〔野村家の家訓〕野村克也さん「死ぬまで働く。生活の安定は自ら確保」(健康のために我慢しない)   

2018年 10月 10日

〔野村家の家訓〕野村克也さん「死ぬまで働く。生活の安定は自ら確保」(健康のために我慢しない)


〔ずっと働け〕死ぬまで働く
〔「自分はここまで」〕「もうこれぐらいでいいや」と諦めないこと
〔健康のために我慢しない〕


野村克也さん 一人の暮らし支える亡き妻の言葉 80歳を過ぎて妻に先立たれたら(上)日経マネー2018/9/11

野村家の家訓
1:ずっと働き続ける
2:「これぐらいでいい」は禁止
3:自分でできることは自分でやる
4:健康のために我慢しない


野村克也さんは、「野球しかできない男が一人になって、妻という存在の大きさを感じる」と言う。(写真:福知彰子)
c0219232_14470938.jpg


 捕手として活躍しただけでなくバッターとしても数々の記録を打ち立て、4球団で監督を歴任した野村克也さん。
家計に限らず子供の教育も近所付き合いも、すべて妻任せだったという。
その野村さんに、一人の暮らしとなってからの生活、終活などについてうかがった。2回に分けて紹介する。
◇  ◇  ◇
──2017年12月8日に虚血性心不全で妻の沙知代さんが亡くなって、半年以上が過ぎました。
 人間って厄介だなって思うのは、そばにいた時は何とも思わなかったのに、いなくなるとその存在の大きさを痛いほど感じること。
家に帰って話をする人がいないのがこんなに寂しいとは、思いもしなかったね。
 家にたくさん写真が飾ってあるから、それによく話しかけています。
「何で俺より先に逝くんだよ」って愚痴ったりとか、野球を見ながら色々とぼやいたり。

サッチーさんは野球に全く興味がなくて、何も知らないから野球の話しても仕方ないんだけど、いつも聞き役に回ってくれていたんだと亡くなってから気付きました。
■先に逝くとはまったく思っていなかった
──沙知代さんの生前、夫婦で「終活」などはされていたのですか?
 何の準備もしていませんでした。
ただ、サッチーさんは当時85歳で、僕より3歳年上。
互いにいい年だから、いつ何があるか分からないという不安はあった。
事あるごとに「俺より先に逝くなよ」と言っては、「そんなの分かんないわよ」と返されていました。
でも本当に俺より先に逝ってしまうとは夢にも思わなかったんだよね。
女性の方が総じて強いじゃない、平均寿命も長いし。
c0219232_14481724.jpg


 夫婦生活は45年。自分を中心に世界が回っているような人だから、周囲からは大変だと思われていたかもしれないけど、サッチーさんが家のことを全部やってくれたから、僕は野球に没頭できた。
家計管理、子育て、人付き合いなど、暮らしに関わることは全てサッチーさん任せ。いかに恵まれていたかが分かりました。

──今は息子の克則さん夫妻が近くにいて、生活関係のことを手伝ってくれているとか。
 「スープの冷めない距離」というのかな、僕の自宅の敷地内に克則が家を建てたおかげで、一人残されてからの孤独や不便がだいぶ軽減されているように思います。
 実は、克則がうちの敷地内に家を建てたいと言ってきた時、僕は反対したの。広々とした庭が好きだったのに、そこに家が建ってしまったらせっかくの景色が台無しだと。
でもサッチーさんは二つ返事で「いいわよ」と。
サッチーさんがそういえば従うしかない。
内心は嫌だなと思っていたけれど、今は同じ敷地にいてくれてよかったって心から思う。
結果的にはサッチーさんが大正解だったね。
──夫婦で意見が異なるといつも野村さんが引いていた?
 そうよ、反対したって言うこと聞く人じゃないし。
サッチーさんには怖い人も、怖いものも何もない。
いつも自分の生きたいように生きていた。
あの人の夫が務まるのは僕だけだと思うよ。

──運命的な出会いは、どんなふうに訪れたのでしょうか?
 南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)時代、遠征で東京に来るたびによく行ってた中華料理店で偶然一緒に居合わせたの。
サッチーさんは僕のことを全然知らなかったんだけど、店のママに紹介されてプロ野球選手だと知ると、その場で野球少年だった息子の団に電話をかけた。

c0219232_14492898.jpg


 「野球の野村さんって知ってる?」と聞くと、「すごい人だよ」と団が答えたらしい。
その日の試合に親子を招待したことがきっかけで、付き合うようになった。

 当時僕は35歳で、先輩に紹介された社長令嬢と結婚していたのだけれど、向こうの浮気が原因で別居状態。
帰る所もなかったし、他に女性関係もゼロだったから、東京遠征に来るたびサッチーさんと食事に行く付き合いが続いていた。
でも結婚するなんて考えもしてなかったよ。

■「何とかなるわよ!」に救われる
──それは意外です。結婚に至ったのはなぜ?
 子供ができたからね。責任を取らなきゃならない。
向こうにしてみても、俺にほれたというより自分の2人の息子とうまくやってくれると思ったんじゃないかな。
 でもそれからが色々と大変だった。

一番強烈な思い出は、20年以上世話になった南海ホークスの監督をクビになったこと。
まだ前妻との婚姻関係が解消されていない中、サッチーさんと暮らしていることをスポーツ新聞にすっぱ抜かれちゃった。
愛人問題として大バッシングを受けて、公式戦を2試合残して解任されてしまった。
 当時、僕は42歳で、克則はまだ4歳。
「もう野球界に戻れないかも……」と落ち込んでいると、
サッチーさんが「大阪なんて大嫌い。東京に行こう!」と言い出した。
そうは言っても、東京なんて何の縁もないし、仕事のつてもない。
愚痴ばかりこぼす僕にサッチーさんは大声で、「何とかなるわよ!」。

 マイナス思考でいっぱいだった僕の心に、その一言はずしんと響いたね。
自分で会社を経営するほどのやり手だったから、東京で仕事を見つけて稼ぐ自信があったのだろうけど、僕もその一言で「何とかなるかも」という気持ちになった。
それからも落ち込んだり、困難に直面したりするたびに、
サッチーさんの「何とかなるわよ」が僕を救ってくれたと思います。


〔ずっと働け〕死ぬまで働く
──そうでしたか。今でも支えになっている沙知代さんの言葉は他にもあるのでしょうか。
 「死ぬまで働け」かな。とにかくずっと働けと言われ続けていたからね。
一人になってみると、仕事があってよかったとしみじみ思うよ。
何もする気にならなくても、仕事があれば外に出かけるし、人とも話すからね。

野村克也さん「死ぬまで働く。生活の安定は自ら確保」 80歳を過ぎて妻に先立たれたら(下)日経マネー2018/9/18

「『稼げる仕事』に就きたくてプロ野球選手になり、初任給から毎月、母への仕送りを続けた」と、野村克也さんは話す。(写真:福知彰子)

〔「自分はここまで」〕「もうこれぐらいでいいや」と諦めないこと
 捕手としても、バッターとしても活躍し、数々の記録を打ち立てた野村克也さん。
家計に限らず子供の教育も近所付き合いも、すべて妻任せだったという。
前回の「野村克也さん 一人の暮らし支える亡き妻の言葉」に引き続き、お金の管理やプロ野球選手になった理由などを聞いた。
◇  ◇  ◇
──この半年間、テレビ出演や執筆など、精力的に仕事をこなされていますね。
 なぜか分からないけど、毎日のように仕事がある。
何で俺なんだろうね(苦笑)。

