<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

〔津川雅彦〕不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。   

2018年 08月 23日
〔津川雅彦〕不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。

〔公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。〕役者冥利に尽きますね

〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

〔誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。〕


【「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」】


「死はもう怖くない」津川雅彦が車椅子、鼻チューブ姿で語った覚悟〈週刊朝日〉8/8(水) 11:38配信 AERAdot.

c0219232_14371487.jpg

①死の2カ月半前に、本誌独占インタビューに応じた津川雅彦さん。
「死はもう怖くはありません」(撮影・加藤夏子)
 4日に心不全で亡くなっていた俳優の津川雅彦さん。そのわずか2か月半前、本誌の独占取材に応じ、体調が万全ではない中で、2時間近くに渡り、自分の人生について饒舌に語った。
c0219232_14375742.jpg
くき

② 津川さんへの取材が行われたのは5月中旬の都内。
俳優人生を振り返ってもらうインタビューだった。
その1か月前には妻で女優の朝丘雪路さん(享年82)を亡くしたばかり。
本人も体調不良のため、一度は取材を延期していた。

 この日の取材には車いすに乗って、鼻には酸素吸入のチューブをつけて登場。
声がかすれるためか、何度もコップの水を口にしながらも丁寧に質問に応じた。

 津川さんが自分の人生を語る上で、欠かせないのが俳優で兄の長門裕之さんの存在。
兄の演技力の高さは手放しで褒めた。

「天才ですね。兄がいなかったら、僕の人生はまったく違ったものになっていたでしょう」

 一方で、兄弟はいい意味でのライバルだったとも。

「世間からは、兄は芝居がうまいが、弟は顔がいいだけのド大根、ってののしられてね。しかし、まねしようのがない兄の個性ある役者っぷりがあったからこそ、僕も自分のやり方を探し続けることができた」

〔公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。〕役者冥利に尽きますね
 二枚目俳優からの脱却は、『必殺仕事人シリーズ』で敵役を演じたことがきっかけだと明かした。

「二枚目だと最初から最後まで変われないけど、悪いヤツってのは最初に好感を持たせておいて、後で裏切る。公衆トイレで、掃除のおばちゃんに『こいつは嫌なヤツなんよ』って言われたことも。役者冥利に尽きますね」

 脚本家のジェームス三木、映画監督の伊丹十三、作家の渡辺淳一など大御所にかわいがられて、映画「マルサの女」NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」などの代表作を残した。


〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

「僕は兄と違って不器用なんですが、新派の花柳章太郎先生が、不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。伊丹、渡辺、ジェームスの御三方は、そういう不器用な津川雅彦を気に入ってくれたのかもしれない」

俳優・津川雅彦を育てた3人のうち2人はすでに亡くなり、兄も他界。
60歳を過ぎたころから、死は遠いものではなくなったという。
最後に死生観について問われるとこう語った。

「死は自分の意思ではどうにもならない。今はもう、死は怖くはありません」

 俳優としての人生に未練はない、という感じの語り口だった。

〔誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。〕


 写真撮影のときは、俳優らしく、鼻からチューブを外してポーズを決め、目には輝きを取り戻した。だが、”らしさ”が最も表れたのは、去り際だった。
送迎の車に乗りこむと、わざわざ車の窓を開けて「今日はとても楽しかったです。ありがとうございました」

 と深々と頭を下げた。誰に対しても偉ぶらない姿勢こそ、大スターの証だった。(本誌・鎌田倫子)

※週刊朝日オンライン限定記事

【平蔵の独り言】
〔不器用は努力しないと器用になれない、その努力が魅力になる、と言ってくれました。〕

【独り言】
“努力”してきたかな!
団塊の世代は戦後の高度成長という流れに乗ってきたか?
古稀になって
“長くこの世におれば起こるのは悲しいことばかり”(殺陣師上野隆三81歳)
目に留まるのは先人の生きてきた足跡・・・・・


【「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」】

泉谷しげる、亡くなった津川雅彦さんを「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」
スポーツ報知 8/8(水) 11:40配信
c0219232_14585401.jpg

④泉谷しげる、亡くなった津川雅彦さんを「やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてた」

 歌手で俳優の泉谷しげる(70)が8日、自身のブログを更新し、4日に心不全のため78歳で亡くなった俳優の津川雅彦(本名・加藤雅彦)さんを偲んだ。

 泉谷は「津川氏逝く」と題したブログで「津川雅彦さんが逝去した 5月のオイラの誕生日に高価なプレゼントが郵送されてきたので~すぐさま御礼のメールを出したが、返信は無かった いつもなら直ぐ様メールやら電話やらで返事してくれる津川センパイであっただけに、この時はサスガに何かあったなと思ったな…」と振り返った。

