら必要だ!
〔教養〕今日 用がある
〔教育〕今日 行くところがある

心理学者(多湖輝)「キョウヨウ」と「キョウイク」
教養と教育ではなく「今日、用がある」と「今日、行くところがある」

その通りだと思う。うまい言い方をするもんだ。

【独り言】
美容研究家・小林照子(83歳)「教養と教育」
に教えられた。

古稀を迎え、ここ数年(いや、10年)、1日のおわりに
5年日記に寝る前、一日の出来事を書く。明日の予定、
今日はどんな日だったか?誰と話したか、会ったか?
何か書き留めておくイベントは?
を書いて気が付けば三冊目。(還暦から一日7行なので続いているのか?)

1日7行:5年分(同年同月同日)
1行目:天気・起床時間・気温(主な予定(前日に必要なこと記入)
     ・翌日の予定の確認にもなる(特別に変わったことはほとんどない)
2~4行:2行目起床して  3,4行どんなことがあった(した)
5行目:体調は
6行目:
7行目:今日はどんな日だった。(最後に血圧計の数字)

〔教養〕今日 用がある
〔教育〕今日 行くところがある

月初に去年の同じ月にやったこと⇒今月の予定
今日やったこと(イベント)来年の同月同日に必要なことを書く。
4.11(内視鏡検査実施⇒内視鏡検査予約)

c0219232_16355536.jpg


そして、明日のページに予定を書いて、寝る・・・・・・
(月に数回、書いてない。気が付いたら書く、「今 6時」)

【平蔵の独り言】
〔(前向き)な言葉を言うのが大切〕疲れることがあったとして口にしない。(楽しいことをしたら、疲れない)

〔(マイナス)な言葉は口にしない〕マイナスを口にしたら実現してきてきちゃう。ブーメランのように自分。

・嫉妬しない、もう歳出し、私なんて(自分を卑下しない、その途端に人は老けていく)

(それを書いちゃう、書くことと口にするが大事!)

〔いくつになってもやることで始まる〕

【独り言】
(前向き)な言葉を言う。(楽しいことをしたら、疲れない)
→なんとなく納得(楽しい)

(マイナス)な言葉は口にしない。(ブーメランのように自分)
→マイナスの言葉はその通りに実現してしまう、と聞いたことがある。

嫉妬しない、もう歳出し、私なんて。
→以前口にしていたら、自身も周りも気分がネガテッブになってきた、経験がある。

日記に書いちゃうと一日で完結する。

[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-04-18 16:44 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)