 そういえば、「もうこれぐらいでいいや」と諦めないことも、サッチーさんの信条だった。
「自分はここまで」と自己限定せず、やりたいことや目標を持ち続けることが、生きる意欲や成長につながるって。
年を取って一人で暮らしていると、その意味がよく分かる。


〔健康のために我慢しない〕

 あとは、健康のために我慢しないこと。
健康に悪いからと好きなものを我慢してストレスをためるより、好きなものを食べて元気でいた方がいいというのが彼女の持論。
だから僕は今も好きなものを食べ、よく眠るようにしている。
それが健康のバロメーターになっています。

 「死ぬまで働け」にも通じるけど、できる限りお上には頼らず、生活費は自分たちで何とかする、というのもサッチーさんが言い続けたことだった。
──お金のことは沙知代さんに任せきりだったとか。
今はお金の管理はどうしていますか?
 克則の奥さんに任せています。
前は時計やら洋服やら、欲しいものがたくさんあったけど最近は物欲もなくなってきたしね。
サッチーさんがいた頃は、「現金を持たせると女に使うから」とお金を持たせてもらえず、普段の支払いは全てクレジットカード。
銀行からお金を引き出す方法も知らなかったよ(笑)。
お金とは縁がないね。
c0219232_14544574.jpg


■「稼げる仕事」に就きたくてプロ野球選手に
──それでも最初は、「稼げる仕事」に就こうとプロ野球選手を志したそうですね。
 たくさん稼いで母親を楽にしてあげたかったの。
うちは僕が3歳の時に父を亡くして、母と兄との3人暮らし。
僕が小学生の時に母は2度がんにかかり、生活はいつも苦しかった。
 最初は歌手になろうと思ったけど、学校で音楽部に入ったら才能がないと気付いた。次に映画俳優になろうと思ったけど、鏡で自分の顔をまじまじと見たら無理だと思った。
最後に残ったのがプロ野球選手だった。
 テスト生として南海ホークスに滑り込むことができたけれど、契約金はゼロ。
月の給料は7000円で、寮費3000円を支払って残った4000円から、毎月1000円を母に送り続けました。
その後結構稼ぐようになって、何万円も仕送りするようになったけど、「あの頃の1000円の方が母ちゃんはうれしかった」って言われて。

 母が亡くなったとき貯金通帳を見て、仕送りのお金は一銭も使っていなかったことが分かった。母親というのはこういうものかと胸が熱くなったね。
──野球解説者として現役で活躍されていますが、今のプロ野球界をどう見ていますか?
c0219232_14553759.jpg


 僕に言わせると、「優勝チームに名捕手あり」というぐらいキャッチャーが重要だと思うけど、今は受難の時代だね。
少年野球の監督をやった時に知ったけど、子供たちは「キャッチャーはしんどい」と言ってやりたがらない。
プロ野球界を見ても名捕手と言えるキャッチャーは残念ながらいないなあ。
 野球は頭のスポーツ。
キャッチャーは守りにおける監督の分身だから、誰よりも敵を知り、己を知って、細部にも目を配ってプレーしなきゃならない。
ありとあらゆるデータを頭に入れて、考え抜く力がものすごく重要なんだけど、それをしっかりできている捕手は残念ながら見当たらないね。

──監督としてチームを率いる上では、どんなことを心掛けていたのでしょうか。
 僕の信条は、「理をもって動かす」。恐怖で動かそうとするのは大嫌いだね。
理論がないから、恐怖や暴力で選手を動かそうとする監督が出てくる。
理で動かすには、確固たる信念や理論を持つことだけでなく、それを伝える言葉を持っていることも重要。
現役を終えてから読書量をかなり増やして、言葉力を鍛えたことが、自分の野球理論をしっかりと選手に伝えるのに役立ったと思う。

──「もう一度監督としてグラウンドに立ちたい」という思いは?
 いやいや、それはもう無理ですわ。
日本の野球界は能力ではなく年齢で判断するしね。
それと人間関係。
80歳過ぎて、人間関係も下手で、というと厳しいね。
ただ、「野村-野球=ゼロ」。僕から野球を取ったら何も残らない。
解説でも何でも野球に関する仕事がある限り、それをやっていきたいと思う。
今の野球界、周りを見ても怖い人が誰もいないからね。
死ぬまで野球を見ながら、好き勝手に言いたいことを言い続けるんじゃないかな。
(聞き手:日経マネー 佐藤珠希)
[日経マネー2018年10月号の記事を再構成]


【平蔵の独り言】南海ホークス、鶴岡監督時代のキャッチー、監督、監督の解任
を巨人・近鉄ファンとして見てきて、
サッチーとの二人三脚の最近までの露出度、この記事で初めて知る。

野村家の家訓
1:ずっと働き続ける
2:「これぐらいでいい」は禁止
3:自分でできることは自分でやる
4:健康のために我慢しない

【独り言】
古稀になってまだ働いている。
仕事する事に感謝しながら、
色々と新しいこと(出来ない事が増える、病気に遭遇する)
付き合いながら、自分の足で動けなくなったら全てのバランスが崩れる。

「これぐらいでいい」ではなく、自分でできることは自分でやる
健康のために我慢しない

還暦・古稀を過ぎ早1年・・・・・喜寿に向かって



[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-10-10 15:05 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

樹木希林「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」(やったことがほんのわずかだもの。やり残したことばっかりでしょう。)   

2018年 09月 20日
樹木希林「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」(やったことがほんのわずかだもの。やり残したことばっかりでしょう。)

〔樹木希林〕年をとると人間が成熟するとは大間違い!
年をとると人間が成熟するとは大間違い。
不自由になった分だけ文句が出るの
自分をみているとよく解る(73才)

「あとは、楽しく面白がる!」

クローズアップ現代(樹木希林、〔人生にエール、直筆の手紙〕)

c0219232_15024528.jpg
①樹木希林「死をどう思うって? 死んだことないからわからないのよ」(前編)

●手土産、謝礼は不要

●いつ逝ってもいい準備

樹木希林「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」(中編)
●みっともなくても1位
●俯瞰でものを見る癖(俯瞰:ふかん(「広い視野で客観的に見る」)
2017.5.12 11:30AERA#シニア#終活

樹木希林「死をどう思うって? 死んだことないからわからないのよ」(前編)
2017.5.10 11:30AERA
c0219232_15052523.jpg
②樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などで一躍人気者に。近年は映画に軸を移し「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章
c0219232_15055574.jpg
③「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のコピーが社会的な反響を呼んだ、2016年の宝島社の企業広告。名画「オフィーリア」がモチーフ。朝日広告賞などを受賞(宝島社提供)

 いい言葉を聞いたことがない。
「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。
私たちの老後は本当に真っ暗なのか。
このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。
どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――
AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。
全身がんを告白した俳優の樹木希林さんに、死生観について聞いた。

*  *  *
 アエラの取材依頼に当初は丁重な断りの電話があった。
だが「こういう取材は今回きり」の条件で、樹木さんは「なんでも聞いていい」と重い扉を開いてくれた。

「老い」とか「死」とか、そういうテーマの取材依頼がたくさんきて、困っちゃうのよ。
何も話すことなんてないんだから。
「死をどう思いますか」なんて聞かれたって、死んだことないからわからないのよ。
ひとつ(取材を)受けるとキリがなくなるでしょ。
だから全部お断りしているんです。
映画の宣伝のときは仕方ないけど。