 俳優、映画監督と多才だった津川さんを「映画好きのオイラは津川センパイの本格的デビュー作『狂った果実』(1956)が大好きで~当時、フランスのヌーベルバーグ映画に影響あたえたと云われる此の映画の格好良さと云ったら!今だに(DVDだが)観るからねぇ 映画監督としても腕前ありで、祖父の姓を冠に「マキノ雅彦」名義で初監督した『寝ずの番』(2006)は見事な出来ばえ!さすが日本の娯楽映画のスタイルを創りあげたマキノ一家に生まれた者だけあって、映画づくりが本当にウマかった!」と絶賛した。

〔「役者ごときエラソーになったらオシマイだぁな」が口グセだった津川センパイ、〕やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてたっけ
 さらに「津川センパイに食事を誘われるたび~オイラは津川雅彦…あいやマキノ雅彦監督の次回作に出演したいと云ってたもんさ あの時代を生きた映画放蕩遊び人は「宵越しの金を持たない」とばかり散財して来てるが「役者ごときエラソーになったらオシマイだぁな」が口グセだった津川センパイ、やたら偉ぶるモンをコテンパンにやっつけてたっけ 博学で歴史を語り出したら止まらないが、話っぷりが面白く実にチャーミングでオシャレな津川雅彦だったのだ 今どきは78はまだ若いと思うンだけどなセンパイもう“遊び”に誘われなくなるのが寂しい限り 心よりの哀悼を」と悼んでいた。

【平蔵の独り言】
歌手で俳優の泉谷しげる(70)と津川雅彦、結びつかなかったが
そうか、泉谷しげるも古稀なんだ!
枠からはみ出して人生を歩いて来ているようだけど、
泉谷しげるは向田邦子に映画出演を誘われて出演している。
いい先人を亡くした。


[PR]

by asanogawa-garou | 2018-08-23 14:45 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)

“健康長寿の秘訣”「付き合いを悪くする」「悩まない」「肉を食う」   

2018年 08月 09日

“健康長寿の秘訣”「付き合いを悪くする」「悩まない」「肉を食う」
「「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」という故岸信介元内閣総理大臣の養生訓」 〔3ヶ条〕l、plー。

c0219232_16270276.jpg


「長生きのコツは?」付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う(101歳まで生きるための三つの訓え)「やんちゃ老人」
田原総一朗 ジャーナリスト


(101歳まで生きるための三つの訓え)

■ 付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う

〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。

「長生きのコツは?」と僕は会員たちに聞いた。
すると、3つの答えが返ってきた。
ひとつめは、つきあいを悪くすること。
つきあいがよいと、パーティや飲み会についつい毎晩顔を出して疲れてしまうというのだ。
ふたつめは、悩まないこと。悩んでも物事は解決しない。
3つめは、肉を食うこと。

2014年09月14日 15時13分 JST | 更新 2014年11月13日 19時12分 JST
先日『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』という本を上梓した。
80歳を過ぎてどうして1日平均7件ほどの仕事のアポをこなせるのか、徹夜で議論できる気力が保てるのかについて書いた本である。
若い世代と議論をする、恋心を持つなど「やんちゃ老人」としての生き方や、普段行っている健康法などを紹介している。
今回は「敬老の日」にあわせた寄稿ということで、本書の中から、かつて「三世紀会」というのを取材したときに聞いた、100歳を超えて生きるためのコツを紹介してみたい。
ADVERTISEMENT

c0219232_16293053.jpg


(101歳まで生きるための三つの訓え)


■ 付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う

三世紀会は、101歳以上まで元気に生きることを目指した会である。
1900年までに生まれた人が2001年まで生きれば、19世紀、20世紀、21世紀の三つの世紀を生きることになることに由来する。
会長は岸信介。1896年生まれの岸をはじめ、新日本製鐵会長や日本商工会議所会頭を務めた永野重雄、元朝日新聞編集局長で政治評論家の細川隆元ら1900年までに生まれた政治家や財界人、言論人らが集まっていた。
彼らに聞いた健康長寿の秘訣が、下記の三つである。


〔付き合いを悪くする〕

一つは、付き合いを悪くすること。
パーティーへの出席などはほどほどにし、あまり頻繁に飲み会につきあったりはしないということだ。


〔悩まない〕

二つ目は、悩まないこと。発言したり行動したりする時はもちろん真剣に取り組むけれども、その場を離れたら全部忘れて悩まないということだ。
確かに、悩んでも物事は解決しない。
健康法についても、「健康に執着して毎日、青竹踏みをしたりしている人は案外、早く死ぬ」と言われた。
要するに、気を使いすぎる人は長生きできないということだろう。