 私がこういう取材を受けるメリットはどこにあるの?
 あなた方のメリットはわかるの。
えっ、私の話で救われる人がいるって?
 それは依存症というものよ、あなた。
自分で考えてよ。

 死はいつか来るものではなく、いつでも来るものなの、私の場合。
全身がんですから。
だから仕事も先の約束はしない。
せいぜい1年以内。
仕事の交渉は留守電とファクスで全部自分でしている。
この間も「2年契約で」なんて話が来たんだけれど「とんでもない。よしてください」って言ったの。
「そのほうがおカネ的にもいいでしょう?」って先方は言うんだけれど、
「2年先(の命)なんて保証できない。
持たせようと思うほうが苦しいから勘弁してください」って言ったわ。

●手土産、謝礼は不要
c0219232_15105584.jpg
 ところがさ、以前聞いてびっくりした。
聖路加(国際病院)の日野原さんは10年先まで計画が入ってるっていうじゃない。
いま100歳過ぎていらっしゃるでしょ。
あなた、そういう方を取材したほうが絶対いいわよ。私なんかより。

「(取材にくるとき)手土産は絶対に持ってこないで」って言ったけれど、それも毎回必死よ。
「くれないで」って。
だってお菓子を持ってこられたら、包装紙を開いて、箱を開けて、それをまた畳んで資源ごみに出してって。
すごく手間じゃない。
私は自分が食べたいケーキがあったら買いに行って、「箱はいりません」ってティッシュに包んで帰るの。
映画会社が「ポスター、送ります」なんて言ってくることもあるけど、それも「送らないでください」って。
切ってメモ帳にするの大変でしょう。

 あ、それから今回の取材の謝礼もいらないから。
こう言っちゃ申し訳ないけれど、大した金額でないでしょう。
私は大家の収入があるから。ファクスがもったいないのよ。
A4の用紙にたった1行で、余白ばかりの通知が2枚送られてくる。
お宅の会社と銀行の2カ所から。「振り込みました」「振り込まれました」って。
紙とインクリボンを消耗するじゃない。
ときどきファクスを7枚も8枚も送ってくる人もいるけど、「すみません。今度送るときは表紙はいりませんから。A4、1枚にまとめてください」って言うの。
インクリボンをむだに使って、取り換えるのは億劫じゃない。

●いつ逝ってもいい準備

 病気をしてから、いつ逝ってもいいように、自分の周りを身軽にしておきたいという思いが強くなったのはあるわね。
朝はひとしきり掃除することから始まる。
ぐちゃぐちゃしているのを見るのが好きでないの。
でも、ものがなければ簡単よ。

 女優だけれど、靴は5足しか持っていない。
雨用の長靴と山登り用のスニーカー。
それに黒と茶と赤の革靴。化粧品もリップクリームだけ。

顔には何もつけない。
シャンプーもしないわね。
仕事で色々つけられてベタベタになったときは床屋さんに行く。
手早いから好きなのね。

 いま着ている上着の背中が縦に切れているのは太っちゃったから。
切ったの。端をまつろうと思ったけど、さっき人が来てできなかったのね。
服もボロボロになるまで着てお終いにする。

(構成/編集部・石田かおる)

※AERA 2017年5月15日号より抜粋

樹木希林「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」(中編)
2017.5.11 11:30AERA
c0219232_15121776.jpg
⑤*  *  *
「老い」への不安もなにも、私はもともと小さいときからキラキラした希望や期待のある子でなかった。
なにかを目指して頑張るというのもなかったわねぇ。
それに私は人と比較しないのよ。それを武器にしてきた。

●みっともなくても1位

 原点は小学校6年生のときの、学校の水泳大会ね。
一応泳げはしたけれど運動は得意でないの。
みんなはやれクロールだ、平泳ぎだって競技を選んでいくんだけれど、私には選ぶものがない。
それで「歩き競走」というのを見つけて出ることにしたわけ。

 当日、順番が来てみたら歩き競走に出場する6年生は私だけ。
あとは1年生や2年生ばかりだった。
小学校の6年生と1年生といったら体の大きさはうんと違うのよ。
「よーいどん」ってスタートしたら、あっという間にゴールした。
1等の賞品はノートと鉛筆と消しゴムだったかな。
2等はそれより少なくて、3等は1品だけだったと思う。

 競技が終わって教室に戻ったら、クロールで3等だった子に言われたわけ。
「あんたはただ歩いただけで1等のいい賞品をもらって。大変な思いをして泳いだ自分の賞品がそれより劣っているのは釈然としない」って。

 最初はみんな私をバカにしていたのよ。1年生に交じって歩き競走するなんてみっともないじゃない。
ところが、いざ賞品の段となると、私のほうがいいわけ。
これで私はきっと味をしめたんだね。
いいんだ、これでって。そのまま来ちゃったわね、私の人生。

●俯瞰でものを見る癖(俯瞰:ふかん(「広い視野で客観的に見る」)<br>

 良かったなぁと思うのは、親がマイナスの部分を持つ子を叱らなかったこと。
4、5歳のときに私は高い所から落ちて頭を打って、その日以来、小学校高学年までずっとおねしょしてた。
毎朝、学校に行く前に布団を干すのが日課だったのよ。
ふつうだったら親が怒ったりすると思うけど、食べることに精いっぱいで子どもに構っていられなかった。
おまけに父はゆったりした人で、私が学校を休んでも叱るどころか「学校を休んだのか。こっちおいでよ」なんて手招きするような人だった。
期待されないのが良かったわねぇ。
 でも、人間だれしも取りえってあるものね。
かけっこはいつもビリだったけれど、私にもひとつだけ得意な競技があったの。
障害物競走が得意なのよ。
足の速い人は先頭を走って、網にはまって四苦八苦するじゃない。
私は5番手、6番手でいって、ほかの人の隙間を見つけてすいすい抜けていくの。
そういうのはうまいのよ。

 ずるいんだねぇ。もし私が政治家だったら、牢屋に入ると思うわ。
賄賂で(笑)。
いま私のところに、おばあさんの役がいっぱいくるのも、同年代の女優さんたちが「私には、まだ早い」ってやりたがらないからなのよ。
実際、みなさん本当にきれいなの。40代の役でもやれると思うわ。
私は映画監督の西川美和さんに「希林さんは普通に年取ってますね」って言われたことがあるけれど、それは褒め言葉だと思っている。

(障害物競走のように)全体をぱっと見てつかむ、俯瞰でものを見る癖はふだんからついているわね。
それがないと役を演じられないのよ。
私は脇が多かったでしょう。主役はいいの。
話がずっと描かれているから。
でも脇は出番がぽこっとあって、その前後の人生が描かれていない。
だから自分の役の立ち位置を考えないと演じられないのよ。

 ドラマ「寺内貫太郎一家」でおばあさん役をやったのは31歳のときだったわね。
外見は老人を真似たけれど、心の中は30代のまま演じた。
実際に70代になってみてどうかっていうと、全く同じ。何も変わらない。精神的な成熟なんてないわね。
(構成/編集部・石田かおる)

※AERA 2017年5月15日号より抜粋

c0219232_15132788.jpg
⑥人生、フルーツ
【平蔵の独り言】年をとると人間が成熟するとは大間違い!
〔樹木希林〕年をとると人間が成熟するとは大間違い!
年をとると人間が成熟するとは大間違い。
不自由になった分だけ文句が出るの
自分をみているとよく解る(73才)

「あとは、楽しく面白がる!」

【独り言】
不自由になった分だけ文句が出るの
自分をみているとよく解る(73才)

言われてみれば、思うように動けなくなる。
気持ちだけ先走って、出来ない。
「あとは、楽しく」・・・・・

【平蔵の独り言】「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」

20160618(五木寛之) 「年を重ねるにつれて人間は賢くなるのか。」“否”
【年甲斐もない生き方】
〔人は年をとると丸くなる〕
人は年をとると丸くなる、という。本当にそうだろうか。
私には、どうもそうとは思えない。
むしろ逆なのではあるまいか。
加齢による成熟などというものはない、感じてきた。
今もそう思う。

【独り言】
還暦は遥か彼方!古稀も早やがて1年!
「70代になっても、何も変わらない。精神的成熟なんてないわね」
「年を重ねるにつれて人間は賢くなるのか。」“否”

ずーと、「いいのかな」思いながら寝る前の日記を埋めていく。
・樹木希林が旅立った日。
と日記に書いた。



[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-09-20 14:55 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

〔津川雅彦〕不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。   

2018年 08月 23日
〔津川雅彦〕不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。

〔公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。〕役者冥利に尽きますね

〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

〔誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。〕


【「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」】


「死はもう怖くない」津川雅彦が車椅子、鼻チューブ姿で語った覚悟〈週刊朝日〉8/8(水) 11:38配信 AERAdot.

c0219232_14371487.jpg

①死の2カ月半前に、本誌独占インタビューに応じた津川雅彦さん。
「死はもう怖くはありません」(撮影・加藤夏子)
 4日に心不全で亡くなっていた俳優の津川雅彦さん。そのわずか2か月半前、本誌の独占取材に応じ、体調が万全ではない中で、2時間近くに渡り、自分の人生について饒舌に語った。
c0219232_14375742.jpg
くき

② 津川さんへの取材が行われたのは5月中旬の都内。
俳優人生を振り返ってもらうインタビューだった。
その1か月前には妻で女優の朝丘雪路さん(享年82)を亡くしたばかり。
本人も体調不良のため、一度は取材を延期していた。

 この日の取材には車いすに乗って、鼻には酸素吸入のチューブをつけて登場。
声がかすれるためか、何度もコップの水を口にしながらも丁寧に質問に応じた。

 津川さんが自分の人生を語る上で、欠かせないのが俳優で兄の長門裕之さんの存在。
兄の演技力の高さは手放しで褒めた。

「天才ですね。兄がいなかったら、僕の人生はまったく違ったものになっていたでしょう」

 一方で、兄弟はいい意味でのライバルだったとも。

「世間からは、兄は芝居がうまいが、弟は顔がいいだけのド大根、ってののしられてね。しかし、まねしようのがない兄の個性ある役者っぷりがあったからこそ、僕も自分のやり方を探し続けることができた」

〔公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。〕役者冥利に尽きますね
 二枚目俳優からの脱却は、『必殺仕事人シリーズ』で敵役を演じたことがきっかけだと明かした。

「二枚目だと最初から最後まで変われないけど、悪いヤツってのは最初に好感を持たせておいて、後で裏切る。公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。役者冥利に尽きますね」

 脚本家のジェームス三木、映画監督の伊丹十三、作家の渡辺淳一など大御所にかわいがられて、映画「マルサの女」NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」などの代表作を残した。


〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

「僕は兄と違って不器用なんですが、新派の花柳章太郎先生が、不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。伊丹、渡辺、ジェームスの御三方は、そういう不器用な津川雅彦を気に入ってくれたのかもしれない」

俳優・津川雅彦を育てた3人のうち2人はすでに亡くなり、兄も他界。
60歳を過ぎたころから、死は遠いものではなくなったという。
最後に死生観について問われるとこう語った。

「死は自分の意思ではどうにもならない。今はもう、死は怖くはありません」

 俳優としての人生に未練はない、という感じの語り口だった。

〔誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。〕


 写真撮影のときは、俳優らしく、鼻からチューブを外してポーズを決め、目には輝きを取り戻した。だが、”らしさ”が最も表れたのは、去り際だった。
送迎の車に乗りこむと、わざわざ車の窓を開けて「今日はとても楽しかったです。ありがとうございました」

 と深々と頭を下げた。誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。(本誌・鎌田倫子)

※週刊朝日オンライン限定記事

【平蔵の独り言】
〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

【独り言】
“努力”してきたかな!
団塊の世代は戦後の高度成長という流れに乗ってきたか?
古稀になって
“長くこの世におれば起こるのは悲しいことばかり”(殺陣師上野隆三81歳)
目に留まるのは先人の生きてきた足跡・・・・・


【「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」】

泉谷しげる、亡くなった津川雅彦さんを「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」
スポーツ報知 8/8(水) 11:40配信
c0219232_14585401.jpg

④泉谷しげる、亡くなった津川雅彦さんを「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」

 歌手で俳優の泉谷しげる(70)が8日、自身のブログを更新し、4日に心不全のため78歳で亡くなった俳優の津川雅彦(本名・加藤雅彦)さんを偲んだ。

 泉谷は「津川氏逝く」と題したブログで「津川雅彦さんが逝去した 5月のオイラの誕生日に高価なプレゼントが郵送されてきたので~すぐさま御礼のメールを出したが、返信は無かった いつもなら直ぐ様メールやら電話やらで返事してくれる津川センパイであっただけに、この時はサスガに何かあったなと思ったな…」と振り返った。

 俳優、映画監督と多才だった津川さんを「映画好きのオイラは津川センパイの本格的デビュー作『狂った果実』(1956)が大好きで~当時、フランスのヌーベルバーグ映画に影響あたえたと云われる此の映画の格好良さと云ったら!今だに(DVDだが)観るからねぇ 映画監督としても腕前ありで、祖父の姓を冠に「マキノ雅彦」名義で初監督した『寝ずの番』(2006)は見事な出来ばえ!さすが日本の娯楽映画のスタイルを創りあげたマキノ一家に生まれた者だけあって、映画づくりが本当にウマかった!」と絶賛した。

〔「役者ごときエラソーになったらオシマイだぁな」が口グセだった津川センパイ、〕やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてたっけ
 さらに「津川センパイに食事を誘われるたび~オイラは津川雅彦…あいやマキノ雅彦監督の次回作に出演したいと云ってたもんさ あの時代を生きた映画放蕩遊び人は「宵越しの金を持たない」とばかり散財して来てるが「役者ごときエラソーになったらオシマイだぁな」が口グセだった津川センパイ、やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてたっけ 博学で歴史を語り出したら止まらないが、話っぷりが面白く実にチャーミングでオシャレな津川雅彦だったのだ 今どきは78はまだ若いと思うンだけどなセンパイもう“遊び”に誘われなくなるのが寂しい限り 心よりの哀悼を」と悼んでいた。

【平蔵の独り言】
歌手で俳優の泉谷しげる(70)と津川雅彦、結びつかなかったが
そうか、泉谷しげるも古稀なんだ!
枠からはみ出して人生を歩いて来ているようだけど、
泉谷しげるは向田邦子に映画出演を誘われて出演している。
いい先人を亡くした。


[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-08-23 14:45 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

“健康長寿の秘訣”「付き合いを悪くする」「悩まない」「肉を食う」   

2018年 08月 09日

“健康長寿の秘訣”「付き合いを悪くする」「悩まない」「肉を食う」
「「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」という故岸信介元内閣総理大臣の養生訓」 〔3ヶ条〕l、plー。

c0219232_16270276.jpg


「長生きのコツは?」付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う(101歳まで生きるための三つの訓え)「やんちゃ老人」
田原総一朗 ジャーナリスト