〔肉を食う〕

三つ目は、年を取ったら肉を食うこと。
三世紀会のメンバーではないが、先日88歳になった元政治家の野中広務に会ったら、確かに肉をムシャムシャ食べていた。
私は肉が好きでないので、第三の訓えだけは守れないが、第一と第二の訓えは自分でも実行してきた。
政治家や財界人のパーティーにはあまり出ないし、酒はもともと飲まない。それから、二番目の悩まないという訓えも実行している。
だから、悩みがあって夜眠れないということはめったにない。

〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
そして三つの中でも、「悩まない」ということがもっとも大事だと思っている。
ストレスをストレスと感じず、ずうずうしいと思われるほどに悩まない。
複雑で解決困難な問題にぶつかっても、それを面白がるぐらいでないといけないということなのだ。

〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。
私の言葉で言えば、脳天気になることが長生きの秘訣で言えるだろう。
気に病んでいると、治る病気も治らない。
だから、悩まないこと、脳天気になることが健康にとっていいことだというのが私の持論である。
そのためにも何か起こったときに、自分で解決しようとしない。
そしてそれは信頼できるパートナーに任せることと同義だと思う。
私の場合、体が反乱を起こしても、自分で悩まないし、自分で頑張ろうとしない。
お世話になっている小林弘幸先生や東洋医学の先生に診てもらい、助言を仰いで、それを実践するのみである。
だから、信頼でき、何でも相談できる主治医を持つことは重要なことだと言えるだろう。
また、「老いては子に従え」という格言があるが、80歳になって娘の言うことを素直に聞くようになった。
自分で頑張らず、娘に任せている。2014年6月にも、娘のアドバイスを大人しく聞いて、病院に5日間の入院をした。
手術や治療といった目的があるわけではなく、体調を整えるためだ。
一番身近にいて、いろいろとサポートしてくれる家族の意見は、当然ながら素直に聞くべきであり、聞いた方がおそらく健康にもよいに違いない。


2017/6/7

「「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」という故岸信介元内閣総理大臣の養生訓」 〔3ヶ条〕


〔岸信介〕岸信介元首相の長生きの秘訣・転ぶな、風邪引くな、義理を欠け・・・
安倍首相のお爺さんである、岸信介元首相は90歳の長寿を全うされ
たことでも知られています。

そんな岸本元首相がある席で、長生きの秘訣について言った言葉が、

“転ぶな、風邪引くな、義理を欠け、”だったそうです。

義理を欠けと言っても、岸元首相は義理堅い人だったと言われています。
義理で付き合うと無茶なことをしてしまうことがあるから気をつけろ、ってなことだったのかな、と思います。
酒の席とかね、無理に勧められても困りますもんね。

転ぶな、風邪引くな、というのは、常日頃から行動や健康には気をつけろ、みたいなことだったんじゃないでしょうか。


これって、健康を考えることにもつながると思いますよ。

暴飲暴食をしないようにして、常日頃から食生活に気を付け、適度な
運動をして、健康的に過ごし、あれこれ考えすぎないでストレスを貯めない生活が、結局は長生きにつながるよ、ということなんだろうと思います。

それと、気をつけて生きてさえいれば、そのうちに何かいいことがある。
だから長生きはするもんだよ。という意味もあったのかなあ、と言う気がします。

今まで不摂生してこられた方でも、今から頑張って長生きしましょう。
必ずやいいことが待ってると思いますよ。

【平蔵の独り言】付き合いを悪くする〔支援者をたくさん持つ〕

「長生きのコツは?」付き合いを悪くする、悩まない、肉を食う
〔支援者をたくさん持つ〕
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
そして三つの中でも、「悩まない」ということがもっとも大事だと思っている。
ストレスをストレスと感じず、ずうずうしいと思われるほどに悩まない。
複雑で解決困難な問題にぶつかっても、それを面白がるぐらいでないといけないということなのだ。

〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。
私の言葉で言えば、脳天気になることが長生きの秘訣で言えるだろう。
気に病んでいると、治る病気も治らない。
だから、悩まないこと、脳天気になることが健康にとっていいことだというのが私の持論である。
■自分で解決しようとせず、人に委ねる
〔脳天気になること〕気に病んでいると、治る病気も治らない。

【独り言】
付き合いを悪くする〔支援者をたくさん持つ〕:矛盾しているが、付き合いは悪く、支援者をたくさん 
古稀になって必然的に付き合いを悪く、支援者は自身から広げて・・・・・


自身で注意している事:転ぶな!、付き合いを悪くする!肉を食う!

段々できることが少なって来ているから:支援者をたくさん持つ!

転ぶな:転んだときのダメージが大きいから、医者に注意されて20年

付き合いを悪くする:以前は乾杯のビール一杯は付き合ったが、不参加になった!

肉を食う:週一でステーキを好みの焼き加減で!

悩まない:これが古稀になっても変わらない。
     悩んで、やがて明け方、いつの間にか寝ている・・・・・


[PR]

by asanogawa-garou | 2018-08-09 16:35 | 人生 まだ旅の途中 | Comments(0)