(101歳まで生きるための三つの訓え)

■ 付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う

〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。

「長生きのコツは?」と僕は会員たちに聞いた。
すると、3つの答えが返ってきた。
ひとつめは、つきあいを悪くすること。
つきあいがよいと、パーティや飲み会についつい毎晩顔を出して疲れてしまうというのだ。
ふたつめは、悩まないこと。悩んでも物事は解決しない。
3つめは、肉を食うこと。

2014年09月14日 15時13分 JST | 更新 2014年11月13日 19時12分 JST
先日『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』という本を上梓した。
80歳を過ぎてどうして1日平均7件ほどの仕事のアポをこなせるのか、徹夜で議論できる気力が保てるのかについて書いた本である。
若い世代と議論をする、恋心を持つなど「やんちゃ老人」としての生き方や、普段行っている健康法などを紹介している。
今回は「敬老の日」にあわせた寄稿ということで、本書の中から、かつて「三世紀会」というのを取材したときに聞いた、100歳を超えて生きるためのコツを紹介してみたい。
ADVERTISEMENT

c0219232_16293053.jpg


(101歳まで生きるための三つの訓え)


■ 付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う

三世紀会は、101歳以上まで元気に生きることを目指した会である。
1900年までに生まれた人が2001年まで生きれば、19世紀、20世紀、21世紀の三つの世紀を生きることになることに由来する。
会長は岸信介。1896年生まれの岸をはじめ、新日本製鐵会長や日本商工会議所会頭を務めた永野重雄、元朝日新聞編集局長で政治評論家の細川隆元ら1900年までに生まれた政治家や財界人、言論人らが集まっていた。
彼らに聞いた健康長寿の秘訣が、下記の三つである。


〔付き合いを悪くする〕

一つは、付き合いを悪くすること。
パーティーへの出席などはほどほどにし、あまり頻繁に飲み会につきあったりはしないということだ。


〔悩まない〕

二つ目は、悩まないこと。発言したり行動したりする時はもちろん真剣に取り組むけれども、その場を離れたら全部忘れて悩まないということだ。
確かに、悩んでも物事は解決しない。
健康法についても、「健康に執着して毎日、青竹踏みをしたりしている人は案外、早く死ぬ」と言われた。
要するに、気を使いすぎる人は長生きできないということだろう。


〔肉を食う〕

三つ目は、年を取ったら肉を食うこと。
三世紀会のメンバーではないが、先日88歳になった元政治家の野中広務に会ったら、確かに肉をムシャムシャ食べていた。
私は肉が好きでないので、第三の訓えだけは守れないが、第一と第二の訓えは自分でも実行してきた。
政治家や財界人のパーティーにはあまり出ないし、酒はもともと飲まない。それから、二番目の悩まないという訓えも実行している。
だから、悩みがあって夜眠れないということはめったにない。

〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
そして三つの中でも、「悩まない」ということがもっとも大事だと思っている。
ストレスをストレスと感じず、ずうずうしいと思われるほどに悩まない。
複雑で解決困難な問題にぶつかっても、それを面白がるぐらいでないといけないということなのだ。

〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。
私の言葉で言えば、脳天気になることが長生きの秘訣で言えるだろう。
気に病んでいると、治る病気も治らない。
だから、悩まないこと、脳天気になることが健康にとっていいことだというのが私の持論である。
そのためにも何か起こったときに、自分で解決しようとしない。
そしてそれは信頼できるパートナーに任せることと同義だと思う。
私の場合、体が反乱を起こしても、自分で悩まないし、自分で頑張ろうとしない。
お世話になっている小林弘幸先生や東洋医学の先生に診てもらい、助言を仰いで、それを実践するのみである。
だから、信頼でき、何でも相談できる主治医を持つことは重要なことだと言えるだろう。
また、「老いては子に従え」という格言があるが、80歳になって娘の言うことを素直に聞くようになった。
自分で頑張らず、娘に任せている。2014年6月にも、娘のアドバイスを大人しく聞いて、病院に5日間の入院をした。
手術や治療といった目的があるわけではなく、体調を整えるためだ。
一番身近にいて、いろいろとサポートしてくれる家族の意見は、当然ながら素直に聞くべきであり、聞いた方がおそらく健康にもよいに違いない。


2017/6/7

「「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」という故岸信介元内閣総理大臣の養生訓」 〔3ヶ条〕


〔岸信介〕岸信介元首相の長生きの秘訣・転ぶな、風邪引くな、義理を欠け・・・
安倍首相のお爺さんである、岸信介元首相は90歳の長寿を全うされ
たことでも知られています。

そんな岸本元首相がある席で、長生きの秘訣について言った言葉が、

“転ぶな、風邪引くな、義理を欠け、”だったそうです。

義理を欠けと言っても、岸元首相は義理堅い人だったと言われています。
義理で付き合うと無茶なことをしてしまうことがあるから気をつけろ、ってなことだったのかな、と思います。
酒の席とかね、無理に勧められても困りますもんね。

転ぶな、風邪引くな、というのは、常日頃から行動や健康には気をつけろ、みたいなことだったんじゃないでしょうか。


これって、健康を考えることにもつながると思いますよ。

暴飲暴食をしないようにして、常日頃から食生活に気を付け、適度な
運動をして、健康的に過ごし、あれこれ考えすぎないでストレスを貯めない生活が、結局は長生きにつながるよ、ということなんだろうと思います。

それと、気をつけて生きてさえいれば、そのうちに何かいいことがある。
だから長生きはするもんだよ。という意味もあったのかなあ、と言う気がします。

今まで不摂生してこられた方でも、今から頑張って長生きしましょう。
必ずやいいことが待ってると思いますよ。

【平蔵の独り言】付き合いを悪くする〔支援者をたくさん持つ〕

「長生きのコツは?」付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う
〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
そして三つの中でも、「悩まない」ということがもっとも大事だと思っている。
ストレスをストレスと感じず、ずうずうしいと思われるほどに悩まない。
複雑で解決困難な問題にぶつかっても、それを面白がるぐらいでないといけないということなのだ。

〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。
私の言葉で言えば、脳天気になることが長生きの秘訣で言えるだろう。
気に病んでいると、治る病気も治らない。
だから、悩まないこと、脳天気になることが健康にとっていいことだというのが私の持論である。
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。

【独り言】
付き合いを悪くする〔支援者をたくさん持つ〕:矛盾しているが、付き合いは悪く、支援者をたくさん 
古稀になって必然的に付き合いを悪く、支援者は自身から広げて・・・・・


自身で注意している事:転ぶな!、付き合いを悪くする!肉を食う!

段々できることが少なって来ているから:支援者をたくさん持つ!

転ぶな:転んだときのダメージが大きいから、医者に注意されて20年

付き合いを悪くする:以前は乾杯のビール一杯は付き合ったが、不参加になった!

肉を食う:週一でステーキを好みの焼き加減で!

悩まない:これが古稀になっても変わらない。
     悩んで、やがて明け方、いつの間にか寝ている・・・・・


[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-08-09 16:35 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕   

2018年 07月 25日
【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕


――何年か前に60歳を過ぎたら辞める、辞めないみたいな話がありましたけど、いまはまったく引退は考えていないんですよね?そうだね。50代には思うんだよ。60になったら辞めようって。
で、60になったら70で辞めよう、70になったら80で、80になったら90で...ってやってくと、死ぬな、もうそろそろ。そういうことだよ(笑)

〔「理想の上司」と言われるけれど〕
〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
〔「一生懸命やったんですけど」〕「じゃあ、お前じゃない方がいいな」
〔コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。〕ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
〔「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。〕「苦節5秒」
〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕
〔失敗も含めて人生でしょ〕
〔手応えはいらない〕
〔お笑いビッグ3の個性〕

ビートたけし・明石家さんま・タモリ お笑いビッグ3の個性

〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、

BuzzFeed Japan 2018/04/13「新入社員に伝えたい本当のトコロ」

――――――――――――――――――――――――――――

【所ジョージ】俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
そんな所さんの仕事場兼遊び場である「世田谷ベース」にお邪魔して、この春、新たな一歩を踏み出した新入社員たちへのメッセージをもらった。
(新入社員に伝えたい本当のトコロ)
〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕

所ジョージ。いくつものレギュラー番組を抱えるお茶の間の人気者で、クルマやバイク、模型など、趣味を全力で楽しむ人生の達人。
「理想の上司」ランキングの常連でもある。

そんな所さんの仕事場兼遊び場である「世田谷ベース」にお邪魔して、この春、新たな一歩を踏み出した新入社員たちへのメッセージをもらった。
(取材:BuzzFeed Japan 神庭亮介)
c0219232_15270450.jpg

①Jun Tsuboike / BuzzFeed

〔「理想の上司」と言われるけれど〕
――「理想の上司」ランキングでは常に上位にいますね。
新入社員向けにアドバイスをお願いします。

「理想の上司」って言われても、自分ではなんかピンとこない。
「所ジョージ」って字面も簡単だし、聞かれた時にパッと出やすいだけなんじゃない?

たとえばお笑いの世界だと、さんちゃん(明石家さんま)の下に誰それがいて、中堅がいて、若手がいて...ってわかりやすいじゃん。
でもウチの事務所はそういうこともないし。

〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
そもそも人に何かを教えようとか、それは違うよって否定するつもりがないの。ある人が困っていたとするじゃん。
困っているのもその人の人生だから。
そこでいいアドバイスをしちゃうと、人生の邪魔してるような感じもするのね。

――たとえ的確なアドバイスだとしても。
そう。アドバイスでその人が解放されたとして、そんな簡単に解放されちゃうと人はつまんないから。自分で考えるのが一番楽しいわけで。

人の話を聞いて、「こうするといいよ」って段取り通りにいくと、あんまり手応えを感じない。
何も聞いてないのに、そこまでいけた自分の方が立派でしょ。
その方が感動できるよ。

人の言うことを聞いてなくて、失敗したとするじゃん。
聞いとけばうまくいくのに。だけど失敗も捨てない、なかったことにしない。
怒られたことを削除しないっていうこと。それも自分の経験だから。

〔「一生懸命やったんですけど」〕「じゃあ、お前じゃない方がいいな」
あとはね、失敗した時に「一生懸命やったんですけど」って泣き言は言っちゃダメ。
一生懸命やったのにできなかったら、「じゃあ、お前じゃない方がいいな」って他の人に代えられちゃうでしょ。

「ちょっと怠けてました」って言う方がまだいいよね。
その場で怒られても「次はちゃんとやれよ」でもう1回復活できる。
だから、自分の「底」は見せない方がいい。
ハツラツとやる

――配属先や仕事の内容が希望通りにならず、腐ってしまう人もいるかもしれません。
腐る人には誰も見向きもしないよ。
ペンキ塗りを頼まれた子どもがニコニコしながらやっていたら、「楽しそうだから俺にもやらせて」って友達がやってくれる話があるでしょ(『トム・ソーヤーの冒険』のエピソード)。

〔コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。〕ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
コピー取りでも何でも、ハツラツとやる。
そうすると、上司の目に留まって「アイツは頑張ってるな」って次の部署に引っ張られるキッカケになるかもしれない。

みんな目の前の仕事が木の幹だと思っちゃうんだよね。
「いい大学出て、会社に入ったのに、何でこんな仕事なんだよ」って変なプライドが出てきちゃう。
だけど、細い枝みたいなところで「これは俺の幹じゃない」って言ってもしょうがないよ。

ハツラツとやっていれば、幹以上の太い枝が出てくる。
「この仕事は合ってるな」って思うところを幹にしちゃえばいいわけで。
苦節5秒

c0219232_15274447.jpg

〔「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。〕「苦節5秒」

――壁にぶつかって、挫折しそうになった時はどうすれば。
挫折をよけるのは簡単なの。
いい茶碗を使ってたけど、ひび割れて使えなくなっちゃった。
茶碗ランキングでは相当下がっちゃう。
でも下に穴ボコ開けて植木鉢にしたら、トップクラスの鉢になるかもしれない。

「トップの植木鉢になってやる!」って考えたら、ハツラツとできるじゃん。

俺は「苦節5秒」って言ってるんだけど、時間が経つと全部のことが笑い話になるから。
時には、自分で自分に目をつぶるってことも大事。ごまかしたっていいのよ。
「俺はこんな器じゃない」なんて言い出すなってこと。

歌手としてデビューしたのに...
――所さん自身、シンガーソングライターとしてデビューしながら、タレントや司会業という別の領域でブレイクされた経験の持ち主です。
複雑な思いはなかったのでしょうか。

20代で歌手デビューして、30代ぐらいまでは「何で売れないんだよ」って思ってたよ。だってそっちを目指してたんだから。
最初のうちは逆ギレだよね。「どうせ聴かねえんだろ、お前ら!」って。
そこで音楽を辞めちゃって、司会業としてニコニコ暮らす方向にも行けたわけ。でも40年もやっていると楽しくなってきちゃって。
聴かれない歌をどんどんつくる、みたいな。おかげさまで60過ぎていまだに歌をつくってる。

どこかからか面白くなってくるのよ。
だからみんなも、途中で「俺には向いてない」とか「つまんない」とかジャッジしないで、やり始めたことはずっと続けた方がいい。人生は長いんだから。

役者さんで売れなくても、会社員になって全部辞めちゃうんじゃなくて、ちょっと匂いのするところにいる。
「もう辞めたよ」ってウソついて、内緒でやればいいと思うんだ。
c0219232_15280661.jpg


バッグに入ったスプーン。「誰かが『スプーンがあればなあ』って時に、『あるよ』って出したいの。
あとは消毒薬とか絆創膏とか。困った時にスーパーマンになれるじゃん」


〔俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。〕

ユーチューバー所

――父から娘への愛情を歌った『ご自由にどうぞ』をはじめ、隠れた名曲がいっぱいあります。
音楽評論家の萩原健太さんは、所さんのことを「日本で一番過小評価されているシンガーソングライター」と評していました。

それでいいの。過小評価に値するってところがすごく大事なんだな。

――YouTubeにもたくさん曲をアップしてますね。

ここ最近だけで20曲ぐらいあげてる。「またあがってる! この人、限界がないんだな」って呆れさせたいんだよ。広告も入れてないの。こんなんでお金もらうなんて、俺も良心があるからさ。YouTubeはゲーム。バカみたいに歌つくって、あげるのが面白くてしょうがない。

――なんでYouTubeでは「所ジョージ」ではなくて、「世田谷一郎」名義なんでしょう。
野球選手のイチローってスゴイじゃん。「一郎」にしておけば、釣られて来る人がいるんじゃないかなって。

――所さんの名前で出した方が確実に再生されると思いますが(笑)
その考え方がセコくて面白いなと思って。動画を見てても、自分で自分に笑っちゃうの。俺が一番見てる回数が多いと思うよ。
この曲なんて、800回再生のうち600回は俺が見てるね。

誰に手伝ってもらうわけでもなく、自分で作業して、リズムを変えたりして。
そんな自分が超カッコイイわけ。こんなんでレコード大賞取りたいんだよ。直木賞でもいいからさ。
大人数のオーケストラがいて、誰もが立派に見えるような曲で賞もらったって当たり前でしょ。自分だけのもので評価されたいっていうのがすごく強いよね。
芸能界は5合目まで

――便器のことを歌った『いいなり』とか、題名そのままの『カミさんがパチンコでとってきたアンパンマンの風呂桶セット』とか、普通だったら絶対歌にしないような素材を歌にしていますよね。

芸能界、歌謡界っていうでっかい山があって、そっちでは福山雅治が桜のことを歌ってる。
だけど、俺は梅を歌いたいの。誰も相手にしない梅。
梅干しなんかできちゃってさ。
『桜より梅を歌え』なんてすごく庶民的な、実質的な歌になってくわけよ。
そっちの方が面白いやって。
ちっちゃい山をつくりたいわけ。

c0219232_15282954.jpg

④『傘を買おう』世田谷一郎のYouTubeチャンネルより

――過去のインタビューでは「芸能界は敵」なんて過激発言もしています。
世間では所さんこそ芸能界のど真ん中だ、と思っている人も多い気がしますが。

芸能界はあっちの山。たまに行って、5合目ぐらいまでは登るのよ。
で、おみやげ売り場でおみやげ買って、リラックスして車で帰ってくるぐらいの感じ。
そこの高みは、さんちゃんに任せておけばいいの。

俺は山頂まで行かない。おみやげ物もあんまりないし、行くのはつらいから。
さんちゃんはルールが全部ある

――『明石家さんまさんに聞いてみないとネ』という曲もありますが、さんまさんとはどういう関係なんでしょう。
「騒がしく面白いことを言う人」ってみなさん思ってるでしょ?
さんちゃんが面白いのは、瞬発力がすごくあるの。
後輩の面倒見もすごく良くて、「お笑いとは」っていう考え方がしっかりしてる。そこを俺に言われると、照れるんじゃない、きっと。
そうやって照れちゃうところも好きだし。

あの人はルールが全部ある。
「こう言って、こう言ったら、こうなる」っていうキャッチボールのルール。
お笑いの本とか書くんだったら、そっちの方が正しい。

俺は物事が起きなきゃわからない、というところでやってるので、感覚は全然違うんですよ。ただ一緒にいると、瞬発力がすごいね。

――ご自宅にさんまさん用の部屋があるって本当ですか?
さんまさんがずっと独身だった時のために用意してあるっていう。
いまはもう、カミさんのミシン部屋にしちゃった(笑)
さんちゃんが年とって、一人で行くところがなくなったらここに住めばいいじゃない、っていう話をしていたんだけど、いまもハツラツとやってるからね。

〔お笑いビッグ3の個性〕
ビートたけし・明石家さんま・タモリ お笑いビッグ3の個性

――ビートたけしさんも世田谷ベースにはよく来られるとか。
来る、来る。北野さんは底抜けですごく面白いんですよ。

さんちゃんと北野さんの二人に言えるのは、どんな素材を渡しても大丈夫ってこと。木魚だろうが、釣鐘だろうが、すごい笑いをつくっちゃう。

死体を持っていっても笑いをとるよ。
「体温下がってまんな」とかなんとか言いそうじゃん。

かたやタモリさんは、自分のなかから出てくるもので上手いことやる感じ。
そこが二人とは違うね。
ゲストが出てきても丁寧じゃん。
暴言言ったり、つついたりしないでしょ。

c0219232_15285641.jpg

⑤「世田谷ベース」のガレージに飾られたビートたけしさんの写真

〔失敗も含めて人生でしょ〕
たけし編集長と雑誌づくり
――たけしさんが編集長、所さん副編集長で『FAMOSO』(2009年)という雑誌もつくっていましたね。
「フィクションスクープマガジン」と銘打って、「銀座名物、流しの立小便屋」とか「謎の巨人が本栖湖で入水自殺!」とか、メチャクチャやってる。

『FAMOSO』はね、もっと評価されたかった。

――Amazonのレビューも高評価でしたけど。
そんなんじゃダメよ。5千万部ぐらい売らないと。
国が買い上げてくれればなあ。

あの雑誌は、毎週土日にここ(世田谷ベース)に北野さんが来て、一緒につくってたわけ。
「こういうのやろうぜ」って世間話して、そこからつくり話を考えて。衣装を集めて、撮影して、写真をコラージュして...っていうのを繰り返すの。

人に頼むと思い通りのデザインにならないから、全部自分でやって。
3、4冊出したら、俺はもう限界だったね。
北野さんは「またやろうよ」なんて言ってるけど、いやいや。
アンタはいいけど、俺は大変なんだよって。

でもお陰様で、いまだに俺が一番楽しめるの。
こんなことやった、あんなことやったなあって。

湖に巨人のでっかい靴を置いてみたり、畑でモアイ像発見!みたいな写真を撮ったり。
朝方、犬の散歩してるおじさんに「ご苦労様です」なんて言われながらさ。
お地蔵さんに間違われて、モアイの前に果物置かれちゃったりして。
もう、おかしくて、おかしくて。
健康の前に健全を

――そういう大変さは苦にならないわけですね。
ならない。面白いもん。
早起きしたら早起きしたで、この空気感、小学校の夏休みのラジオ体操思い出すなあ、とかさ。すごく楽しいよ。

たとえばの話、体にいいって聞いたものを並んで手に入れたとする。
人より先に手に入れて、サプリメント飲みながら仕事する、みたいな。
でもそれって不健全じゃん。

「健康」より前に「健全」を考えないと。
トースターで焼いたパンをそのままかじって家を出るんじゃなくて、皿を置いて、紅茶を淹れて、バナナを添えて。
ゆっくりした雰囲気のなかで食べるってことが健全なの。
面倒くさいけど、皿を洗うとか、雑巾を絞るとか、そういう刺激が大事。
冷たい水は触らない、いいところだけを口に入れる、っていうのは健全でも健康でもないと俺は思うのね。
c0219232_15293694.jpg

会社を中継所に

――きちんと暮らす、日々を楽しむことが大切だと。
昨日と同じことの繰り返しはつまらない。
「何も起きなくて平凡だ」なんて言ってたらダメ。生きてる意味ないぜ。
昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。

充実っていうのは、何でもいいのよ。
「朝、クツをはいた時に指も使わずかかとがサッと入ったぜ」とか。
それだけで満足なんだ。前の日の俺、ちょうどいいところに脱げてたんだなって。

会社がつまらないと言うけど、実は自分がつまらないだけってこともある。
そんな時は、会社へ行くまでのアプローチを変えてみる。
最寄駅を使わないで、わざと遠回りしたりさ。

そうすると違う発見があるわけ。
「こんなところに素敵なお店があるんだ」とかね。
綺麗な女子との出会いもあるかもしれないし。

会社に面白みを求めずに、いっそ行き帰りを楽しんじゃう。
会社は休むところでいいんだよ。バカな発想だけど、会社を中継所感でやってるヤツはいつも笑顔でいられるじゃん。
「楽しそうだな、お前は」って上司にも引っ張られるよ。

――面倒なことや不便なことを愛する姿勢がありますね。
不便じゃないの。楽しいんだもん。
やっつけで進むと、やっつけで終わっちゃう。
余計なことに対してエネルギーを使う方が豊かになれる。
合理的になると全部つまんなくなっちゃうよね。

横断歩道を渡らずに、誰も使ってない歩道橋をダラダラ登る方が豊か。
山登りに行ってる場合じゃないよ。まず目の前の歩道橋を登ろうぜ。
カンペは見ない

――所さん流の仕事術についても教えてください。
収録現場でカンペを見ないというのは本当ですか。

カンペは見ないし、見ても自分の感情に全部置き換える。
初回は手探りだから作家の方の書いた順番でやるけど、2回目以降は時間の尺とかも自分でわかるじゃない。

感じたものを発表したいだけで、別に「読む係」じゃないから。
引き金はもらうけど、弾となって飛んでいくのは俺なんで。

いま『所さん お届けモノです!』(TBS系)っていう番組をやってるんだけど、もう楽しいですよ。
スタッフが全国のいろんなおみやげを探してきたり、メーカーの展示会を紹介したり。

日曜日の夕方5時からっていう時間帯もいい感じなの。
『笑点』に向けたならし運転みたいな。魅惑の時間帯だよね。
c0219232_15304957.jpg
⑦『所さん お届けモノです!』(TBS系)

〔手応えはいらない〕
――あえて有名観光地の隣町を紹介する企画とか、切り口が独特で愛があるなと。
面白いよね。有名観光地の隣は、置いてけぼり食らってあわててる感があって。一番人気の温泉地は連休も予約でいっぱいなのに、隣っていうだけでガラガラ。だったら、こっちに行ってみてもいいんじゃない?っていう。

その町の人は紹介してほしいし、褒めてほしい。
俺も乗ってあげたいところだけど、そこまで熱くならないようにはしてる。
消費者として見て、足りないところがあれば言うし。意外と厳しいですよ。

努力している人たちの熱量は褒めるけど、進化する余地がある場合には、「こうした方がいいんじゃない?」とハッキリ言うから。

――番組づくりのうえで、どんなところに気を配っていますか。
「お届けモノ」に限らず、レギュラーの人でも、ゲストの人でも、仕事の手応えみたいなものを感じないで帰ってほしいのね。
「え、こんなんでいいの?」ぐらいで。

「笑ってください」「この情報に驚いてください」っていう感じが画面から伝わってくると、俺は茶の間の人として、うるせえなって思っちゃう。
だから手応えないぐらいがいいの。

編集の仕方でいうと、お客さんが笑ったところだけ流すと、ヤラセの笑いにみたいにしか聞こえなくなるんだよ。
本当はつまんないところも含めてプロセスがあるのにさ。

恋愛だってそうじゃん。
いろんなプロセスがあってカップルになるわけでしょ。
そこをカットして、「なんだかんだうまくいきました」じゃ、おとぎ話にもならないもん。

失敗も含めて人生でしょ


〔60歳を過ぎたら辞める〕
60になったら70で辞めよう、70になったら80で、
――何年か前に60歳を過ぎたら辞める、辞めないみたいな話がありましたけど、いまはまったく引退は考えていないんですよね?

そうだね。50代には思うんだよ。60になったら辞めようって。
で、60になったら70で辞めよう、70になったら80で、80になったら90で...ってやってくと、死ぬな、もうそろそろ。そういうことだよ(笑)

振り返ると、10代で青春だなんだ言ってたあのころから何ら変わらない。
何にも進歩してない。俺のやってることなんて、失敗って言えば全部失敗だし、成功って言ったら全部成功だもん。
自分が成功だと思えば、全部成功だよね。

まとめると、リセットしないってことじゃないですか。
紙を丸めて、クシャクシャ、ポイって捨てないってこと。
失敗も含めて人生でしょ。

「いい文章」だけの人生を送りたくて、みんなクシャクシャ捨てちゃう。
でもそしたら、捨てたことをずっと内緒にして死んでいかなきゃいけないじゃん。

見切らずに続けないと、意味は出てこない。
「意味がないからやらない」じゃなくて、「やらないから意味がない」ってことなんだよね。
c0219232_15312119.jpg

⑧〈所ジョージ〉 シンガーソングライター、タレント
1955年、埼玉県生まれ。1977年に『ギャンブル狂騒曲/組曲 冬の情景』でデビュー。最新作は『Bappan』。
『所さんお届けモノです!』をはじめ、テレビのレギュラー番組は多数。
雑誌『所ジョージの世田谷ベース』も刊行中。
著書に『所ジョージの私ならこうします―世直し改造計画』など。

【平蔵の独り言】
〔困っているのもその人の人生だから〕自分の「底」は見せない方がいい。
そもそも人に何かを教えようとか、それは違うよって否定するつもりがないの。ある人が困っていたとするじゃん。
困っているのもその人の人生だから。
そこでいいアドバイスをしちゃうと、人生の邪魔してるような感じもするのね。

――たとえ的確なアドバイスだとしても。
そう。アドバイスでその人が解放されたとして、そんな簡単に解放されちゃうと人はつまんないから。自分で考えるのが一番楽しいわけで。

人の話を聞いて、「こうするといいよ」って段取り通りにいくと、あんまり手応えを感じない。
何も聞いてないのに、そこまでいけた自分の方が立派でしょ。
その方が感動できるよ。

【独り言】
講習をする立場になった時、最後の〆の言葉に「もし、この講習が役立つことがあったら、1つでも思い出して下さい。
1対1で教える立場の時、考えないで直ぐ聞いてきた人に「やってみてください!」
車の運転で助手席に乗ってナビゲーターになった時、「最初に運転ルートを教える。
大きく間違えの時は指摘する。“ハイそこを右、あの建物を左”とナビゲートしない!(何も覚えていないから、次の時一人で目的地まで着けない)

いいアドバイスは自己満足にしか、ならないと思う。

【平蔵の独り言】〔失敗も含めて人生でしょ〕
――きちんと暮らす、日々を楽しむことが大切だと。
昨日と同じことの繰り返しはつまらない。
「何も起きなくて平凡だ」なんて言ってたらダメ。生きてる意味ないぜ。
昨日より今日、今日より明日が充実してなきゃ。

充実っていうのは、何でもいいのよ。
「朝、クツをはいた時に指も使わずかかとがサッと入ったぜ」とか。
それだけで満足なんだ。前の日の俺、ちょうどいいところに脱げてたんだなって。
【独り言】
突然、救急→入院生活“体に何が起きてる?”
入院生活を継承して、22時消灯7時起床、いままで50年以上の仕事中心から
考えられない生活のリズムに変わって、“へぇ~”

【平蔵の独り言】〔60歳を過ぎたら辞める〕60になったら70で辞めよう、70になったら80で、〔失敗も含めて人生でしょ〕
【独り言】
“還暦”気が付いたら、今、“古稀”
“還暦”60代はアッという間に駆け抜けていた。
“古稀”これが古稀か、
腰・膝の不調、突然血圧が100以下・脈拍100以上
「消火管出血」→貧血で完治まで3ヶ月
ヒザが痛くなったら、その弱ったヒザで何ができるか
今を満喫するために努力することなんですね!

70で辞めようというより、賑やかなこの一ヶ月だった!

所ジョージの生き方にすごく納得・・・・・・・・・・



[PR]

# by asanogawa-garou | 2018-07-25 16:09 | 今 今日この頃 | Comments(0)